Câmara do Japão
Português
検索: OK

環境

検索期間を指定してください: OK
Ibamaは製鉄会社に違法木炭使用で4億レアルの罰金 2008/06/13

カルロス・ミンク環境相は環境破壊に結びつく違法伐採による木炭使用の低減を目的に企業に対して罰金をかけ始め、ゲルダウやMMXなどの大企業を含む60工場に総額4億1,400万レアルの罰金を通知している。

再生可能天然資源・環境院(Ibama)はセラード並びにパンタナル地域の違法伐採地域の1万1,000ヘクタールへの植林をミナス、南マット・グロッソ並びにエスピリット・サント州の製鉄会社に義務付けている。

MMXは1,220万レアル、ゲルダウは540万レアルの罰金支払いが通告されているが、ゲルダウは違法木炭の使用を認めていない。(2008年6月13日付けヴァロール紙)



2017/05/18 » オーストリア国土面積に匹敵する熱帯雨林環境保護区消滅の可能性
2011/02/18 » 環境ライセンスの規制緩和
2011/01/07 » サントス沿岸部都市のごみ焼却で電力エネルギー生産
2010/01/14 » 高速鉄道の環境ライセンス認可は来年中頃か
2009/12/02 » ベロ・モンテ水力発電所の環境ライセンス問題でIbamaの担当者が辞任
2009/10/28 » 2020年までに40%の温暖化効果ガス削減
2009/09/22 » JBS並びに年金ファンドは植林事業に投資
2008/07/16 » マット・グロッソ州での熱帯雨林伐採が急増
2008/06/13 » Ibamaは製鉄会社に違法木炭使用で4億レアルの罰金
2008/04/24 » コジッパ製鉄所の温室効果ガス排出が最悪
2007/12/18 » .....
2007/11/30 » エタノールの国際商品コモデティ化は2012年以降
2007/11/26 » 風力発電エネルギー入札は来年の4月か
2007/11/14 » 電力会社はカーボンクレジット取引に注目
2007/09/27 » 二酸化炭素排出権取引開始
2007/09/03 » PCHプロジェクトもカーボンクレジット承認か
2007/08/29 » BM&Fでカーボンクレジット取引開始
2007/07/10 » 小企業でもカーボン排出取引権に参加

バックナンバー »