Câmara do Japão
Português
検索: OK
(512)

農林水産

検索期間を指定してください: OK
今後10年間で穀物生産は23%増加 2011/06/15

農務省の長期農業生産計画によると新興国や国内の食料品需要の拡大で、今後10年間のブラジルの穀物や食肉などの生産は23%増加、しかし耕作面積は9.5%増加に留まって、生産性の拡大が生産増加を牽引する。

今後10年後のブラジルの穀物生産は1億7,580万トン、食肉は26%増加の3,120万トン、そのうち国内向け牛肉は83%、鶏肉67%、豚肉81%、トウモロコシは85.4%それぞれ増加、農産物の輸出では動物性並びに植物性タンパク質の最大の輸出国になると予想されている。

10年後のブラジルの鶏肉輸出は世界の49%を占め、大豆は現在の31%から33.2%、牛肉28%から30.1%、豚肉10.1%から12%、トウモロコシは10%から12%とそれぞれ増加が予想されている。

国連食糧農業機構(FAO)並びに経済協力開発機構(OECD)は今後10年間に農産物のコモディティ価格の上昇や世界市場でのヴォラティリティの増加で、ブラジルは最も恩恵を受ける国であると予想している。

ブラジル農牧調査研究公社(Embrapa)では今後10年間のブラジルの原綿、トウモロコシ、コーヒー、粗糖、大豆、牛乳、セルローズ、鶏肉並びに牛肉の生産性は世界で最も上昇すると予想している。

特に原綿の生産は47.8%増加の230万トン、輸出は68.4%増加の80万トン、特にMatopiba地域と呼ばれるマラニャン州南部、トカンチンス州北部、ピアウイ州南部並びにバイア州北部が有望となっている。

生産性の拡大で農産物生産は大幅に増加するが、大豆の栽培面積は現在の2,470万ヘクタールから3,000万ヘクタール、砂糖きびは940万ヘクタールから1,150万ヘクタールの増加に留まる。(2011年6月15日付けヴァロール紙)


 



2018/08/20 » 今後50年間のカリウムの自給自足可能か
2018/08/10 » 米中貿易戦争は大豆派生品輸出で漁夫の利
2018/08/08 » 2027/28年度の穀物生産は3億トン突破予想
2018/07/27 » 過去11年間でフロンティア農業は4.0%増加
2018/06/04 » トラック運転手の国道封鎖による抗議デモはパルプ価格引上げか
2018/05/24 » 「Shoyo作戦」と命名された違法森林伐採でトレーディング5社が罰金
2018/05/23 » 短繊維パルプが今年3回目の値上げか
2018/05/15 » ブラジル国内での淡水魚養殖が急増
2018/05/14 » インドネシア資本APRIL社はパルプメーカーLwarcel社買収交渉
2018/05/02 » ブラジルの今年の砂糖生産はインドに追い抜かれる可能性
2018/04/18 » 今年初め第1四半期の大豆輸出は北部港湾拡大
2018/04/16 » 2018年の農畜産物の生産価格総額は5,301億レアルに上方修正
2018/04/11 » 今年の大豆生産は1億1,496万トンで記録更新か
2018/04/09 » 米中貿易戦争でブラジルはエタノールリスクに直面
2018/03/19 » ブラジル製紙業界2位Suzano Papel 社がトップFibria社を吸収合併
2018/03/13 » インドネシア資本Wadjaja一族がFibria社買収で400億レアル提示
2018/03/09 » 今年3月の2017/18の大豆生産を上方修正
2018/02/16 » ブラジル製紙業界トップのSuzano とFibriaが合併を再検討
2018/01/11 » オールドフロンティア地域の農地価格が上昇
2018/01/10 » AMaggi農務大臣のファミリー企業は10万ヘクタールの農場買収交渉

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

【会議所 トピックス】

 

Pdfブラジル個人情報保護法  (日伯法律委員会 ( 藏掛忠明委員長)主催の「ブラジル個人情報保護法の概要セミナー」2018年9月11日)

Pdf『ブラジル労働改正法』セミナー (企業経営・地場企業推進委員会(鈴木ワグネル委員長)主催の2018年9月4日)

Pdf新移民法セミナー発表資料掲載(7月31日)

 

「ブラジル労働法のポイント」
(表紙クリックで内容表示)

 

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー