Câmara do Japão
Português
検索: OK
(512)

農林水産

検索期間を指定してください: OK
先行き不透明なEU (セルソ・ミンギ氏 エスタード紙コラム) 2011/12/27

 

 2012年における最大の疑問は、マヤ暦で言うところのこの世の終わりが果たして到来するのか、ということではないはず。欧州に何が起こるのかという、その動向に最も注目が集まっている。

 

 全てがまだ準備段階だった時、欧州各国は、そのファンダメンタルズの脆弱性について警告を受けた。この分野のパイオニアで1999年のノーベル経済学賞受賞者のロバート・マンデルが定義したような最適通貨圏を、加盟国は構築しはしない、と。しかしながら最終判断は、何らかの欠点を将来的に政治的にカバーすることを想定することで、通貨統合プロジェクトを後押しした。

 

 けれども、ユーロの団結を保証するために署名された条約は無視された。慎重であろうとなかろうと、加盟各国は、厳格な財政赤字と債務に関する安定成長協定の順守をやめてしまった。現在、この経済圏は崩壊の危機にさらされている。今のところ解体されていないのは、単に、各国が自国通貨に逆戻りするのが、現在の状況以上に耐え難いコストを必要とするからだ。

 

 過去2年間にわたって、もともと性質の悪い物を何とかしようとするために当初想定されていたような政治的アクションは、起こされなかった。首脳たちは、思考停止に陥り、当惑するだけ。不十分な応急措置を施して取り繕う以上のことも、何もなかった。そして通貨連盟というものを強化することになる、ただ1つの統合された財政という方向に進むだけの能力もなかった。

 

 懸念があったとすれば起源の異なるものを均質化することへの懸念だ。それぞれの国が独自の予算と税制、社会保障制度、労働法を維持し、自分たちやり方を通した。これらの異なる国家制度は、ユーロ加盟国間の生産性の大きな違いにつながっている。

 

 フランスのニコラス・サルコジ大統領は繰り返し、ユーロ圏は並行して2つの異なるスピードで発展していると述べている。より速い成長を記録する国には、ドイツとオーストリア、オランダ、フィンランド、さらに彼によるとフランスもこのグループの一員だ。反対に緩やかな経済成長を記録する国はギリシアとポルトガル、スペイン、イタリア、アイルランド。それは、牛と馬が同時につなげられた、牛の荷車でもなければ馬の馬車でもない、いずれともつかない曳き車のようなものだ。

 

 問題はこの2つの経済成長ペースであり、これは両者の差を強調することからそれ自体に、自動的に資本を移転させるメカニズムが期待できない経済ブロック(ユーロ圏)を崩壊させる可能性を秘めているのだ。

 

 生き残るためにユーロが単一の政策を必要とすることはすでに十分に意識されているが、加盟国にはその一歩を踏み出す勇気がない。しかも、自国通貨に逆戻りするだけの決断力も持ち合わせていない。ヨーロッパ諸国のもろさが表れている。

 

 これまでのところ、当局者の対応は時間稼ぎだった。けれども、これを克服するための戦略を想定もせずに対応を進めることは、結局のところ、その先は抜け道のない袋小路だ。域内のあらゆる事態が悪化に悪化を重ね、これ以上にないところまで行ってようやく、好転し始める。それまで、先行き不透明な状況は広がり続ける。

 

 

消費の拡大。経常収支(資本の流れを除外した国外との資本のやり取り)の赤字は、国内消費の増加を示している。グラフで明らかなように、それは2008年から発生している。2011年の赤字はGDPに対して2.3%、2012年はGDPに対して2.5%になる見通し。

 

良好な出資。この赤字は、ブラジルの外国収支に対して深刻な影響は与えない。というのも、長期的な資金の流入、とりわけ外国直接投資(FDI)によりカバーされるからだ。20111227日付エスタード紙)



2018/06/04 » トラック運転手の国道封鎖による抗議デモはパルプ価格引上げか
2018/05/24 » 「Shoyo作戦」と命名された違法森林伐採でトレーディング5社が罰金
2018/05/23 » 短繊維パルプが今年3回目の値上げか
2018/05/15 » ブラジル国内での淡水魚養殖が急増
2018/05/14 » インドネシア資本APRIL社はパルプメーカーLwarcel社買収交渉
2018/05/02 » ブラジルの今年の砂糖生産はインドに追い抜かれる可能性
2018/04/18 » 今年初め第1四半期の大豆輸出は北部港湾拡大
2018/04/16 » 2018年の農畜産物の生産価格総額は5,301億レアルに上方修正
2018/04/11 » 今年の大豆生産は1億1,496万トンで記録更新か
2018/04/09 » 米中貿易戦争でブラジルはエタノールリスクに直面
2018/03/19 » ブラジル製紙業界2位Suzano Papel 社がトップFibria社を吸収合併
2018/03/13 » インドネシア資本Wadjaja一族がFibria社買収で400億レアル提示
2018/03/09 » 今年3月の2017/18の大豆生産を上方修正
2018/02/16 » ブラジル製紙業界トップのSuzano とFibriaが合併を再検討
2018/01/11 » オールドフロンティア地域の農地価格が上昇
2018/01/10 » AMaggi農務大臣のファミリー企業は10万ヘクタールの農場買収交渉
2017/12/13 » 2018年の穀物生産はラニーニャ現象の影響で減産予想
2017/12/12 » 段ボール箱販売は好調維持
2017/12/06 » Fibria社は短繊維パルプ増産で34億レアルを投資
2017/11/28 » 新興国のティッシュ需要は所得や生活向上に伴って拡大

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

【会議所 トピックス】

 

「ブラジル労働法のポイント」
(表紙クリックで内容表示)

 

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー