Câmara do Japão
Português
検索: OK
(507)

機械・金属

検索期間を指定してください: OK
機械・装置部門の売上は2013年から半減 2017/07/11

数年間に及ぶ経済リセッション長期化による製造業部門の販売不振による生産調整、ペトロブラス石油公社関連のラヴァ・ジャット作戦汚職問題によるゼネコン企業の投資中止などの影響を受けて、機械や装置の販売不振で設備投資生産業界が壊滅的な打撃を受けているとブラジル機械・装置工業会(Abimaq)のジョアン・マルケザン会長は憂慮している。

現在の機械・装置販売は2013年の50%以下まで落ち込んでブラジルはオランダ病一歩手前の瀕死状態にあり、間違った道を進んでいるため早急な工業政策転換など手を打たなければしなければならないとジョアン・マルケザン会長は指摘している。

機械・装置などの設備投資向け製造業部門の雇用は、2013年以降では9万人が業界から去っており、今年初め5か月間では前年同期比5.7%の雇用減少を記録、特に鋳物セクターやボイラーセクターの雇用減少が顕著となっている。

2013年の製造業部門生産はGDP比18% を占めていたが、インフレ整備部門向け受注生産の機械・装置セクターがラヴァ・ジャット作戦汚職問題の影響を受けて、昨年はGDP比11.0%まで減少している。

しかし記録更新が予想されている穀物生産が牽引して、唯一農業機械セクター販売は、好調に推移して製造業部門の機械・装置販売の20%を占めるまでに達している。

農畜産部門のGDPは全体の7.0%を占めているにも関わらず、歳入総額は全体の僅か3.4%に留まっており、農畜産部門向け投資の平均金利は7.5%~8.5%に留まっている。

一方製造業部門生産はGDP比11.0%、歳入総額は全体の20%を占め、製造業部門向け投資の平均金利は15%以上で、製造業部門の税率や銀行金利は、農畜産部門よりも不利な条件となっている。

今年初め5か月間のレアル通貨はドルに対して前年同期比15.0%以上上昇、インフレ指数を差引いた実質金利は4.5%から7.5%に上昇、更にクレジット部門の縮小や製造業部門の失業者は10%以上増加しているとジョアン・マルケザン会長は指摘している。(2017年7月11日付けヴァロール紙)



2020/05/28 » 機械・装置メーカーは今年の売上を前年比10%減少に下方修正を余儀なくされる(2020年5月27日付けヴァロール紙)
2020/05/26 » 今年4月のブラジルの粗鋼生産は39%下落、設備稼働率も42%下落(2020年5月25日付けヴァロール紙)
2020/05/20 » 4月の平板鋼販売は37.6%下落(2020年5月19日付けヴァロール紙)
2020/04/24 » 2020年の州別・地域別GDPは南東部と北部、北東部で相対的に大きな打撃 2020年4月24日付けバロール紙)
2020/04/17 » 機械・装置部門は新型コロナウイルス危機以降すでに1万1,000人の解雇を余儀なくされている
2020/04/02 » COVID-19の影響でZFMのメーカーでも2020年4月から集団休暇を続々実施(2020年4月2日付けバロール紙)
2020/01/07 » 中国資本XCMG社はグループ傘下サプライヤー誘致で工業団地建設
2019/11/27 » 今年10月の世界の粗鋼生産は1.8%減少の1億5,150万トン
2019/10/24 » ブラジルの鉄鋼メーカーの第3四半期決算は軒並み悪化
2019/08/28 » 今年初め7か月間の機械・装置部門販売は2.4%増加
2019/05/23 » CSNは中国資本とストリーミング契約締結検討
2019/05/06 » 今年の鉄鋼製品生産は悲観的予想
2019/04/05 » 米中貿易摩擦の煽りで中国製鉄鋼製品がラテンアメリカに流入
2019/01/14 » ヨーロッパ連合は7種類のブラジル鉄鋼製品に対して輸入制限発令か
2018/10/29 » ウジミナスの第3四半期の純益は243%増加
2018/09/25 » 8月の鉄鋼製品生産減少も消費は拡大
2018/08/29 » ブラジル機械・装置工業会は輸出好調も為替の安定を要請
2018/08/28 » ゲルダウ社は過去4年間で65億レアルに達する資産売却
2018/08/21 » 今年7月の鉄鋼製品消費は12%増加
2018/07/26 » 今年の粗鋼生産は3,580万トンに下方修正

バックナンバー »