Câmara do Japão
Português
検索: OK
(512)

農林水産

検索期間を指定してください: OK
カーギルとコーペルスーカルが砂糖取引でジョイントベンチャー 2014/03/28

米国資本カーギル社とブラジル資本コーペルスーカル社が砂糖取引でジョイントベンチャー企業を設立、資本参加比率はそれぞれ50%となっているが、エタノール関連事業は含まない。

ジョイントベンチャー企業を設立では、日本の公正取引委員会に相当する経済防衛行政審議会(Cade)で独占禁止法に触れないか審査されるために、今年下半期のジョイントベンチャ-企業の立ち上げが予想されている。

カーギル社は砂糖の取り扱いでは世界トップであるが、競合企業としてフランス資本Sucden 社並びにLouis Dreyfus社、英国資本 ED&F Man社などで熾烈なマーケットシェア争いを行っている。

世界の砂糖の取扱量は年間5,500万トン~6,000万トン、世界トップの砂糖生産国ブラジルの2013/2014年の砂糖生産は3,750万トンを予想、そのうち2,500万トンが輸出に回されている。

コーペルスーカル社の2013/2014年の砂糖生産は850万トンが予想されており、そのうち680万トンが輸出、今年の売上は250億レアルが見込まれており、カーギル社の砂糖の取扱量は800万トン~1,000万トンでジョイントベンチャー企業が世界の砂糖に25%~30%を取り扱うために、コモディティ価格決定で牽引すると予想されている。

ジョイントベンチャー企業の本社はスイスのジュネーブ市に置き、すでにカーギルが支店を設けている香港、サンパウロ、マイアミ、デリー、モスクワ、ジャカルタ、上海、バンコク、ドバイに事務所を開設する。(2014年3月28日付けエスタード紙)

 



2019/08/09 » 今年の穀物生産は2億3,970万トンで記録更新予想
2019/07/12 » 今年の穀物生産は記録更新予想も生産者の実質収入は減少予想
2019/06/12 » 2018/2019年の穀物生産は2億3,890万トンで記録更新予想
2019/05/28 » Embrapaはセラード地帯での小麦生産奨励
2019/05/27 » 外国人のブラジル国内の土地所有議論が再燃
2019/04/12 » 今年の穀物生産は前年比1.6%増加の2億3,010万トン
2019/02/13 » ブラジル国内の製紙・パルプ業界の再編が加速
2019/02/11 » 2018年の輸出の50%は7国際コモディティ商品に依存
2019/01/31 » 2018年のブラジルパルプ生産は2,100万トン突破か
2019/01/15 » Suzano Papel 社によるブラジル製紙業界トップFibria社吸収合併成立
2018/12/17 » 外国人名義の土地所有面積はリオ州に匹敵
2018/12/13 » 世界の食肉貿易に占めるブラジルのシェアが低下
2018/12/12 » 好適な気候で2019年の穀物生産量が記録を更新へ
2018/11/29 » 昨年のブラジルの農畜産物輸出は米中貿易摩擦開始で拡大
2018/10/15 » 2018/2019年の大豆輸出は7,500万トン予想
2018/08/20 » 今後50年間のカリウムの自給自足可能か
2018/08/10 » 米中貿易戦争は大豆派生品輸出で漁夫の利
2018/08/08 » 2027/28年度の穀物生産は3億トン突破予想
2018/07/27 » 過去11年間でフロンティア農業は4.0%増加
2018/06/04 » トラック運転手の国道封鎖による抗議デモはパルプ価格引上げか

バックナンバー »