Câmara do Japão
Português
検索: OK
(512)

農林水産

検索期間を指定してください: OK
アマパ州は穀物栽培のニューフロンティア 2014/04/14

アマゾン川河口に位置するアマパ州のセラード地帯がマット・グロッソ州に次ぐ穀物栽培のニューフロンティアとして注目を浴びており、伝統的に穀物栽培が盛んな南大河州、サンタ・カタリーナ州などの穀物栽培経験者が盛んに入植している。

2001年のアマパ州の大豆栽培は僅かに200ヘクタールであったが、2012年には1,600ヘクタール、昨年は6,000ヘクタールまで拡大、2012年の穀物栽培は2,400ヘクタール、昨年は1万ヘクタールまで拡大している。

ブラジル農牧調査研究公社(Embrapa)では、今年のアマパ州の穀物栽培は2万ヘクタールまで拡大すると予想、アマパ州のセラード地域の耕作可能な面積は州面積の6.5%に相当する93万2,000ヘクタールと予想されている。

10年前のアマパ州のセラード地域の1ヘクタール当たりの価格は50レアルであったが、2011年には500レアル、今では3,000レアルまで上昇しており、隣接するパラー州からの穀物輸出コストは、マット・グロッソ州よりも30%安いために今後の開発に拍車がかかると予想されている。

アマパ州のセラード地域で穀物栽培をしている40%は南大河州から入植、20%はパラナ州、13%はミナス州、サンタ・カタリーナ州並びにパラー州がそれぞれ7%、サンパウロ州が6%となっている。(2014年4月14日付けヴァロール紙)

 



2019/11/05 » 農業用ドローンは農業機械の代替
2019/10/31 » 米中貿易摩擦は2019年/20年の大豆栽培に疑問符
2019/10/28 » 2006年~2017年の家族経営農業は9.5%縮小
2019/08/09 » 今年の穀物生産は2億3,970万トンで記録更新予想
2019/07/12 » 今年の穀物生産は記録更新予想も生産者の実質収入は減少予想
2019/06/12 » 2018/2019年の穀物生産は2億3,890万トンで記録更新予想
2019/05/28 » Embrapaはセラード地帯での小麦生産奨励
2019/05/27 » 外国人のブラジル国内の土地所有議論が再燃
2019/04/12 » 今年の穀物生産は前年比1.6%増加の2億3,010万トン
2019/02/13 » ブラジル国内の製紙・パルプ業界の再編が加速
2019/02/11 » 2018年の輸出の50%は7国際コモディティ商品に依存
2019/01/31 » 2018年のブラジルパルプ生産は2,100万トン突破か
2019/01/15 » Suzano Papel 社によるブラジル製紙業界トップFibria社吸収合併成立
2018/12/17 » 外国人名義の土地所有面積はリオ州に匹敵
2018/12/13 » 世界の食肉貿易に占めるブラジルのシェアが低下
2018/12/12 » 好適な気候で2019年の穀物生産量が記録を更新へ
2018/11/29 » 昨年のブラジルの農畜産物輸出は米中貿易摩擦開始で拡大
2018/10/15 » 2018/2019年の大豆輸出は7,500万トン予想
2018/08/20 » 今後50年間のカリウムの自給自足可能か
2018/08/10 » 米中貿易戦争は大豆派生品輸出で漁夫の利

バックナンバー »