Câmara do Japão
Português
検索: OK
(512)

農林水産

検索期間を指定してください: OK
好適な気候で2019年の穀物生産量が記録を更新へ 2018/12/12

アグリビジネス

 好適な気候と相場の値上がりに後押しされる形で国内の穀物生産者が作付面積を拡大しており、国内穀物生産量も、過去最高を記録してGDPの成長を後押しした2016/17農年を上回る2億3,841万トンに達する見込みだ。

 国内穀物生産量が、2018/19農年に2億3,841万トンを記録して過去最高記録を更新する見込み。国家配給公社(Conab)が12月11日に発表したこの生産予想を実際に達成すれば、2016/17農年に記録した2億3,767万トンという過去最高記録の更新となる。

 前農年の収穫を受けてアグリビジネス部門は2017年に12.5%の成長を達成、同年に記録した1%という国内総生産(GDP)の成長に対して70%を担った。このため、2019年の記録的な穀物生産も、同年のGDPを後押しするものと期待されている。

 Conabの予測は、好適な天候と高値にある相場というシナリオに基づく。例えば綿花と大豆の相場は生産者を投資に駆り立て、作付面積の拡大につながっている。

 10月から11月にかけて春季の降雨がしっかり続いたことで大豆の作付けが前倒しされ、トウモロコシのセカンド・クロップに明るい見通しを示す波及効果をもたらした。「ブラジルのすべての地域で、大豆の作付けが前倒しされており収穫時期も早まるだろう」と全国農業連合会(CNA)のアラン・マリンスキ農業生産コーディネーターは話す。

 作柄は、2017年春の降雨が遅れた2017/18農年以上に良好だ。大豆の作付けが遅れた結果として同農年は、一部では、生産者が作付けしなおすのを余儀なくされたケースもあった。

 2018/19農年の収穫に対する新たな予測を受け、ブラジル・アグリビジネス協会(Abag)は、輸出も1,000億ドルという記録的水準に達すると予想している。Abagのルイス・コルナッチオーニ理事はその予想の理由について、輸出が過去最高記録を達成した2013年以上に為替が生産者にとって好ましい状況だと説明する。

 同理事は、アメリカと中国の貿易戦争が短期的には、相場の上昇と輸出の拡大というブラジルの生産者に好ましい状況を生み出すと予想している。ただ、米中の対立は早急に収まるというものでもない。「この2か国の貿易戦争は、誰にとっても好ましくない。仮に貿易戦争が長引き世界経済の成長に打撃を与えれば、すべての人が損失を被るのだ」と同理事は指摘した。

 CNAのマリンスキ農業生産コーディネーターは、米中の貿易戦争が大豆生産には追い風にはなるとしつつも、トウモロコシにはそれほどの恩恵はないと話す。アメリカとの貿易戦争が原因で、中国はブラジルから大豆をより多く調達し、相場もこれに伴い上昇している。その結果としてアメリカの生産者は大豆に代わってトウモロコシをより多く生産してブラジルが輸出するトウモロコシと競合しているのだと同コーディネーターは説明した。

統計

 12月11日にブラジル地理統計院(IBGE)は、2019年の農業生産量の見通しを上方修正した。集計基準の違いと情報収集方法が異なることから、IBGEのデータはConabのデータと異なる数字になっている。IBGEは、2019年の農業生産高を2億3,110万トンと予想しており、2018年比+1.7%としたものの過去最高記録となった2017年の2億4,060万トンは下回る水準。IBGEのカルロス・アルフレード・ゲデス調査主任は、「天候が良好なら、国内農業生産高は2017年の生産高に迫るだろう。ただ、その動向は天候に強く左右される」とコメントした。

 IBGEはさらに、11日に発表した11月のデータで、2018年にブラジルのコーヒー生産量が過去最高記録を更新して360万トン、5,960万俵(1俵=60㎏)に達することが確実になったと明らかにした。

 コーヒーの生産は2年毎に豊作と不作のサイクルがあり、このために2019年の収穫は大きな期待は禁物という。

 ゲデス調査主任によると天候が2018年にコーヒーの豊作を後押しした。アラビカ種の生産量は前年比+28.2%の270万トンを記録する見込み。他方、カネフォラ種は+30.4%の88万8,600トンを見込む。

貿易紛争

 Abagのルイス・コルナッチオーニ理事 「米中の貿易戦争は誰にとっても歓迎されないもの。長引けば、世界経済の成長にも打撃を与え、あらゆる人が損失を被る」(2018年12月12日付けエスタード紙)



2019/08/09 » 今年の穀物生産は2億3,970万トンで記録更新予想
2019/07/12 » 今年の穀物生産は記録更新予想も生産者の実質収入は減少予想
2019/06/12 » 2018/2019年の穀物生産は2億3,890万トンで記録更新予想
2019/05/28 » Embrapaはセラード地帯での小麦生産奨励
2019/05/27 » 外国人のブラジル国内の土地所有議論が再燃
2019/04/12 » 今年の穀物生産は前年比1.6%増加の2億3,010万トン
2019/02/13 » ブラジル国内の製紙・パルプ業界の再編が加速
2019/02/11 » 2018年の輸出の50%は7国際コモディティ商品に依存
2019/01/31 » 2018年のブラジルパルプ生産は2,100万トン突破か
2019/01/15 » Suzano Papel 社によるブラジル製紙業界トップFibria社吸収合併成立
2018/12/17 » 外国人名義の土地所有面積はリオ州に匹敵
2018/12/13 » 世界の食肉貿易に占めるブラジルのシェアが低下
2018/12/12 » 好適な気候で2019年の穀物生産量が記録を更新へ
2018/11/29 » 昨年のブラジルの農畜産物輸出は米中貿易摩擦開始で拡大
2018/10/15 » 2018/2019年の大豆輸出は7,500万トン予想
2018/08/20 » 今後50年間のカリウムの自給自足可能か
2018/08/10 » 米中貿易戦争は大豆派生品輸出で漁夫の利
2018/08/08 » 2027/28年度の穀物生産は3億トン突破予想
2018/07/27 » 過去11年間でフロンティア農業は4.0%増加
2018/06/04 » トラック運転手の国道封鎖による抗議デモはパルプ価格引上げか

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

【会議所 トピックス】

電機・情報通信部会(髙田正純部会長)主催のICTセミナー(2019年8月15日)

Pdf「ゼロトラスト時代のアカウンタビリティ~サイバーリスクへの対策強化に向けて」NTTコミュニケーションズ株式会社経営企画部マネージドセキュリティサービス推進室の竹内文孝室長

Pdf「IT資産集約型からクラウド活用への現状とセキュリティ課題」パロアルトネットワークス株式会社の藤生昌也シニアビジネスデベロップメントコンサルタント

労働ワーキンググループ主催セミナー(2019年7月23日)

Pdf「転換するブラジルの社会福祉 -右派・保守、イデオロギー色の強いボルソナロ政権-」ジェトロ・アジア経済研究所の海外調査員(サンパウロ大学客員教授)の近田亮平氏

パラグアイセミナー(2019年6月7日)

Pdf「パラグアイの地理的ポテンシャル」在パラグアイ日本国大使館の石田直裕特命全権大使

Pdf「チャンスの国パラグアイ」REDEIEXのSebastian Bogaddo氏、

Pdf「パラグアイの進出方法」ジェトロ中小企業海外展開現地支援プラットフォームの石田ミゲル コーディネーター

Pdf第一回イノベーション研究会によるアンケート結果
 

Pdf「法人所得税の損金算入」セミナーPDF吉田幸司グループ長
 

Pdf労働ワーキンググループセミナー「労働組合と労使交渉」PDF資料

 

Pdf最新版 サンパウロ市役所民営化案件リスト(2019年1月)

「ブラジル労働法のポイント」
(表紙クリックで内容表示)

Pdfブラジルのポテンシャル

(麻生元総理との意見交換会)

 

→ バックナンバー

Pdfブラジル概要資料