Câmara do Japão
Português
検索: OK
(512)

農林水産

検索期間を指定してください: OK
外国人のブラジル国内の土地所有議論が再燃 2019/05/27

Iraja Abreu上院議員(PSD:社会民主党=トカンチンス州選出)は、先週21日に農畜産部門の投資活性化の一環として、外国人の個人及び法人企業に対するブラジル国内の土地所有を認める要請書を提出した。

1971年の法令5709号で外国人によるブラジル国内の農耕地所有は禁止されていたにも関わらず、形骸化していたため2010年に連邦政府が外国人による自由な土地購入に対する制限強化、ブラジルに本拠を置く企業を設立することで既存の制限をかいくぐる抜け道を塞ぐことを決定して制限されていたが、しかし外国人による農耕地購入による投資は、ブラジル国内経済を活性化させる利点のほうが制限するよりも多いと議論されてきた経緯があった。

またジウマ政権では長らく外国人への耕作地所有に関する議論は棚上げされていたが、外国人による農耕地の購入で植林事業や農畜産事業への投資を活性化する動きがでてきており、また外国企業グループによる農耕地購入は最大10万ヘクタールまでに制限すれば問題は発生しないと議論されていた経緯があった。

2012年に外国人によるブラジル国内の土地所有に関する法令が変更されて国会に提出されたにも関わらず、塩漬けとなっていた。2016年に、ニュートン・カルドーゾ下院議員(MDB:ブラジル民主運動党=ミナス州選出)は、外国人が購入できる土地面積を各市町村の25%までに限定すれば問題はないと強調している。

またカルドーゾ下院議員は、外国人によるブラジル国内の土地所有容認で毎年500億レアルに達する投資に結び付いて、ブラジルの農業が飛躍的に発展すると強調している。

外国人の個人及び法人企業名義のブラジル国内の土地所有面積は、リオ州に匹敵する361万7,000ヘクタール、そのうち個人名義の土地面積は129万3,000レクタール、法人企業名義の土地面積は232万4,000レクタールとなっている。

外国人の個人及び法人企業名義のブラジル国内の所有土地は、全国の市町村5,500市の約60%に相当する3,205市に及んでいると全国農業信用システム(SNCR)並びに国立農地改革院(INCRA)の統計から割り出されている。

ブラジル農村協会(SRB)では、ボウソナロ次期大統領の積極的な外資導入の一環として、テレーザ・クリスティーナ農務相の農畜産業界の輸出拡大のための外資系企業に対する農畜産部門投資解放政策に期待している。(2019年5月25日付けエスタード紙)



2019/08/09 » 今年の穀物生産は2億3,970万トンで記録更新予想
2019/07/12 » 今年の穀物生産は記録更新予想も生産者の実質収入は減少予想
2019/06/12 » 2018/2019年の穀物生産は2億3,890万トンで記録更新予想
2019/05/28 » Embrapaはセラード地帯での小麦生産奨励
2019/05/27 » 外国人のブラジル国内の土地所有議論が再燃
2019/04/12 » 今年の穀物生産は前年比1.6%増加の2億3,010万トン
2019/02/13 » ブラジル国内の製紙・パルプ業界の再編が加速
2019/02/11 » 2018年の輸出の50%は7国際コモディティ商品に依存
2019/01/31 » 2018年のブラジルパルプ生産は2,100万トン突破か
2019/01/15 » Suzano Papel 社によるブラジル製紙業界トップFibria社吸収合併成立
2018/12/17 » 外国人名義の土地所有面積はリオ州に匹敵
2018/12/13 » 世界の食肉貿易に占めるブラジルのシェアが低下
2018/12/12 » 好適な気候で2019年の穀物生産量が記録を更新へ
2018/11/29 » 昨年のブラジルの農畜産物輸出は米中貿易摩擦開始で拡大
2018/10/15 » 2018/2019年の大豆輸出は7,500万トン予想
2018/08/20 » 今後50年間のカリウムの自給自足可能か
2018/08/10 » 米中貿易戦争は大豆派生品輸出で漁夫の利
2018/08/08 » 2027/28年度の穀物生産は3億トン突破予想
2018/07/27 » 過去11年間でフロンティア農業は4.0%増加
2018/06/04 » トラック運転手の国道封鎖による抗議デモはパルプ価格引上げか

バックナンバー »