Câmara do Japão
Português
検索: OK
(512)

農林水産

検索期間を指定してください: OK
昨年の肥料輸入は2,161万9,000トン 2014/04/28

セルジッペ州のカルナリッタプロジェクトでのカリウム鉱の年間生産は120万トンが見込まれており、30年間で170億ドルに達するカリウム鉱の輸入減少に結びつくと予想されており、ブラジルにとっては肥料の貿易収支改善に結びつく。

しかしカルナリッタプロジェクトはカペ―ラ市並びにジャパレツーバ市との間で商品流通サービス税(ICMS)の徴収でもめているために、カリウム鉱の開発が大幅に遅れている。

ブラジルは肥料の三要素である窒素並びにリン酸、カリウムの70%を輸入に依存、特にカリウム鉱の輸入は90%に達しており、国際コモディティ価格の変動や中国を筆頭に資源確保競争にさらされていたが、今後はカリウムの安定供給が可能となる。

昨年のブラジルの肥料輸入は、前年比10.6%増加の2,161万9,000トンに達して国内の肥料消費の70%に達しており、輸入金額は、前年比3.51%増加の88億8,500万ドルに達している。

全国肥料協会(Anda)の発表によると、2018年の肥料輸入は130億ドルに達すると予想されているが、ブラジル国内の肥料生産プロジェクトが順調に進めば2018年には900万トンで45億ドルの輸入削減が可能となる。

Vale 社並びにMbAC社、 Galvani社はリン酸プロジェクトを擁しており、これらのプロジェクトが軌道に乗ればリン酸の輸入は最大50%削減することが可能となり、貿易収支の大幅な改善に結びつく

Galvani社は、ミナス州セーラ・ド・サリトレ並びにセアラー州サンタ・キテリアのリン酸のプロジェクトが生産開始すれば年間300万トンの生産が可能となる。(2014年4月28日付けヴァロール紙)



2019/02/13 » ブラジル国内の製紙・パルプ業界の再編が加速
2019/02/11 » 2018年の輸出の50%は7国際コモディティ商品に依存
2019/01/31 » 2018年のブラジルパルプ生産は2,100万トン突破か
2019/01/15 » Suzano Papel 社によるブラジル製紙業界トップFibria社吸収合併成立
2018/12/17 » 外国人名義の土地所有面積はリオ州に匹敵
2018/12/13 » 世界の食肉貿易に占めるブラジルのシェアが低下
2018/12/12 » 好適な気候で2019年の穀物生産量が記録を更新へ
2018/11/29 » 昨年のブラジルの農畜産物輸出は米中貿易摩擦開始で拡大
2018/10/15 » 2018/2019年の大豆輸出は7,500万トン予想
2018/08/20 » 今後50年間のカリウムの自給自足可能か
2018/08/10 » 米中貿易戦争は大豆派生品輸出で漁夫の利
2018/08/08 » 2027/28年度の穀物生産は3億トン突破予想
2018/07/27 » 過去11年間でフロンティア農業は4.0%増加
2018/06/04 » トラック運転手の国道封鎖による抗議デモはパルプ価格引上げか
2018/05/24 » 「Shoyo作戦」と命名された違法森林伐採でトレーディング5社が罰金
2018/05/23 » 短繊維パルプが今年3回目の値上げか
2018/05/15 » ブラジル国内での淡水魚養殖が急増
2018/05/14 » インドネシア資本APRIL社はパルプメーカーLwarcel社買収交渉
2018/05/02 » ブラジルの今年の砂糖生産はインドに追い抜かれる可能性
2018/04/18 » 今年初め第1四半期の大豆輸出は北部港湾拡大

バックナンバー »