Câmara do Japão
Português
検索: OK
(512)

農林水産

検索期間を指定してください: OK
BTGパクツアル銀行は30億ドルに相当する植林関連事業を買収 2014/05/15

2013年にBTGパクツアル銀行は、ユーカリ並びにパラナ松の植林を行う2社を買収して植林関連事業の資産は30億ドルに達しており、世界の植林事業ではトップ五入りしている。

同社はブラジル並びに南アフリカ、東ヨーロッパ、米国などに71万6,000ヘクタールの植林地を所有、またパルプメーカーの植林地、鉱業メーカー、家具メーカー、木材メーカーに対して積極的に資本参加している。

同社では植林事業を年間の名目収益率が15%と非常に高い確定金利付き投資と見込んで積極的に投資を行っており、土地価格の値上がりをターゲットに投資は行っていない。

ブラジルのユーカリの成長率は、米国の3.5倍と非常に高くて収益性が大きなブラジル国内の植林事業は非常に有望であり、また中国企業がブラジルの耕作地を買い占め始めたため2010年に外国人による土地購入を禁止したことで、ブラジル企業の同社にとって植林事業は追い風になっている。

ブラジルの農産物が収穫されている耕作地面積は7,000万ヘクタール、植林地面積は700万ヘクタール、BTGパクツアル銀行は、木材を生産する世界の森林と、その森林から切り出された木材の流通や加工のプロセスを認証する国際機関FSC(Forest Stewardship Council、森林管理協議会)から認証を受けている。(2014年5月15日付けヴァロール紙)



2019/11/05 » 農業用ドローンは農業機械の代替
2019/10/31 » 米中貿易摩擦は2019年/20年の大豆栽培に疑問符
2019/10/28 » 2006年~2017年の家族経営農業は9.5%縮小
2019/08/09 » 今年の穀物生産は2億3,970万トンで記録更新予想
2019/07/12 » 今年の穀物生産は記録更新予想も生産者の実質収入は減少予想
2019/06/12 » 2018/2019年の穀物生産は2億3,890万トンで記録更新予想
2019/05/28 » Embrapaはセラード地帯での小麦生産奨励
2019/05/27 » 外国人のブラジル国内の土地所有議論が再燃
2019/04/12 » 今年の穀物生産は前年比1.6%増加の2億3,010万トン
2019/02/13 » ブラジル国内の製紙・パルプ業界の再編が加速
2019/02/11 » 2018年の輸出の50%は7国際コモディティ商品に依存
2019/01/31 » 2018年のブラジルパルプ生産は2,100万トン突破か
2019/01/15 » Suzano Papel 社によるブラジル製紙業界トップFibria社吸収合併成立
2018/12/17 » 外国人名義の土地所有面積はリオ州に匹敵
2018/12/13 » 世界の食肉貿易に占めるブラジルのシェアが低下
2018/12/12 » 好適な気候で2019年の穀物生産量が記録を更新へ
2018/11/29 » 昨年のブラジルの農畜産物輸出は米中貿易摩擦開始で拡大
2018/10/15 » 2018/2019年の大豆輸出は7,500万トン予想
2018/08/20 » 今後50年間のカリウムの自給自足可能か
2018/08/10 » 米中貿易戦争は大豆派生品輸出で漁夫の利

バックナンバー »