Câmara do Japão
Português
検索: OK
(512)

農林水産

検索期間を指定してください: OK
Embrapaはセラード地帯での小麦生産奨励 2019/05/28

ブラジル農牧調査研究公社(Embrapa)では、1970年代からセラード地帯の土壌や気候に適応した小麦の品種改良を手がけているが、セラードはブラジル中西部から北部に分布するサバンナ地帯であり、そのアルミニウムを含むやせた強酸性土壌は農耕には不適とされていた。

アルゼンチンからの小麦輸入では生産の不安定や政治的な問題も絡んでブラジル政府の頭痛の種であったが、収穫期が6月~7月と端境期に当たるために価格が高い有利さも備えている。

日本政府がこれまで手がけた数多くのODAプロジェクトの中でも、ブラジル政府が主導したセラード農業開発事業への大規模な技術協力と資金協力が並行して実施、資金協力は「日伯セラード農業開発協力事業」(プロデセール)と呼ばれ、開発の最前線では多くの日系人が事業に参加した。

相次ぐ小麦の品種改良で灌漑施設がない標高の高い乾燥地帯でも小麦栽培ができ、2019年のゴイアス州の小麦栽培面積は記録更新、ミナス州並びにバイア州でも小麦栽培を奨励している。

ミナス州小麦生産者協会(Atriemg)のエドアルド・エリアス・アブラヒム会長は、昨年5月中旬のセラード産の1当たりヘクタール当たりの小麦の純益は1,000レアル、1トン当たり1,200レアルとパラナ州産600レアルの2倍に達したと説明している。

昨年のミナス州の小麦栽培面積は8万ヘクタールであったが、今年は10万ヘクタールに拡大、ゴイアス州は1万3,000ヘクタールから3万ヘクタールと2倍以上、バイア州並びにブラジルア連邦直轄地では小麦の栽培用種子不足が懸念されている。

昨年のセラード地帯での小麦栽培は降雨に恵まれて1ヘクタール当たり平均35袋を収穫、灌漑施設のある小麦栽培は100袋に達した一方で、設備コストが非常に高い。

今年のバイア州の小麦生産は昨年同様の3万トン、ゴイアス州は昨年の7万200トンから11万800トン、ブラジリア市は9,400トンから1万1,400トン、ミナス州は20万7,200トンから21万400トン、今年のブラジルの穀物生産は前年比0.7%増加の550万トンを国家配給公社(Conab)では予想している。

バイア州の1ヘクタール当たりの小麦生産は6,000キログラム、ゴイアス州5,514キログラム、ブラジリア市3,787キログラム、ミナス州は2,514キログラムと灌漑施設の有無で大きな開きが出ている。(2019年5月28日付けヴァロール紙)



2019/11/05 » 農業用ドローンは農業機械の代替
2019/10/31 » 米中貿易摩擦は2019年/20年の大豆栽培に疑問符
2019/10/28 » 2006年~2017年の家族経営農業は9.5%縮小
2019/08/09 » 今年の穀物生産は2億3,970万トンで記録更新予想
2019/07/12 » 今年の穀物生産は記録更新予想も生産者の実質収入は減少予想
2019/06/12 » 2018/2019年の穀物生産は2億3,890万トンで記録更新予想
2019/05/28 » Embrapaはセラード地帯での小麦生産奨励
2019/05/27 » 外国人のブラジル国内の土地所有議論が再燃
2019/04/12 » 今年の穀物生産は前年比1.6%増加の2億3,010万トン
2019/02/13 » ブラジル国内の製紙・パルプ業界の再編が加速
2019/02/11 » 2018年の輸出の50%は7国際コモディティ商品に依存
2019/01/31 » 2018年のブラジルパルプ生産は2,100万トン突破か
2019/01/15 » Suzano Papel 社によるブラジル製紙業界トップFibria社吸収合併成立
2018/12/17 » 外国人名義の土地所有面積はリオ州に匹敵
2018/12/13 » 世界の食肉貿易に占めるブラジルのシェアが低下
2018/12/12 » 好適な気候で2019年の穀物生産量が記録を更新へ
2018/11/29 » 昨年のブラジルの農畜産物輸出は米中貿易摩擦開始で拡大
2018/10/15 » 2018/2019年の大豆輸出は7,500万トン予想
2018/08/20 » 今後50年間のカリウムの自給自足可能か
2018/08/10 » 米中貿易戦争は大豆派生品輸出で漁夫の利

バックナンバー »