Câmara do Japão
Português
検索: OK
(512)

農林水産

検索期間を指定してください: OK
今後10年間で穀物生産は23%増加 2011/06/15

農務省の長期農業生産計画によると新興国や国内の食料品需要の拡大で、今後10年間のブラジルの穀物や食肉などの生産は23%増加、しかし耕作面積は9.5%増加に留まって、生産性の拡大が生産増加を牽引する。

今後10年後のブラジルの穀物生産は1億7,580万トン、食肉は26%増加の3,120万トン、そのうち国内向け牛肉は83%、鶏肉67%、豚肉81%、トウモロコシは85.4%それぞれ増加、農産物の輸出では動物性並びに植物性タンパク質の最大の輸出国になると予想されている。

10年後のブラジルの鶏肉輸出は世界の49%を占め、大豆は現在の31%から33.2%、牛肉28%から30.1%、豚肉10.1%から12%、トウモロコシは10%から12%とそれぞれ増加が予想されている。

国連食糧農業機構(FAO)並びに経済協力開発機構(OECD)は今後10年間に農産物のコモディティ価格の上昇や世界市場でのヴォラティリティの増加で、ブラジルは最も恩恵を受ける国であると予想している。

ブラジル農牧調査研究公社(Embrapa)では今後10年間のブラジルの原綿、トウモロコシ、コーヒー、粗糖、大豆、牛乳、セルローズ、鶏肉並びに牛肉の生産性は世界で最も上昇すると予想している。

特に原綿の生産は47.8%増加の230万トン、輸出は68.4%増加の80万トン、特にMatopiba地域と呼ばれるマラニャン州南部、トカンチンス州北部、ピアウイ州南部並びにバイア州北部が有望となっている。

生産性の拡大で農産物生産は大幅に増加するが、大豆の栽培面積は現在の2,470万ヘクタールから3,000万ヘクタール、砂糖きびは940万ヘクタールから1,150万ヘクタールの増加に留まる。(2011年6月15日付けヴァロール紙)


 



2019/02/13 » ブラジル国内の製紙・パルプ業界の再編が加速
2019/02/11 » 2018年の輸出の50%は7国際コモディティ商品に依存
2019/01/31 » 2018年のブラジルパルプ生産は2,100万トン突破か
2019/01/15 » Suzano Papel 社によるブラジル製紙業界トップFibria社吸収合併成立
2018/12/17 » 外国人名義の土地所有面積はリオ州に匹敵
2018/12/13 » 世界の食肉貿易に占めるブラジルのシェアが低下
2018/12/12 » 好適な気候で2019年の穀物生産量が記録を更新へ
2018/11/29 » 昨年のブラジルの農畜産物輸出は米中貿易摩擦開始で拡大
2018/10/15 » 2018/2019年の大豆輸出は7,500万トン予想
2018/08/20 » 今後50年間のカリウムの自給自足可能か
2018/08/10 » 米中貿易戦争は大豆派生品輸出で漁夫の利
2018/08/08 » 2027/28年度の穀物生産は3億トン突破予想
2018/07/27 » 過去11年間でフロンティア農業は4.0%増加
2018/06/04 » トラック運転手の国道封鎖による抗議デモはパルプ価格引上げか
2018/05/24 » 「Shoyo作戦」と命名された違法森林伐採でトレーディング5社が罰金
2018/05/23 » 短繊維パルプが今年3回目の値上げか
2018/05/15 » ブラジル国内での淡水魚養殖が急増
2018/05/14 » インドネシア資本APRIL社はパルプメーカーLwarcel社買収交渉
2018/05/02 » ブラジルの今年の砂糖生産はインドに追い抜かれる可能性
2018/04/18 » 今年初め第1四半期の大豆輸出は北部港湾拡大

バックナンバー »