Câmara do Japão
Português
検索: OK
(507)

機械・金属

検索期間を指定してください: OK
チッセンクルップはアトランチコ製鉄所を売りに出すか 2012/05/16

ドイツ資本チッセンクルップは、リオ州東部サンタ・クルースのアトランチコ製鉄(CSA)並びに米国のアラバマ州モービルのスチール・アメリカス製鉄所の売却を検討している。

チッセンクルップ社の昨年の鉄鋼生産工場の純益は、リーマンブラザーズ銀行の破綻をきっかけとした世界金融危機で米国の鉄鋼需要が大幅に落ち込んだ影響で、スチール・アメリカス製鉄所は赤字を計上、その他の鉄鋼生産工場は黒字を計上していた。

ブラジルのCSA製鉄所で生産した鋼板を米国のスチール・アメリカス製鉄所へ送り、ステンレス鋼を生産して米国内の工業部門へ供給していたが、米国内の鉄鋼需要の悪化の影響を受けて、CSA製鉄所の鉄鋼生産の減少が余儀なくされるために、同製鉄所の売却も予想されている。

またチッセンクルップ社が 73.13%、ヴァーレ社が 26.87%の資本参加しているCSA製鉄所の売却の要因として、米国の鉄鋼需要の悪化以外にも、労働コストの上昇並びにインフレの悪影響、レアル高の為替などが収益を圧迫して売却を後押ししている。

ブラジル鉄鋼院(IABr)のマルコポーロ・メロ・ロペス会長は、「2008年の世界金融危機による米国やヨーロッパの鉄鋼需要の回復は2012年が予想されていたが、いまだに需要が落ち込んでいる」と説明している。

SLW Corretora社のチーフストラテジストのペドロ・ガルジ氏は、「ブラジル資本のゲルダウ社並びにCSN社、 Usiminas社は買収に積極的ではないために、26.87%の資本参加しているヴァーレ社が仲介して、中国などの外資系企業への売却が濃厚」と予想している。

チッセンクルップのHeinrich Hiesinger社長は、リオ州とアラバマ州の製鉄所には120億ユーロを投資したにも関わらず、売却金額は投資金額をはるかに下回る70億ユーロと予想している。(2012年5月16日付けエスタード紙)


 



2018/03/26 » 米国の中国製鉄鋼やアルミ製品輸入規制でブラジルの業界は戦戦恐恐
2018/03/12 » 米国のブラジルの粗鋼輸出規制でカリフォルニア・スチール社は1,000人失業か
2018/03/05 » ブラジルの米国向け鉄鋼製品輸出はカナダに次いで467万トン
2018/02/15 » ブラジル鉄鋼メーカーは成長サイクルに再突入か
2018/02/01 » 2017年の機械・装置販売は5年連続で前年割れ
2018/01/23 » 2017年のブラジル国内の鉄鋼製品消費は2013年以降で初めて増加
2018/01/12 » ブラジル3大鉄鋼メーカーの時価総額が過去5年間で最高
2017/12/04 » ウジミナス製鉄所はイパチンガの高炉再稼働
2017/12/01 » ブラジル鉄鋼業界は来年の鉄鋼製品販売を上方修正
2017/09/20 » 国内の鉄鋼消費は回復傾向
2017/07/19 » 今年上半期の平板鋼卸売は11.0%減少
2017/07/11 » 機械・装置部門の売上は2013年から半減
2017/04/18 » 国内の鉄鋼製品消費増加も輸入鉄鋼製品の増加傾向拡大
2016/11/23 » 鉄鋼価格は石炭並びに鉄鉱石価格上昇で値上げが避けられない
2016/11/10 » 2017年から建設機械販売は回復か
2016/09/29 » 今年の機械・装置部門販売は前年比20%減少予想
2016/09/20 » 国内の鉄鋼需要は僅かながら回復の兆候
2016/08/22 » 7月の粗鋼生産は増加するも消費は減少に転じる
2016/07/11 » 鉄鋼メーカーゲルダウ社は負債軽減のために資産売却
2016/05/23 » ゲルダウ社は負債削減で資産売却を業界で率先

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

【会議所 トピックス】

 

「ブラジル労働法のポイント」
(表紙クリックで内容表示)

 

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー