Câmara do Japão
Português
検索: OK
(512)

農林水産

検索期間を指定してください: OK
2017/2018年度収穫プラン向けに1,900億レアル以上のクレジット提供 2017/06/08

昨日、ミッシェル・テメル大統領並びにブラウリオ・マジ農務相列席の元で“2017/2018年度収穫プラン”を発表、テメル大統領は、低金利の総額1,902億5,000万レアルに達するクレジット提供を約束している。

“2017/2018年度収穫プラン”向けの総額1,902億5,000万レアルに達するクレジット提供は今年7月から開始、クレジットの大半は、次期の穀物生産向けクレジットであり、2017/2018年度の穀物生産は、2億3,500万トン~2億4,000万トン予想で記録更新すると予想されている。

2017/2018年度収穫プラン向けの総額1,902億5,000万レアルに達するクレジットのうち1,502億5,000万レアルは、農業生産並びに生産販売向けクレジット、そのうち1,162億5,000万レアルは連邦政府による固定金利のクレジット、340億レアルは投資関連銀行による自由金利クレジットとなっている。

今年の農業投資向けクレジットは、昨年の340億5,000万レアルから381億5,000万レアルに増加、中小規模企業向けクレジットは150万レアル、大規模農家向けクレジットは300万レアルが上限となっている。

また今年の穀物生産農家向けクレジットの返済期限は昨年の24カ月から14カ月に縮小されている。サイロ建設・拡張向けクレジット枠総額は16億レアル、イノベーションプログラム向けクレジット総額は、12億6,000万レアルで金利はそれぞれ6.5%に設定されている。

今年の農業生産・設備機器投資向けクレジット金利は、2016/2017年度収穫プランの8.5%~9.5%から7.5%~8.5%に引き下げられている。また中小規模農家支援プログラムの217億レアルに達するクレジット金利は、7.5%に引き下げられている。

ブラジル農牧連合(CNA)のジョアン・マルティンス会長は、「連邦政府が今年のインフレ指数を3.5%、年末のSelic金利を8.5%と発表しているのであれば、農業生産者向け金利は、4.5%~4.7%まで引き下げなければならない」と指摘している。

2017/2018年度収穫プランによる総額1,902億5,000万レアルのクレジット及び1.0%の金利引き下げは、農業生産者にとっては不十分かもしれないとブラウリオ・マジ農務相は、農業生産者の抗議に理解を示している。

しかし「木を見て森を見ず」という諺ではないが、農業生産者で農務大臣の私は“木しか見ていない”が、連邦政府は“森を見ている”と連邦政府の苦しい財政にも関わらず、最大限の農業者支援をブラウリオ・マジ農務相は擁護している。(2017年6月8日付けエスタード紙)

 



2019/02/13 » ブラジル国内の製紙・パルプ業界の再編が加速
2019/02/11 » 2018年の輸出の50%は7国際コモディティ商品に依存
2019/01/31 » 2018年のブラジルパルプ生産は2,100万トン突破か
2019/01/15 » Suzano Papel 社によるブラジル製紙業界トップFibria社吸収合併成立
2018/12/17 » 外国人名義の土地所有面積はリオ州に匹敵
2018/12/13 » 世界の食肉貿易に占めるブラジルのシェアが低下
2018/12/12 » 好適な気候で2019年の穀物生産量が記録を更新へ
2018/11/29 » 昨年のブラジルの農畜産物輸出は米中貿易摩擦開始で拡大
2018/10/15 » 2018/2019年の大豆輸出は7,500万トン予想
2018/08/20 » 今後50年間のカリウムの自給自足可能か
2018/08/10 » 米中貿易戦争は大豆派生品輸出で漁夫の利
2018/08/08 » 2027/28年度の穀物生産は3億トン突破予想
2018/07/27 » 過去11年間でフロンティア農業は4.0%増加
2018/06/04 » トラック運転手の国道封鎖による抗議デモはパルプ価格引上げか
2018/05/24 » 「Shoyo作戦」と命名された違法森林伐採でトレーディング5社が罰金
2018/05/23 » 短繊維パルプが今年3回目の値上げか
2018/05/15 » ブラジル国内での淡水魚養殖が急増
2018/05/14 » インドネシア資本APRIL社はパルプメーカーLwarcel社買収交渉
2018/05/02 » ブラジルの今年の砂糖生産はインドに追い抜かれる可能性
2018/04/18 » 今年初め第1四半期の大豆輸出は北部港湾拡大

バックナンバー »