Câmara do Japão
Português
検索: OK
(512)

農林水産

検索期間を指定してください: OK
オールドフロンティア地域の農地価格が上昇 2018/01/11

2014年3月に発覚した連邦警察のペトロブラス石油公社関連ラヴァ・ジャット作戦汚職問題による政治混乱と対照的に2016年10月の政策誘導金利(Selic)14.25%から2017年末には7.0%まで半減している金利引下げの相反する状況下で、ブラジル国内の農地価格市場が地殻変動を起こしている。

穀物栽培のニューフロンティアと呼ばれている大穀倉地帯を形成しているマット・グロッソ州を中心とした中西部地域並びに日本政府支援によるセラード農業開発事業の成果を生かして、世界でもトップレベルの農業生産を誇るブラジル新興農業開発地域のマラニョン州(MA)南部、トカンチンス州(TO)東部、ピアウイ州(PI)南部、バイア州(BA)西部の4地区に跨る「マトピバ地域」の農地価格が過去10年間上昇の一途を辿っていた。

しかし昨年はかつてブラジル農業の最前線であった南部地域並びに南東部地域のオールドフロンティア地域の農地価格が他地域の農地価格の上昇率を上回る現象となっており、2017年には前年比25%まで高騰した地域もでてきている。

南部地域並びに南東部地域の農地価格は、同地域の好調な穀物生産並びに政治危機に対する投資対象として2015年から上昇傾向を示しており、特にサンパウロ州内の農地価格上昇が顕著となっている。

サンパウロ州北部のフランカ市周辺は伝統的にコーヒー栽培が盛んであったが、昨年の1ヘクタール当たりの平均土地価格は、前年比25.8%上昇の3万9,000レアルまで上昇している。

一方ブラジル国内の大豆やトウモロコシ生産を牽引するマット・グロッソ州ソリーゾ市の1ヘクタール当たりの平均土地価格は、前年比並みの2万3,000レアルで推移している。

2014/15年並びに2015/2016年の穀物栽培が天候異変の影響で芳しくなかったマトピバ地域の農地価格は下がらなかったにも関わらず、農耕地売買案件が減少しているとBrasilAgro社のアンドレ・ギルラウアモン氏は指摘している。

昨年8月の過去12カ月間の南部地域の平均農地価格は6.2%増加、南東部地域は4.1%増加した一方で、中西部地域は僅か1.0%増加、北部地域は1.6%増加に留まっている。

またサンパウロ州北部地域でオレンジ並びにコーヒー栽培が盛んなリベイロン・プレート地域の1ヘクタール当たりの平均農地価格は、12.7%増加の4万2,800レアル、穀物栽培が盛んなパラナ州カスカヴェル地域は、4.5%増加の5万7,500レアルを記録している。

サンパウロ州内では、伝統的にサトウキビやピーナッツ栽培が盛んな地域でも大豆栽培への転作が進んできており、過去6年間で州内の大豆栽培地域は64.4%増加の95万7,100ヘクタールまで拡大している。(2018年1月11日付けヴァロール紙)



2018/01/11 » オールドフロンティア地域の農地価格が上昇
2018/01/10 » AMaggi農務大臣のファミリー企業は10万ヘクタールの農場買収交渉
2017/12/13 » 2018年の穀物生産はラニーニャ現象の影響で減産予想
2017/12/12 » 段ボール箱販売は好調維持
2017/12/06 » Fibria社は短繊維パルプ増産で34億レアルを投資
2017/11/28 » 新興国のティッシュ需要は所得や生活向上に伴って拡大
2017/11/10 » 2018年の穀物生産は前年比8.9%減少予想
2017/10/25 » 2017年のサンパウロ州の農産物売上は全国トップ維持予想
2017/10/11 » 今年の段ボール箱販売は景気回復に伴って上方修正
2017/10/06 » Fibria社の短繊維パルプ生産は世界の20%を占める
2017/09/13 » 今年8月の段ボール箱販売は前月比8.05%と急増
2017/06/09 » 5月の段ボール販売は5.78%増加
2017/06/09 » 2016/17年度の穀物生産は2億3,400万トンに達すると予想
2017/06/08 » 2017/2018年度収穫プラン向けに1,900億レアル以上のクレジット提供
2017/05/30 » 米国との貿易摩擦のメキシコはブラジル産穀物輸入拡大
2017/05/17 » 今年の大豆派生品輸出は300億ドルに達するか
2017/05/11 » 今年の段ボール箱販売は前年比2.0%増加予想
2017/04/17 » 暫定令758号でパラー州の110万ヘクタールの熱帯雨林保護区の土地売買可能
2017/03/30 » 今年初め2カ月間の段ボール箱販売は4.23%増加
2017/03/10 » 2017年の穀物生産は2億2,290万トン予想で記録更新か

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

 

【会議所 トピックス】

 

12月5日「ブラジルPortal ÚnicoプログラムとOEA制度ついての説明会」プレゼン資料掲載

Pdf「Portal Unico貿易共通ポータルサイト(開発商工サービス省)」(日本語)

Pdf「Portal Único(MDIC)」(ポル語)

Pdf「OEA制度主要課題(EY)」(日本語)

Pdf「OEA Desafios Principais(EY)」(ポル語)

Pdf「OEA制度(財務省)」(日本語)

Pdf「OEA (Receita Federal)」(ポル語)

 

「ブラジルeSocialシステム セミナー」(2017年11月21日開催ハードコピー用プレゼンテーション資料)

PdfE-ソーシャル変更点及びソリューション

PdfeSocial課題と留意点

 

ブラジル労働法改正セミナー ~日本企業の視点~(2017年11月8日)の発表資料掲載

Pdfタイトル「概観 労働の近代化」 講師 CNI労働関係本部 デジレ G, ティモ

PdfVisão geral da MODERNIZAÇÃO TRABALHISTA

 

初めての日本語による2017年上期税制変更セミナーは大評判裏に終了

●投資パートナーシップ・プログラム(PPI)説明会(2017年3月6日)資料

Pdf投資パートナーシップ・プログラム(PPI)資料

 

●ブラジルインフラ入門&PPIセミナー(2017年2月2日)

PdfFator弁護士事務所のジルセル佐藤弁護士 「ブラジル・インフラビジネス入門&PPI概略」

Pdfジェトロサンパウロ事務所の禮田英一取締役 「ブラジル・インフラビジネスでの海外インフラ機構(JOIN)活用」

●ブラジルeSocialシステム説明会のプレゼン資料掲載中(2016年12月7日午後2時から マクソウドホテル)

Pdf「eSocial制度‐目的と課題、現状と今後の計画」

Pdf「eSocial-Objetivo e desafios,situação atial e cronograma do projeto」

Pdf「労働関係における企業の課題とeSociaの果たす役割」

Pdf「O Desafio Empresarial no Cenário Trabalhista e o Papel no eSocial」

 

2016年下期業種別部会長シンポジューム

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(日本語)

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(ポル語)

現代ブラジル事典      絶賛発売中!!

政策対話委員会活動の進捗報告(2015年12月10日 官民合同会議)

120周年記念セミナー「日伯医療連携の未来~最新技術が拓く健康社会」

「外交関係樹立120周年記念日伯経済セミナー」に300人が参加して開催

2015年下期の業種別部会長シンポジウムテープおこし記事掲載

第43回技能五輪国際大会開催のご案内

ブラジル投資ガイダンス(最新版・英語)

●梅田大使RS公式訪問

●2015年上期の業種別部会長シンポジウムのテープおこし記事掲載

●インタビュー記事【破綻宣告】 2015/03/18

●ブラジルPPP/コンセッション制度の概要と最新情報についての研究会に80人が参加して開催

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー