Câmara do Japão
Português
検索: OK
(512)

農林水産

検索期間を指定してください: OK
ブラジル国内での淡水魚養殖が急増 2018/05/15

2017年の世界中で盛んに養殖されているブラジル国内での淡水魚ティラピア生産は、前年比8.0%増加の35万7,000トンを記録、タイ並びにフィリピンのティラピア生産量を上回って世界4位に上昇している。

昨年のティラピア生産はブラジル国内の養殖魚生産の51.7%を占めており、サンパウロ州のティラピア生産量は、パラナ州並びにロンドニア州に次ぐ6万9,500トンを記録して3位を占めている。

5月15日~18日までサンパウロ州サンタ・フェ・ド・スール市では、ブラジルで最大の養殖魚に関するイベントである第10回Aquishow Brasilが開催されており、養殖に関するイノベーション技術開発の発表などが行われている。

国連食糧農業機関(FAO)では、2020年には淡水魚の生産が海水魚の生産を上回ると予想、特にブラジル国内の淡水魚生産では、計り知れないポテンシャルを擁しており、今後はティラピアを大幅に上回る大型魚のタンバキやパクー、混血種のタンバクやパティンガ、更にはピンタードやピラルクーなどの増産が予想されている。

米国ではファーストフードのフィッシュバーガー、フィッシュ&チップス、
居酒屋のフィッシュフライ、白身魚のフライ、スーパーの冷凍白身魚などとして販売されているベトナム原産のバサ(basa:Pangasius bocourti )の生産がサンパウロ州Mococa市で生産開始されている。

ブラジル国内で販売されているバサは、チリ産サーモンと同様に米国からの輸入に依存していたが、今後はサンパウロ州内での養殖が拡大すると予想されている。

米国では魚好きなヒスパニック人口増加とファーストフードの隆盛でナマズ需要が急増しており、ブラジルでも健康志向や日本食の普及に伴って、価格の高いサーモンよりも淡水魚の需要拡大が予想されている。(2018年5月15日付けエスタード紙)



2018/10/15 » 2018/2019年の大豆輸出は7,500万トン予想
2018/08/20 » 今後50年間のカリウムの自給自足可能か
2018/08/10 » 米中貿易戦争は大豆派生品輸出で漁夫の利
2018/08/08 » 2027/28年度の穀物生産は3億トン突破予想
2018/07/27 » 過去11年間でフロンティア農業は4.0%増加
2018/06/04 » トラック運転手の国道封鎖による抗議デモはパルプ価格引上げか
2018/05/24 » 「Shoyo作戦」と命名された違法森林伐採でトレーディング5社が罰金
2018/05/23 » 短繊維パルプが今年3回目の値上げか
2018/05/15 » ブラジル国内での淡水魚養殖が急増
2018/05/14 » インドネシア資本APRIL社はパルプメーカーLwarcel社買収交渉
2018/05/02 » ブラジルの今年の砂糖生産はインドに追い抜かれる可能性
2018/04/18 » 今年初め第1四半期の大豆輸出は北部港湾拡大
2018/04/16 » 2018年の農畜産物の生産価格総額は5,301億レアルに上方修正
2018/04/11 » 今年の大豆生産は1億1,496万トンで記録更新か
2018/04/09 » 米中貿易戦争でブラジルはエタノールリスクに直面
2018/03/19 » ブラジル製紙業界2位Suzano Papel 社がトップFibria社を吸収合併
2018/03/13 » インドネシア資本Wadjaja一族がFibria社買収で400億レアル提示
2018/03/09 » 今年3月の2017/18の大豆生産を上方修正
2018/02/16 » ブラジル製紙業界トップのSuzano とFibriaが合併を再検討
2018/01/11 » オールドフロンティア地域の農地価格が上昇

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

【会議所 トピックス】
 

Pdf2019/2020年度 理事・監事 選挙結果(10月19日)

 

【サービス貿易に関するアンケート調査】

こちらから回答へご協力をお願い致します。

 

中南米ビジネスセミナー資料(10月9日)

Pdf「コロンビア最新経済・ビジネス概況」

Pdf「チリ最新経済・ビジネス概況」

Pdf「アルゼンチン最新経済・ビジネス概況」

Pdf「メキシコ最新経済・ビジネス概況」

Pdf「ペルー最新経済・ビジネス概況」

 

Pdfブラジル個人情報保護法  (日伯法律委員会 ( 藏掛忠明委員長)主催の「ブラジル個人情報保護法の概要セミナー」2018年9月11日)

Pdf『ブラジル労働改正法』セミナー (企業経営・地場企業推進委員会(鈴木ワグネル委員長)主催の2018年9月4日)

Pdf新移民法セミナー発表資料掲載(7月31日)

 

「ブラジル労働法のポイント」
(表紙クリックで内容表示)

 

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー