Câmara do Japão
Português
検索: OK
(512)

農林水産

検索期間を指定してください: OK
マトピバ地域の2016/2017年度の穀物生産は資金難で減反か 2016/07/11

日本政府支援によるセラード農業開発事業の成果を生かして、世界でもトップレベルの農業生産を誇るブラジル新興農業開発地域のマラニョン州(MA)南部、トカンチンス州(TO)東部、ピアウイ州(PI)南部、バイア州(BA)西部の4地区に跨る「マトピバ地域」では、過去数年間の干ばつで穀物の生産性が低下してきている。

マトピバ地域の2016/2017年度の穀物生産は、干ばつによる影響で穀物の生産性が大幅に減少すると予想されており、昨年並みの穀物生産を維持するためには50億レアルの資金調達が必要となる。

2016/2017年度の大豆並びにトウモロコシ、綿の耕作面積を前年度並みの520万ヘクタールを維持するためには総額116億レアルの投資が必要と見込まれているが、生産者が調達できるクレジット総額は66億レアルに留まって50億レアルの資金不足が予想されている。

総額116億レアルの資金調達ができない場合、マトピバ地域のバイア州は28万3,000ヘクタール、ピアウイ州は14万6,000ヘクタール、マラニョン州は8万8,000ヘクタール、トカンチンス州は4万3,000ヘクタールの耕作面積減少が予想されている。

過去数年間継続する旱魃で今年のピアウイ州の大豆生産は前年比54%減少予想、マラニョン州は43%、トカンチンス州は36%、バイア州は35%それぞれ減産すると予想されている。

マトピバ地域の穀物生産者は生産減少による減収で資金調達に苦慮しており、化学肥料サプライヤーや金融機関、商社と資金調達で交渉継続を余儀なくされており、また海外投資家による新たな投資が見込めない状況となっている。(2016年7月11日付けエスタード紙)



2019/02/13 » ブラジル国内の製紙・パルプ業界の再編が加速
2019/02/11 » 2018年の輸出の50%は7国際コモディティ商品に依存
2019/01/31 » 2018年のブラジルパルプ生産は2,100万トン突破か
2019/01/15 » Suzano Papel 社によるブラジル製紙業界トップFibria社吸収合併成立
2018/12/17 » 外国人名義の土地所有面積はリオ州に匹敵
2018/12/13 » 世界の食肉貿易に占めるブラジルのシェアが低下
2018/12/12 » 好適な気候で2019年の穀物生産量が記録を更新へ
2018/11/29 » 昨年のブラジルの農畜産物輸出は米中貿易摩擦開始で拡大
2018/10/15 » 2018/2019年の大豆輸出は7,500万トン予想
2018/08/20 » 今後50年間のカリウムの自給自足可能か
2018/08/10 » 米中貿易戦争は大豆派生品輸出で漁夫の利
2018/08/08 » 2027/28年度の穀物生産は3億トン突破予想
2018/07/27 » 過去11年間でフロンティア農業は4.0%増加
2018/06/04 » トラック運転手の国道封鎖による抗議デモはパルプ価格引上げか
2018/05/24 » 「Shoyo作戦」と命名された違法森林伐採でトレーディング5社が罰金
2018/05/23 » 短繊維パルプが今年3回目の値上げか
2018/05/15 » ブラジル国内での淡水魚養殖が急増
2018/05/14 » インドネシア資本APRIL社はパルプメーカーLwarcel社買収交渉
2018/05/02 » ブラジルの今年の砂糖生産はインドに追い抜かれる可能性
2018/04/18 » 今年初め第1四半期の大豆輸出は北部港湾拡大

バックナンバー »