Câmara do Japão
Português
検索: OK
(507)

機械・金属

検索期間を指定してください: OK
現代重工はリオ州で建設機械生産予定 2011/07/28

韓国資本の現代重工はブラジルのインフラ部門への投資拡大が見込まれるために、昨日、リオ州南部のイタチアイア市に工場を建設のための1億5,000万ドルの投資で、同社のJai Seong Lee社長とリオ州のセルジオ・カブラル州知事が議定書にサインした。

現代重工はリオ州が工場誘致のために提供した優遇税制に従って、アジア以外では初めて生産工場を建設、2012年末からの操業開始でブルドーザー、フロントショベル機やバックホー機を年間5,000台の生産を予定している。

実業家エイケ・バチスタがリオ州北部のアスー港に30億ドルを投資してOSX造船の建設を予定、現代重工は同社に10%の資本参加並びに造船技術を提供、また石油開発部門、風力発電や太陽光発電部門への参入も予定している。

Lee社長は「わが社はインフラ関連部門で大きなポートフォーリオを持っており、わが社のテクノロジーの導入でブラジルと共に発展することが可能であり、世界経済の牽引役となる」と強調、また「ブラジルではワールドカップ、オリンピックなど大型プロジェクトが目白押しで、ブラジルの建設部門は大いに飛躍できる」と述べている。

イタチアイア市の現代重工の工場にはブラジル資本のBMC社が25%資本参加して営業部門を担当、同工場の直接雇用は500人、BMC社のフェリッペ・カヴァリエリ社長が製品は国内並びにラテンアメリカ向けにも輸出、また社会経済開発銀行(BNDES)から融資を受けるため、国産化比率を60%まで挙げる必要があるために、国内の部品メーカーから供給を受ける予定となっていると説明した。

議定書サインはカブラウ州知事の出席のもとグアナバーラ宮で実施、現代重工は米国もしくはロシアへの工場建設を検討していたにも関わらず、カブラウ州知事が商品流通サービス税(ICMS)の優遇税制で同社のリオ州内への企業誘致に成功した。

リオ州政府のジューリオ・ブエノ開発長官は企業誘致では優遇税制適用で税金戦争との批判は存在するにも関わらず、ブラジルの競争力増加につながると企業誘致を評価している。(2011年7月26日付けエスタード紙)

 



2019/01/14 » ヨーロッパ連合は7種類のブラジル鉄鋼製品に対して輸入制限発令か
2018/10/29 » ウジミナスの第3四半期の純益は243%増加
2018/09/25 » 8月の鉄鋼製品生産減少も消費は拡大
2018/08/29 » ブラジル機械・装置工業会は輸出好調も為替の安定を要請
2018/08/28 » ゲルダウ社は過去4年間で65億レアルに達する資産売却
2018/08/21 » 今年7月の鉄鋼製品消費は12%増加
2018/07/26 » 今年の粗鋼生産は3,580万トンに下方修正
2018/03/26 » 米国の中国製鉄鋼やアルミ製品輸入規制でブラジルの業界は戦戦恐恐
2018/03/12 » 米国のブラジルの粗鋼輸出規制でカリフォルニア・スチール社は1,000人失業か
2018/03/05 » ブラジルの米国向け鉄鋼製品輸出はカナダに次いで467万トン
2018/02/15 » ブラジル鉄鋼メーカーは成長サイクルに再突入か
2018/02/01 » 2017年の機械・装置販売は5年連続で前年割れ
2018/01/23 » 2017年のブラジル国内の鉄鋼製品消費は2013年以降で初めて増加
2018/01/12 » ブラジル3大鉄鋼メーカーの時価総額が過去5年間で最高
2017/12/04 » ウジミナス製鉄所はイパチンガの高炉再稼働
2017/12/01 » ブラジル鉄鋼業界は来年の鉄鋼製品販売を上方修正
2017/09/20 » 国内の鉄鋼消費は回復傾向
2017/07/19 » 今年上半期の平板鋼卸売は11.0%減少
2017/07/11 » 機械・装置部門の売上は2013年から半減
2017/04/18 » 国内の鉄鋼製品消費増加も輸入鉄鋼製品の増加傾向拡大

バックナンバー »