Câmara do Japão
Português
検索: OK
(512)

農林水産

検索期間を指定してください: OK
穀物栽培が大幅に増加 2010/07/26

ゼツリオ・ヴァルガス財団(FGV)の農業経済センター(CEA)の農業経済調査によると1996年の畜産業が農業全体に占める比率は35.6%であったが、2006年には20%まで減少している。

しかし国際コモディティ商品を中心とした穀物栽培などは45.4%に相当する233億レアルから75.1%の1,081億レアルと大幅に比率が増加、しかし畜産業は183億レアルから288億レアルの増加に留まっている。

1996年の穀物栽培向け耕作地面積は3,850万万ヘクタール、2006年には24.2%増加の4,790万ヘクタールに増加、しかし生産量は95.9%増加の1億4,410万トンと大幅に増加している。

トウモロコシの耕作地面積は10年間で僅かに5.9%増加、しかし生産量はバイオテクノロジー、遺伝子組み換え技術などで65%増加の5,350万トンと飛躍的に増加している。

特に大豆、綿花、米、フェジョンやサトウキビ栽培では栽培面積は年間平均1.2%しか増加していないが、バイオテクノロジーの活用で生産量の飛躍的増加したために、農業機械販売は年間平均8.7%増加している。

ブラジル農牧調査研究公社(Embrapa)が開発した熱帯地帯向け栽培用大豆の植え付けは北パラナ地方からバイア、マラニャン、ピアウイやアマゾン地方でも栽培が可能となっており、またセラード地方での綿花栽培も可能となっている。(2010年7月26日付けエスタード紙)

 



2018/08/20 » 今後50年間のカリウムの自給自足可能か
2018/08/10 » 米中貿易戦争は大豆派生品輸出で漁夫の利
2018/08/08 » 2027/28年度の穀物生産は3億トン突破予想
2018/07/27 » 過去11年間でフロンティア農業は4.0%増加
2018/06/04 » トラック運転手の国道封鎖による抗議デモはパルプ価格引上げか
2018/05/24 » 「Shoyo作戦」と命名された違法森林伐採でトレーディング5社が罰金
2018/05/23 » 短繊維パルプが今年3回目の値上げか
2018/05/15 » ブラジル国内での淡水魚養殖が急増
2018/05/14 » インドネシア資本APRIL社はパルプメーカーLwarcel社買収交渉
2018/05/02 » ブラジルの今年の砂糖生産はインドに追い抜かれる可能性
2018/04/18 » 今年初め第1四半期の大豆輸出は北部港湾拡大
2018/04/16 » 2018年の農畜産物の生産価格総額は5,301億レアルに上方修正
2018/04/11 » 今年の大豆生産は1億1,496万トンで記録更新か
2018/04/09 » 米中貿易戦争でブラジルはエタノールリスクに直面
2018/03/19 » ブラジル製紙業界2位Suzano Papel 社がトップFibria社を吸収合併
2018/03/13 » インドネシア資本Wadjaja一族がFibria社買収で400億レアル提示
2018/03/09 » 今年3月の2017/18の大豆生産を上方修正
2018/02/16 » ブラジル製紙業界トップのSuzano とFibriaが合併を再検討
2018/01/11 » オールドフロンティア地域の農地価格が上昇
2018/01/10 » AMaggi農務大臣のファミリー企業は10万ヘクタールの農場買収交渉

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

【会議所 トピックス】

 

Pdfブラジル個人情報保護法  (日伯法律委員会 ( 藏掛忠明委員長)主催の「ブラジル個人情報保護法の概要セミナー」2018年9月11日)

Pdf『ブラジル労働改正法』セミナー (企業経営・地場企業推進委員会(鈴木ワグネル委員長)主催の2018年9月4日)

Pdf新移民法セミナー発表資料掲載(7月31日)

 

「ブラジル労働法のポイント」
(表紙クリックで内容表示)

 

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー