Câmara do Japão
Português
検索: OK
(512)

農林水産

検索期間を指定してください: OK
中国資本Sunrise社は200万トンの大豆契約をキャンセルか 2013/03/20

穀倉地帯からサントス港へ運ばれるトラック輸送向け道路インフラが非常に悪い影響で、サントス港から中国向けの大豆出荷が大幅に遅れているために、中国資本のSunrise社は、200万トンの大豆契約をキャンセルすると通告している。

Sunrise社は南米から中国向けの大豆の取り扱いでは最大の穀物商社であり、ブラジルから中国向け大豆輸出では全体の1/3を取り扱っているが、1月並びに2月にすでにサントス港を出港していなければならない60万トン積みのPanamax船の10隻から12隻のキャンセルを通告している。

同社は年間700万トンの大豆を購入、4月から6月に船済みが予定されている23隻のPanamax船をキャンセルする可能性があり、同社は中国の輸入大豆の10%を取り扱っている。

同社は大豆購入契約を締結した後で、大豆の国際コモディティ価格が下落したことや船積みの遅れを理由に大豆の購入価格の再交渉を行うと予想されているが、ブラジルの大豆生産者にとっては契約時の違約金を支払う方が安くなる。

ブラジルの穀物生産は上昇の一途をたどっているにも関わらず、道路や鉄道輸送などのインフラ整備が非常に遅れているために、益々、穀物輸送に時間がかかってブラジルコストに結びついている。

港湾ターミナルの民営化計画はすでに発表されているにも関わらず、既得権利を削がれる港湾関係者は反対して難航しており、また南東部並びに南部地域の港湾からの穀物輸出が集中しているために、北部地域の港湾からの輸出が急務となっている。(2013年3月20日付けエスタード紙)


 



2018/06/04 » トラック運転手の国道封鎖による抗議デモはパルプ価格引上げか
2018/05/24 » 「Shoyo作戦」と命名された違法森林伐採でトレーディング5社が罰金
2018/05/23 » 短繊維パルプが今年3回目の値上げか
2018/05/15 » ブラジル国内での淡水魚養殖が急増
2018/05/14 » インドネシア資本APRIL社はパルプメーカーLwarcel社買収交渉
2018/05/02 » ブラジルの今年の砂糖生産はインドに追い抜かれる可能性
2018/04/18 » 今年初め第1四半期の大豆輸出は北部港湾拡大
2018/04/16 » 2018年の農畜産物の生産価格総額は5,301億レアルに上方修正
2018/04/11 » 今年の大豆生産は1億1,496万トンで記録更新か
2018/04/09 » 米中貿易戦争でブラジルはエタノールリスクに直面
2018/03/19 » ブラジル製紙業界2位Suzano Papel 社がトップFibria社を吸収合併
2018/03/13 » インドネシア資本Wadjaja一族がFibria社買収で400億レアル提示
2018/03/09 » 今年3月の2017/18の大豆生産を上方修正
2018/02/16 » ブラジル製紙業界トップのSuzano とFibriaが合併を再検討
2018/01/11 » オールドフロンティア地域の農地価格が上昇
2018/01/10 » AMaggi農務大臣のファミリー企業は10万ヘクタールの農場買収交渉
2017/12/13 » 2018年の穀物生産はラニーニャ現象の影響で減産予想
2017/12/12 » 段ボール箱販売は好調維持
2017/12/06 » Fibria社は短繊維パルプ増産で34億レアルを投資
2017/11/28 » 新興国のティッシュ需要は所得や生活向上に伴って拡大

バックナンバー »