Câmara do Japão
Português
検索: OK
(512)

農林水産

検索期間を指定してください: OK
インドネシア資本APRIL社はパルプメーカーLwarcel社買収交渉 2018/05/14

Feffer一族が所有するブラジル製紙業界2位のSuzano Papel社は、業界トップのFibria社を290億レアルの株式交換で吸収合併に成功、時価総額が840億レアルの世界最大の短繊維パルプメーカーが誕生するが、日本の公正取引委員会に相当する経済防衛行政審議会(Cade)の承認待ちとなっている。

インドネシアのWadjaja一族がコントロールする製紙会社ペーパー・エクセレンス社は、昨年9月にブラジルの食肉加工会社JBSグループ傘下の製紙会社エルドラド・ブラジル・セルロースを150億レアルで買収して、南米進出に橋頭堡を築いていたが、更にFibria社買収に400億レアルを提示して世界トップの短繊維パルプ会社を目指していた。

Asia Pacific Resources International Holdngs(April)は、ブラジル国内の製紙・パルプメーカーの再編が進んで大型買収案件がなくなって中規模メーカーに触手を余儀なくされており、サンパウロ州に本社を置くパルプメーカーLwarcel社と20億レアルでの買収交渉を行っている。

インドネシアのSukantoファミリー企業April社傘下のRoyal Golden Eagle(RGE)社は、パルプメーカーLwarcel社との間で60日間の優先交渉権を獲得している。

パルプメーカーLwarcel社は、サンパウロ州Lençois Paulista市に本社があり、同社を所有するTrecentiファミリーは、過去5年間に亘ってパートナー企業を探していたにも関わらず、100%のLwarcel社放出も否定していない。

年間25万トンのパルプ生産能力を擁しているLwarcel社は、すでにポルトガル資本のパルプメーカーAltri社並びにNavigator社、ブラジル資本Suzano Papel社とも買収交渉を行っていた。Lwarcel社の企業存続のためには15億ドルの投資が不可欠となっているために、100%身売りすると予想されている。(2018年5月12日付けエスタード紙)



2020/06/02 » 農畜産部門生産の記録更新予想でGDP比率の大幅な比率上昇か(2020年6月1日付けエスタード紙)
2020/05/19 » COVID-19並びに石油価格下落でサトウキビから大豆やトウモロコシに転作(2020年5月18日付けエスタード紙)
2020/04/21 » 新型コロナウイルスパンデミックで肥料会社Yaraは投資見直し
2020/01/09 » 2020年の穀物生産は2億4,320万トン予想で記録更新か
2019/12/09 » 今年の農産物輸出は前年比5.0%増加予想
2019/11/05 » 農業用ドローンは農業機械の代替
2019/10/31 » 米中貿易摩擦は2019年/20年の大豆栽培に疑問符
2019/10/28 » 2006年~2017年の家族経営農業は9.5%縮小
2019/08/09 » 今年の穀物生産は2億3,970万トンで記録更新予想
2019/07/12 » 今年の穀物生産は記録更新予想も生産者の実質収入は減少予想
2019/06/12 » 2018/2019年の穀物生産は2億3,890万トンで記録更新予想
2019/05/28 » Embrapaはセラード地帯での小麦生産奨励
2019/05/27 » 外国人のブラジル国内の土地所有議論が再燃
2019/04/12 » 今年の穀物生産は前年比1.6%増加の2億3,010万トン
2019/02/13 » ブラジル国内の製紙・パルプ業界の再編が加速
2019/02/11 » 2018年の輸出の50%は7国際コモディティ商品に依存
2019/01/31 » 2018年のブラジルパルプ生産は2,100万トン突破か
2019/01/15 » Suzano Papel 社によるブラジル製紙業界トップFibria社吸収合併成立
2018/12/17 » 外国人名義の土地所有面積はリオ州に匹敵
2018/12/13 » 世界の食肉貿易に占めるブラジルのシェアが低下

バックナンバー »