Câmara do Japão
Português
検索: OK
(512)

農林水産

検索期間を指定してください: OK
Matopiba地域からの穀物輸出が飛躍的に拡大 2015/09/23

Matopiba地域と呼ばれるマラニャン州南部並びにトカンチンス州北部、ピアウイ州南部並びにバイア州北部の過去数年間の穀物生産が飛躍的に増加しており、今年初め8か月間のMatopiba地域の穀物輸出は前年同期比104.16%と倍増している。

今年初め8か月間のMatopiba地域の穀物輸出総額は、前年同期比104.16%増加の89億3,000万ドルに達しているにも関わらず、Matopiba地域を除く各地域の平均穀物輸出金額は、国際コモディティ価格の下落で前年同期比17.4%減少している。

Matopiba地域の今年8か月間のトウモロコシ輸出は、前年同期比656%増加の867億8,600万ドル、輸出量は78.6%増加の8万6,787トン、大豆輸出量は38%増加、輸出総額は5.0%増加している。

今年初め8か月間のマラニャン州南部のトウモロコシ輸出金額は、レアル通貨に対するドル高の為替が牽引して前年同期比1242.6%増加、輸出量は1243%増加している。

マラニャン州南部では大豆並びにトウモロコシ生産が牽引しているが、二期作のトウモロコシの2回目の生産、二期作のフェジョン豆の2回目の生産や米の生産の順調に増加してきている。

マラニャン州大豆・トウモロコシ生産者協会のイザイアス・ソルダテリ会長は、「耕作地は肥沃で天候に恵まれており、また南北鉄道を経由してサン・ルイス市イタキ港までの輸送インフラは整っているが、ロジスティック面ではサントス港やパラナグア港と比較すると見劣っている面がある」と説明している。

トカンチンス州北部の今年8か月間のトウモロコシ輸出は1,300万ドルを記録したが、昨年の輸出実績はゼロであったとAprosoja Tokantins社のルーベンス・リッター会長は説明している。

ピアウイ州南部の今年8か月間のトウモロコシ輸出は3,111万ドル、大豆の輸出は91.73%増加、バイア州北部の今年8か月間のトウモロコシ輸出は143.12%増加、コーヒー豆の生産は45.31%増加、輸出額は820.87%増加している。(2015年9月23日付けエスタード紙)

 



2020/06/02 » 農畜産部門生産の記録更新予想でGDP比率の大幅な比率上昇か(2020年6月1日付けエスタード紙)
2020/05/19 » COVID-19並びに石油価格下落でサトウキビから大豆やトウモロコシに転作(2020年5月18日付けエスタード紙)
2020/04/21 » 新型コロナウイルスパンデミックで肥料会社Yaraは投資見直し
2020/01/09 » 2020年の穀物生産は2億4,320万トン予想で記録更新か
2019/12/09 » 今年の農産物輸出は前年比5.0%増加予想
2019/11/05 » 農業用ドローンは農業機械の代替
2019/10/31 » 米中貿易摩擦は2019年/20年の大豆栽培に疑問符
2019/10/28 » 2006年~2017年の家族経営農業は9.5%縮小
2019/08/09 » 今年の穀物生産は2億3,970万トンで記録更新予想
2019/07/12 » 今年の穀物生産は記録更新予想も生産者の実質収入は減少予想
2019/06/12 » 2018/2019年の穀物生産は2億3,890万トンで記録更新予想
2019/05/28 » Embrapaはセラード地帯での小麦生産奨励
2019/05/27 » 外国人のブラジル国内の土地所有議論が再燃
2019/04/12 » 今年の穀物生産は前年比1.6%増加の2億3,010万トン
2019/02/13 » ブラジル国内の製紙・パルプ業界の再編が加速
2019/02/11 » 2018年の輸出の50%は7国際コモディティ商品に依存
2019/01/31 » 2018年のブラジルパルプ生産は2,100万トン突破か
2019/01/15 » Suzano Papel 社によるブラジル製紙業界トップFibria社吸収合併成立
2018/12/17 » 外国人名義の土地所有面積はリオ州に匹敵
2018/12/13 » 世界の食肉貿易に占めるブラジルのシェアが低下

バックナンバー »