Câmara do Japão
Português
検索: OK
(512)

農林水産

検索期間を指定してください: OK
ミシェル・テーメル暫定政権は外国人への耕作地所有を再検討 2016/08/24

2000年以降にサトウキビエタノール部門への進出を狙う多国籍企業や日本、アルゼンチン、韓国、米国などの投資家が農耕地を求めてブラジルに殺到、中国の大手穀物グループも、ブラジル北西部で大豆を生産するための大規模農地取得する計画などを発表していた。

1971年の法令5709号で外国人によるブラジル国内の農耕地の所有は禁止されていたにも関わらず、形骸していたため2010年に連邦政府が外国人による自由な土地購入に対する制限強化、ブラジルに本拠を置く企業を設立することで既存の制限をかいくぐる抜け道を塞ぐことを決定、外国人による土地購入は登記所で登記され、土地開発省に通知することなどが決められていた。

ジウマ政権では長らく外国人への耕作地所有に関する議論は棚上げされていたが、外国人による農耕地の購入で植林事業や農畜産事業への投資を活性化する動きがでてきている。

先週、ミナス州選出のPMDB(ブラジル民主運動党 )のニュートン・カルドーゾ下院議員は、外国人に対する土地所有制度の見直しを国会に提出すると発表、カルドーゾ下院議員は、外国人による農耕地の購入が可能となれば農畜産部門や植林部門に500億レアルの投資が行われると説明している。

外国企業グループによる農耕地購入は最大10万ヘクタールまでに制限すれば問題は発生しないとカルドーゾ下院議員は説明、また外国人による農耕地購入による投資は、ブラジル国内経済を活性化させる利点のほうが制限するよりも多いと説明している。(2016年8月24日付けエスタード紙)

 



2019/02/13 » ブラジル国内の製紙・パルプ業界の再編が加速
2019/02/11 » 2018年の輸出の50%は7国際コモディティ商品に依存
2019/01/31 » 2018年のブラジルパルプ生産は2,100万トン突破か
2019/01/15 » Suzano Papel 社によるブラジル製紙業界トップFibria社吸収合併成立
2018/12/17 » 外国人名義の土地所有面積はリオ州に匹敵
2018/12/13 » 世界の食肉貿易に占めるブラジルのシェアが低下
2018/12/12 » 好適な気候で2019年の穀物生産量が記録を更新へ
2018/11/29 » 昨年のブラジルの農畜産物輸出は米中貿易摩擦開始で拡大
2018/10/15 » 2018/2019年の大豆輸出は7,500万トン予想
2018/08/20 » 今後50年間のカリウムの自給自足可能か
2018/08/10 » 米中貿易戦争は大豆派生品輸出で漁夫の利
2018/08/08 » 2027/28年度の穀物生産は3億トン突破予想
2018/07/27 » 過去11年間でフロンティア農業は4.0%増加
2018/06/04 » トラック運転手の国道封鎖による抗議デモはパルプ価格引上げか
2018/05/24 » 「Shoyo作戦」と命名された違法森林伐採でトレーディング5社が罰金
2018/05/23 » 短繊維パルプが今年3回目の値上げか
2018/05/15 » ブラジル国内での淡水魚養殖が急増
2018/05/14 » インドネシア資本APRIL社はパルプメーカーLwarcel社買収交渉
2018/05/02 » ブラジルの今年の砂糖生産はインドに追い抜かれる可能性
2018/04/18 » 今年初め第1四半期の大豆輸出は北部港湾拡大

バックナンバー »