Câmara do Japão
Português
検索: OK
(507)

機械・金属

検索期間を指定してください: OK
レンタル用輸入中古クレーン車の増加で国内メーカーが打撃を被っている 2012/03/15

ブラジル国内では、2014年のワールドカップ並びに2016年のオリンピックの大型スポーツイベントの開催など大型インフラ整備案件が目白押しであり、大型クレーン車の需要が拡大してきているにも関わらず、レンタル用輸入中古クレーン車が急増して需要の大半を賄っているために、国内メーカーの多くのレンタル用クレーン車貸出が止まっている。

ギリシャなどの債務危機などで、ヨーロッパでは大型インフラ工事などが先送りされている影響で、ブラジルを中心とした新興国に500トン以上のレンタル用輸入中古クレーン車が流入している。

輸送部門並びにロジスティック部門、機械・装置部門の専門コンサルタントのジョゼ・アパレシード・バスタジーニ氏は、期間限定のレンタル用中古クレーン車をブラジル企業が輸入する場合、海外の輸出企業は、申請した製品価格の1.0%を輸入税として毎月支払う。

一方、ブラジル企業が海外からクレーン車を輸入する場合は、製品価格の30%が輸入税となるために、輸入品よりも割安となるレンタル用輸入中古クレーン車が大量に入ってきて、国内メーカーがダメージを受けている。

輸入中古クレーン車の輸入急増以外に、昨年1年間では、クレーン車を取り扱う1,200人の外国人オペレーターの短期労働ビザ申請に対して、ブラジル人の雇用を奪うために許可されていないにも関わらず、明確な人数は把握されていないが、多くの外国人オペレーターがブラジル国内で輸入クレーン車を操作している。

大半の輸入中古クレーン車は、風力発電所建設が目白押しの北東地域で使用されており、ブラジル風力エネルギー協会(Abeeólica)のエルビア・メロ会長は、風力発電所建設向けの500トンから600トンのクレーン車は国内で調達が難しいために、輸入を余儀なくされていると説明している。

しかし、トメグループのワシントン・モウラ取締役は、輸入クレーン車の急増で国内の大型クレーン車の需要が低下してきており、自社の1,200トンのクレーン車2台のレンタル先が見つからないとコメントしている。(2012年3月15日付けエスタード紙)

 



2018/08/29 » ブラジル機械・装置工業会は輸出好調も為替の安定を要請
2018/08/28 » ゲルダウ社は過去4年間で65億レアルに達する資産売却
2018/08/21 » 今年7月の鉄鋼製品消費は12%増加
2018/07/26 » 今年の粗鋼生産は3,580万トンに下方修正
2018/03/26 » 米国の中国製鉄鋼やアルミ製品輸入規制でブラジルの業界は戦戦恐恐
2018/03/12 » 米国のブラジルの粗鋼輸出規制でカリフォルニア・スチール社は1,000人失業か
2018/03/05 » ブラジルの米国向け鉄鋼製品輸出はカナダに次いで467万トン
2018/02/15 » ブラジル鉄鋼メーカーは成長サイクルに再突入か
2018/02/01 » 2017年の機械・装置販売は5年連続で前年割れ
2018/01/23 » 2017年のブラジル国内の鉄鋼製品消費は2013年以降で初めて増加
2018/01/12 » ブラジル3大鉄鋼メーカーの時価総額が過去5年間で最高
2017/12/04 » ウジミナス製鉄所はイパチンガの高炉再稼働
2017/12/01 » ブラジル鉄鋼業界は来年の鉄鋼製品販売を上方修正
2017/09/20 » 国内の鉄鋼消費は回復傾向
2017/07/19 » 今年上半期の平板鋼卸売は11.0%減少
2017/07/11 » 機械・装置部門の売上は2013年から半減
2017/04/18 » 国内の鉄鋼製品消費増加も輸入鉄鋼製品の増加傾向拡大
2016/11/23 » 鉄鋼価格は石炭並びに鉄鉱石価格上昇で値上げが避けられない
2016/11/10 » 2017年から建設機械販売は回復か
2016/09/29 » 今年の機械・装置部門販売は前年比20%減少予想

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

【会議所 トピックス】

 

Pdfブラジル個人情報保護法  (日伯法律委員会 ( 藏掛忠明委員長)主催の「ブラジル個人情報保護法の概要セミナー」2018年9月11日)

Pdf『ブラジル労働改正法』セミナー (企業経営・地場企業推進委員会(鈴木ワグネル委員長)主催の2018年9月4日)

Pdf新移民法セミナー発表資料掲載(7月31日)

 

「ブラジル労働法のポイント」
(表紙クリックで内容表示)

 

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー