Câmara do Japão
Português
検索: OK
(512)

農林水産

検索期間を指定してください: OK
過去11年間でフロンティア農業は4.0%増加 2018/07/27

ブラジル地理統計院(IBGE)では、2017年10月からブラジルの国内農業国勢調査を開始、2020年のブラジル国勢調査完結には、延べ30万人の臨時職員の動員予定。ブラジル地理統計院による最後に実施された農業国勢調査は、2006年で10年以上経過している。

農業国勢調査では、農業従事者の人口並びに農地面積、恒久的農地、一時的農地、自然牧草地、人口牧草地、自然林、植林、主要な農畜産物及び作付面積、輪作性作物、永続性作物、種苗生産、体系的農業生産調査(LSPA)などが調査される。

昨日ブラジル地理統計院(IBGE)は、農業国勢調査2017の中間発表として、2006年から2017年にかけてブラジル国内の農畜産向け耕作地は1,657万3,000ヘクタール拡大している。

この新たな耕作地面積1,657万3,000ヘクタールは、ポルトガル並びにベルギー、デンマークを合わせた面積拡大に相当。ブラジル国内の農畜産従事者は500万人、耕作面積は3億5,025万3,000ヘクタールに達している。

Amazônia legalと呼ばれるアマゾン河流域のアクレ州並びにアマパ州、アマゾナス州、マット・グロッソ州、ローライマ州、パラー州、ロンドニア州、トカンチンス州、マラニョン州の一部で構成され、ブラジル国土の61%に相当する5.21万平方キロメートルを擁している。

2006年から2017年にかけのAmazônia legal地域では、962万5,000ヘクタールの耕地面積が拡大されているとブラジル国立宇宙調査研究院(INPE)での衛星データを利用したアマゾン伐採監視システム(Prodes)調査で判明している。

そのうちパラー州並びにマット・グロッソ州の耕地面積拡大要因として、牛放牧目的の牧草地拡大のための熱帯雨林伐採で、ブラジル全土の65%に相当する6,233万ヘクタールに達しているとブラジル国立宇宙調査研究院(INPE)では発表している。

しかし2006年~2017年にかけての穀物栽培目的による耕地面積拡大は、僅か5.0%増加に留まっているにも関わらず、穀物生産は1億1,720万トンから2億4,060万トンと約倍増している。

2006年~2017年間の僅か5.0%の穀物栽培面積増加に対して、特に中西部地域を中心に穀物生産量が倍増した要因として、トラクター導入台数が49.7%増加による生産性の拡大の一方で、150万人の雇用削減となっている。

過去11年間での北東部地域の農産物栽培面積は、バイア州並びに北大河州を中心に5年間連続での旱魃の影響で990万ヘクタール減少、特に北大河州では5万2,800キロ平方メートルの農産物栽培面積が減少している。

2006年のブラジル国内の農産物栽培面積は3億3,370万ヘクタールであったが、2017年にはポルトガル並びにベルギー、デンマークを合わせた面積に相当する僅か5.0%増加の3億5,020万ヘクタールに留まっている。

地域別農産物栽培面積比較では、2006年の北部地域の農産物栽培面積は5,550万ヘクタール、2017年は19.1%増加の6,610万ヘクタール、前記同様に北東部地域は7,610万ヘクタール、7.1%減少の7,060万ヘクタール、中西部地域は1億530万ヘクタール、5.0%増加の1億1,060万ヘクタール、南東部地域は5,490万ヘクタール、9.2%増加の5,990万ヘクタール、南部地域は4,170万ヘクタール、2.6%増加の4,280万ヘクタールを記録している。

2006年の恒久的農地面積は1,170万ヘクタール、2017年は790万ヘクタールに減少、前記同様に一時的農地面積は4,890万ヘクタール、5,540万ヘクタールに増加している。

また自然牧草地面積は5,760万ヘクタール、2017年は4,680万ヘクタールに減少、人工牧草地面積は1億240万ヘクタール、1億1,170万ヘクタールに拡大、自然林面積は9,530万ヘクタール、1億620万ヘクタール、植林面積は470万ヘクタール、850万ヘクタールに拡大している。(2018年7月27日付けエスタード紙)

 



2020/08/10 » モザイクは穀物生産好調のブラジルで投資拡大(2020年8月10日付けエスタード紙)
2020/07/29 » スザノ製紙は2030年までに年間1,000万トンのバイオポリマー生産(2020年7月28日付けヴァロール紙)
2020/07/20 » 今年4月のラテンアメリカ諸国の農産物輸出が好調(2020年7月19日付けヴァロール紙)
2020/07/16 » 今年の豚肉輸出は前年比33.0%増加の可能性(2020年7月15日付けヴァロール紙)
2020/07/14 » 今年5月のアグロインダストリー生産は前月比3.8%増加(2020年7月13日付けヴァロール紙)
2020/07/09 » 今年のブラジルは大豆生産で世界トップに返り咲き予想(2020年7月8日付けエスタード紙)
2020/06/24 » 今年第1四半期の飼料生産は4.5%増加(2020年6月23日付けヴァロール紙)
2020/06/12 » 今年4月の農産工業部門生産は二桁減少のマイナス16.5%を記録(2020年6月12日付けヴァロール紙)
2020/06/12 » 2019/20年度の穀物生産は初めて2億5,000万トン突破で記録更新予想(2020年6月10日付けヴァロール紙)
2020/06/11 » 5月の農畜産物輸出は前年同月比18%増加の109億3,000万ドルを記録(2020年6月10日付けヴァロール紙)
2020/06/02 » 農畜産部門生産の記録更新予想でGDP比率の大幅な比率上昇か(2020年6月1日付けエスタード紙)
2020/05/19 » COVID-19並びに石油価格下落でサトウキビから大豆やトウモロコシに転作(2020年5月18日付けエスタード紙)
2020/04/21 » 新型コロナウイルスパンデミックで肥料会社Yaraは投資見直し
2020/01/09 » 2020年の穀物生産は2億4,320万トン予想で記録更新か
2019/12/09 » 今年の農産物輸出は前年比5.0%増加予想
2019/11/05 » 農業用ドローンは農業機械の代替
2019/10/31 » 米中貿易摩擦は2019年/20年の大豆栽培に疑問符
2019/10/28 » 2006年~2017年の家族経営農業は9.5%縮小
2019/08/09 » 今年の穀物生産は2億3,970万トンで記録更新予想
2019/07/12 » 今年の穀物生産は記録更新予想も生産者の実質収入は減少予想

バックナンバー »