Câmara do Japão
Português
検索: OK
(512)

農林水産

検索期間を指定してください: OK
マクリ大統領選出でアルゼンチンの穀物輸出は拡大 2015/12/01

野党の選挙連合「変えよう同盟(CAMBIEMOS)」から出馬したマウリシオ・マクリ候補の大統領選出で12年間にわたった左派キルチネル派政権からの政権交代が実現するアルゼンチンの穀物輸出が拡大すると見込まれている。

キルチネリズムの最大の特色は、貧困層への補助金や各種手当などを通じた所得分配を重視するばらまき型の財政政策で、財政赤字と高インフレでアルゼンチン経済は長らく低迷していた。

マクリ大統領は小麦・とうもろこし・大豆など穀物輸出税の減税をする方針を表明しており、輸出税減税で穀物輸出拡大による外貨収入増加が期待されている。

大豆輸出では35%の輸出関税を毎年5.0%減税して7年後に関税ゼロが予想されており、輸出関税が23%の小麦、20%のトウモロコシ、15%の食肉はクリスマス前にはそれぞれ関税撤廃が予想されている。

アルゼンチンの穀物輸出は世界3位で2015/2016の穀物輸出は1,075万トンを予想、アルゼンチン政府は国内需要を優先するために小麦並びにトウモロコシ、食肉の国内価格を抑えるために輸出関税を増加させたために、大豆への転作を余儀なくされていた。

同国の穀物輸出は小麦やトウモロコシの輸出関税減少に伴ってブラジル並びに北アフリカ諸国の小麦輸出が再度増加すると予想されており、来年の穀物の作付面積は現在の700万ヘクタールから2倍の1,400万ヘクタールに達すると予想されている。

同政府は、対ドルでの緩やかなペソ安を誘導する為替管理をおこなってペソ下落ペースがインフレ率を下回るためペソは過大評価され、ペソ急落を回避するために2011年以降は外貨購入や海外送金などの外為取引規制を強化してきた経緯があった。

アルゼンチンは、南米諸国で唯一穀物輸出に関税を課し多影響で農畜産分野が衰退していたが、アルゼンチンの穀物生産は今後5年間に現在の2倍に相当する6億8,000万人の食糧供給能力が見込まれている。(2015年12月1日付けヴァロール紙)

 



2019/11/05 » 農業用ドローンは農業機械の代替
2019/10/31 » 米中貿易摩擦は2019年/20年の大豆栽培に疑問符
2019/10/28 » 2006年~2017年の家族経営農業は9.5%縮小
2019/08/09 » 今年の穀物生産は2億3,970万トンで記録更新予想
2019/07/12 » 今年の穀物生産は記録更新予想も生産者の実質収入は減少予想
2019/06/12 » 2018/2019年の穀物生産は2億3,890万トンで記録更新予想
2019/05/28 » Embrapaはセラード地帯での小麦生産奨励
2019/05/27 » 外国人のブラジル国内の土地所有議論が再燃
2019/04/12 » 今年の穀物生産は前年比1.6%増加の2億3,010万トン
2019/02/13 » ブラジル国内の製紙・パルプ業界の再編が加速
2019/02/11 » 2018年の輸出の50%は7国際コモディティ商品に依存
2019/01/31 » 2018年のブラジルパルプ生産は2,100万トン突破か
2019/01/15 » Suzano Papel 社によるブラジル製紙業界トップFibria社吸収合併成立
2018/12/17 » 外国人名義の土地所有面積はリオ州に匹敵
2018/12/13 » 世界の食肉貿易に占めるブラジルのシェアが低下
2018/12/12 » 好適な気候で2019年の穀物生産量が記録を更新へ
2018/11/29 » 昨年のブラジルの農畜産物輸出は米中貿易摩擦開始で拡大
2018/10/15 » 2018/2019年の大豆輸出は7,500万トン予想
2018/08/20 » 今後50年間のカリウムの自給自足可能か
2018/08/10 » 米中貿易戦争は大豆派生品輸出で漁夫の利

バックナンバー »