Câmara do Japão
Português
検索: OK

環境

検索期間を指定してください: OK
エタノールの国際商品コモデティ化は2012年以降 2007/11/30

ブラジル政府はエタノールの国際商品コモデティ化に拍車をかけるために、中南米やアフリカにエタノール生産技術協力で後押しいているが、各国のエタノール代替燃料のガソリンへの混入の法令化や補助金撤廃などの障害で、2012年以降になると予想されている。

ブラジルのエタノールの輸出先が有望視されているヨーロッパ連合国や日本では、エタノール混入の義務化後に輸入開始するために、エタノールのコモデティ化は、最低でも5年はかかると予想されている。

昨年末の米国のトウモロコシ原料のエタノール価格は、1ガロン当たり5ドルであったが、今では1.5ドルに下落しており、またレアル高の為替では30億リットルの余剰エタノールは、国内向けに出荷されるが、エタノールの価格も未だに安定していない。(30日付けエスタード紙)



2018/07/11 » ペトロブラスはTotal社と共同でクリーンエネルギー分野に投資
2017/05/18 » オーストリア国土面積に匹敵する熱帯雨林環境保護区消滅の可能性
2011/02/18 » 環境ライセンスの規制緩和
2011/01/07 » サントス沿岸部都市のごみ焼却で電力エネルギー生産
2010/01/14 » 高速鉄道の環境ライセンス認可は来年中頃か
2009/12/02 » ベロ・モンテ水力発電所の環境ライセンス問題でIbamaの担当者が辞任
2009/10/28 » 2020年までに40%の温暖化効果ガス削減
2009/09/22 » JBS並びに年金ファンドは植林事業に投資
2008/07/16 » マット・グロッソ州での熱帯雨林伐採が急増
2008/06/13 » Ibamaは製鉄会社に違法木炭使用で4億レアルの罰金
2008/04/24 » コジッパ製鉄所の温室効果ガス排出が最悪
2007/12/18 » .....
2007/11/30 » エタノールの国際商品コモデティ化は2012年以降
2007/11/26 » 風力発電エネルギー入札は来年の4月か
2007/11/14 » 電力会社はカーボンクレジット取引に注目
2007/09/27 » 二酸化炭素排出権取引開始
2007/09/03 » PCHプロジェクトもカーボンクレジット承認か
2007/08/29 » BM&Fでカーボンクレジット取引開始
2007/07/10 » 小企業でもカーボン排出取引権に参加

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

【会議所 トピックス】

 

「ブラジル労働法のポイント」
(表紙クリックで内容表示)

 

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー