Câmara do Japão
Português
検索: OK
(512)

農林水産

検索期間を指定してください: OK
農業用ドローンは農業機械の代替 2019/11/05

ゴイアス州都ゴイアニア市から130キロメートルに位置するウルアナ市で大豆並びにトウモロコシ、食肉用の牛を飼育している農業技師のDaniel de Castro Rodriques氏は、農業用ドローンの使用で作業時間が半減したと説明している。

また農業用ドローン使用での害虫の発生状況や食物の育成状況のチェックが可能となり、農薬・益虫散布は手作業での散布に比べて、比較できない程のコストカットに繋がる。

民間航空庁(Anac)に登録されているゴイアス州並びにマット・グロッソ州、南マット・グロッソ州内のドローンは4,175機、ブラジル全土では7万6,823機が登録されているが、非登録ドローンを合わせると15万機に達すると予想されている。

ブラジル農牧調査研究公社(Embrapa)の調査によると、ブラジル国内のドローン所有機は米国に次いで世界2位、PwC社の調査によると、2016年の世界のドローン業界の売上は20億ドル、そのうち農業向けドローンは20%を占めていたが、2020年までには120億ドルのマーケットに拡大すると見込んでいる。

サンパウロ州バウル―市のドローンメーカーのXfly Tecnologia社は2012年創業、2017年から年率50%の生産増加、顧客の大半はドローンによるソルーションサービス提供者であり、サトウキビ並びに大豆、果樹栽培や蔬菜栽培農家にサービスを提供している。

またサンタ・カタリーナ州都フロリアノポリス市のドローンメーカーHorus Aeronaves社の Fabricio Hertz社長は、創業時の2014年の月産台数は5機であったが、今では25機生産、需要の70%は農薬・益虫散布による生産拡大を図る農業主と説明している。

サトウキビ畑のような背丈の高い密集した広大な耕作地では、害虫発生のリスクも高く、手作業での害虫除去は過酷な労働を強いられるため、ドローン利用はブラジルで加速的な利用が見込まれており、今後はトウモロコシや米などの穀物以外にも棉作などへの利用が見込まれている。(2019年11月5日付けエスタード紙)



2019/12/09 » 今年の農産物輸出は前年比5.0%増加予想
2019/11/05 » 農業用ドローンは農業機械の代替
2019/10/31 » 米中貿易摩擦は2019年/20年の大豆栽培に疑問符
2019/10/28 » 2006年~2017年の家族経営農業は9.5%縮小
2019/08/09 » 今年の穀物生産は2億3,970万トンで記録更新予想
2019/07/12 » 今年の穀物生産は記録更新予想も生産者の実質収入は減少予想
2019/06/12 » 2018/2019年の穀物生産は2億3,890万トンで記録更新予想
2019/05/28 » Embrapaはセラード地帯での小麦生産奨励
2019/05/27 » 外国人のブラジル国内の土地所有議論が再燃
2019/04/12 » 今年の穀物生産は前年比1.6%増加の2億3,010万トン
2019/02/13 » ブラジル国内の製紙・パルプ業界の再編が加速
2019/02/11 » 2018年の輸出の50%は7国際コモディティ商品に依存
2019/01/31 » 2018年のブラジルパルプ生産は2,100万トン突破か
2019/01/15 » Suzano Papel 社によるブラジル製紙業界トップFibria社吸収合併成立
2018/12/17 » 外国人名義の土地所有面積はリオ州に匹敵
2018/12/13 » 世界の食肉貿易に占めるブラジルのシェアが低下
2018/12/12 » 好適な気候で2019年の穀物生産量が記録を更新へ
2018/11/29 » 昨年のブラジルの農畜産物輸出は米中貿易摩擦開始で拡大
2018/10/15 » 2018/2019年の大豆輸出は7,500万トン予想
2018/08/20 » 今後50年間のカリウムの自給自足可能か

バックナンバー »