Câmara do Japão
Português
検索: OK
(512)

農林水産

検索期間を指定してください: OK
農業ニューフロンティアのマトピバ地域開発は終焉に近づく 2016/11/21

日本政府支援によるセラード農業開発事業の成果を生かして、世界でもトップレベルの農業生産を誇るブラジル新興農業開発地域のマラニョン州(MA)南部、トカンチンス州(TO)東部、ピアウイ州(PI)南部、バイア州(BA)西部の4地区に跨る「マトピバ地域」では、過去数年間の干ばつで穀物の生産性が低下してきている。

穀物栽培のニューフロンティア地域として地価の安いマトピバ地域では、過去10年間にわたって先を争って耕作地の開発が行われてきたが、大豆栽培に適した未耕作地は僅か300万ヘクタールしか残っていない。

南部地域並びに南東部地域の農業開発向け未耕地の終了やアマゾン流域の農業開発禁止で地価の安いマトピバ地域の開発が脚光を浴びていたが、降雨が少なく土地が痩せて大量の化学肥料の投下が必要なセラード地域では、今後の穀物栽培向け開発が期待できない。

農業コンサルタント企業Agroicone社では、マトピバ地域への投資からマット・グロッソ州並びに南マット・グロッソ州、ゴイアス州、ミナス州、サンパウロ州内の地価の安い耕作地への投資を推奨している。

現在のセラードのマトピバ地域の耕作地は、パラナ州に相当する2,540万ヘクタールに達しているにも関わらず、穀物栽培に不向きな耕作地は2,250万ヘクタールと大半を占め、過去数年間で640万ヘクタールの穀物栽培地域が放牧地に転換されている。

肥沃な放牧地として南マット・グロッソ州は全体の28%を占めており、ゴイアス州26%、ミナス州17%、マット・グロッソ州13%、マトピバ地域10%、内訳はトカンチンス州6.0%、マラニョン州2.5%、バイア州0.9%、ピアウイ州0.3%となっている。(2016年11月21日付けヴァロール紙)

 

 

 



2018/06/04 » トラック運転手の国道封鎖による抗議デモはパルプ価格引上げか
2018/05/24 » 「Shoyo作戦」と命名された違法森林伐採でトレーディング5社が罰金
2018/05/23 » 短繊維パルプが今年3回目の値上げか
2018/05/15 » ブラジル国内での淡水魚養殖が急増
2018/05/14 » インドネシア資本APRIL社はパルプメーカーLwarcel社買収交渉
2018/05/02 » ブラジルの今年の砂糖生産はインドに追い抜かれる可能性
2018/04/18 » 今年初め第1四半期の大豆輸出は北部港湾拡大
2018/04/16 » 2018年の農畜産物の生産価格総額は5,301億レアルに上方修正
2018/04/11 » 今年の大豆生産は1億1,496万トンで記録更新か
2018/04/09 » 米中貿易戦争でブラジルはエタノールリスクに直面
2018/03/19 » ブラジル製紙業界2位Suzano Papel 社がトップFibria社を吸収合併
2018/03/13 » インドネシア資本Wadjaja一族がFibria社買収で400億レアル提示
2018/03/09 » 今年3月の2017/18の大豆生産を上方修正
2018/02/16 » ブラジル製紙業界トップのSuzano とFibriaが合併を再検討
2018/01/11 » オールドフロンティア地域の農地価格が上昇
2018/01/10 » AMaggi農務大臣のファミリー企業は10万ヘクタールの農場買収交渉
2017/12/13 » 2018年の穀物生産はラニーニャ現象の影響で減産予想
2017/12/12 » 段ボール箱販売は好調維持
2017/12/06 » Fibria社は短繊維パルプ増産で34億レアルを投資
2017/11/28 » 新興国のティッシュ需要は所得や生活向上に伴って拡大

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

【会議所 トピックス】

 

「ブラジル労働法のポイント」
(表紙クリックで内容表示)

 

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー