Câmara do Japão
Português
検索: OK
(512)

農林水産

検索期間を指定してください: OK
10月の北東地域の旱魃は過去83年間で最悪 2012/10/31

全国エネルギーシステム機構(ONS)の調査によると、北東地域の水力発電所のダムの平均水位は、危険水位カーブ(CAR)を5.8%上回る34.4%まで低下しており、10月だけで旱魃の影響で8.2%も水位を下げて、10月としては過去83年間で最悪の旱魃となっている。

ONSシステム機構では、エルニーニョ現象による影響で全国的に旱魃が広がって水力発電所のダムの水位が低下して、水力発電所による電力エネルギーの生産に支障をきたす恐れが発生してきているため、これ以上の水位低下を防ぐためディーゼル燃料による火力発電所を稼働させる。

また10月の南東地域並びに中西部地域のダムの水位は約10%も低下しており、11月並びに12月の降雨次第では、ディーゼル燃料や石炭による火力発電所の稼働が必要になる可能性がある。

セアラー州並びにピアウイ州の旱魃は過去10年間で最悪となって、トウモロコシ並びにフェジョン豆、米などは90%の減産となっているために、連邦政府は旱魃補助や貧困家庭補助、農産物保険などの社会プログラムを適用して、被害を受けている農家などを救済している。

ピアウイ州では旱魃による非常事態宣言を224市で発令、バイア州の中北部地域では、過去50年で最悪の旱魃に見舞われて同州の牛乳の生産は30%減少している。

またペルナンブーコ州の旱魃は、過去30年間で最悪となって州内の80%の地域で旱魃の被害が広がっており、115都市で旱魃による非常事態宣言が発令されている。(2012年10月31日付けエスタード紙)


 



2019/02/13 » ブラジル国内の製紙・パルプ業界の再編が加速
2019/02/11 » 2018年の輸出の50%は7国際コモディティ商品に依存
2019/01/31 » 2018年のブラジルパルプ生産は2,100万トン突破か
2019/01/15 » Suzano Papel 社によるブラジル製紙業界トップFibria社吸収合併成立
2018/12/17 » 外国人名義の土地所有面積はリオ州に匹敵
2018/12/13 » 世界の食肉貿易に占めるブラジルのシェアが低下
2018/12/12 » 好適な気候で2019年の穀物生産量が記録を更新へ
2018/11/29 » 昨年のブラジルの農畜産物輸出は米中貿易摩擦開始で拡大
2018/10/15 » 2018/2019年の大豆輸出は7,500万トン予想
2018/08/20 » 今後50年間のカリウムの自給自足可能か
2018/08/10 » 米中貿易戦争は大豆派生品輸出で漁夫の利
2018/08/08 » 2027/28年度の穀物生産は3億トン突破予想
2018/07/27 » 過去11年間でフロンティア農業は4.0%増加
2018/06/04 » トラック運転手の国道封鎖による抗議デモはパルプ価格引上げか
2018/05/24 » 「Shoyo作戦」と命名された違法森林伐採でトレーディング5社が罰金
2018/05/23 » 短繊維パルプが今年3回目の値上げか
2018/05/15 » ブラジル国内での淡水魚養殖が急増
2018/05/14 » インドネシア資本APRIL社はパルプメーカーLwarcel社買収交渉
2018/05/02 » ブラジルの今年の砂糖生産はインドに追い抜かれる可能性
2018/04/18 » 今年初め第1四半期の大豆輸出は北部港湾拡大

バックナンバー »