Câmara do Japão
Português
検索: OK
(507)

機械・金属

検索期間を指定してください: OK
高速鉄道入札ではコスト面でネック 2010/10/07

フランス、ドイツ、日本や韓国がサンパウロとリオを結ぶ高速鉄道入札に参加すると見込まれているが、連邦政府が計算している年間利用客640万人では採算が取れないために、最低でも2,000万人の利用客が必要と見込んでいる。

また参加予定のコンセッションは建設予定額346億レアルがコストに見合わない非現実的な価格であり、キロメートル当たりの建設費は3,340万ドルと他国の3,500万ドル-7,000万ドルの最低額にも達していない。

建設工事にはリオから急勾配の山脈、人口密集地帯での立ち退き、数多いトンネルや架橋などプロジェクト総額の52%に相当する178億レアルをあてがわれているが、コンセッションにとっては非常にコスト高となる。

リオーサンパウロ間の料金は1キロメートル当たり0.27ドル相当で最高199レアルに制限されているが、世界でも最も交通料金の高い日本は0.25ドルであるために、利用客の大きな需要が見込めない

またジョゼ・セーラ大統領候補はこの高速鉄道建設を批判しており、第二次選挙でセーラ候補が当選した場合のプロジェクトの行方が不明確になっている。(2010年10月7日付けヴァロール紙)



 



2018/03/26 » 米国の中国製鉄鋼やアルミ製品輸入規制でブラジルの業界は戦戦恐恐
2018/03/12 » 米国のブラジルの粗鋼輸出規制でカリフォルニア・スチール社は1,000人失業か
2018/03/05 » ブラジルの米国向け鉄鋼製品輸出はカナダに次いで467万トン
2018/02/15 » ブラジル鉄鋼メーカーは成長サイクルに再突入か
2018/02/01 » 2017年の機械・装置販売は5年連続で前年割れ
2018/01/23 » 2017年のブラジル国内の鉄鋼製品消費は2013年以降で初めて増加
2018/01/12 » ブラジル3大鉄鋼メーカーの時価総額が過去5年間で最高
2017/12/04 » ウジミナス製鉄所はイパチンガの高炉再稼働
2017/12/01 » ブラジル鉄鋼業界は来年の鉄鋼製品販売を上方修正
2017/09/20 » 国内の鉄鋼消費は回復傾向
2017/07/19 » 今年上半期の平板鋼卸売は11.0%減少
2017/07/11 » 機械・装置部門の売上は2013年から半減
2017/04/18 » 国内の鉄鋼製品消費増加も輸入鉄鋼製品の増加傾向拡大
2016/11/23 » 鉄鋼価格は石炭並びに鉄鉱石価格上昇で値上げが避けられない
2016/11/10 » 2017年から建設機械販売は回復か
2016/09/29 » 今年の機械・装置部門販売は前年比20%減少予想
2016/09/20 » 国内の鉄鋼需要は僅かながら回復の兆候
2016/08/22 » 7月の粗鋼生産は増加するも消費は減少に転じる
2016/07/11 » 鉄鋼メーカーゲルダウ社は負債軽減のために資産売却
2016/05/23 » ゲルダウ社は負債削減で資産売却を業界で率先

バックナンバー »