Câmara do Japão
Português
検索: OK
(512)

農林水産

検索期間を指定してください: OK
食糧確保のためにアフリカの耕作地買収は色々な問題に直面している 2012/06/21

2008年の農産物のコモディティ価格の高騰並びに農産物輸出国の輸出制限などの影響を受けて、ペルシャ湾岸の石油産油国のアラブ諸国は、将来の食糧確保のためにアフリカ諸国の農耕地の買収を開始していた。

アラブ諸国は、主にジンバブエ並びにスーダンで農産物確保のための大プロジェクトを発表、国連食糧農業機関(FAO)は、アフリカ諸国は自国民の食料確保も充分でないために、新植民地システムを作り出す危険があると警告している。

先進国によるアフリカの農耕地投資は、雇用創出だけでなく、資材の現地調達などを通しての技術移転並びに食糧の安全保障、所得増加など現地国に利益をもたらす必要があると、FAOは投資国に呼びかけている。

国連食糧農業機関(FAO)は、オンライン・データーバンクのLand Matrix社の調査では、2000年以降では986件の広大な農耕地買収案件で5,730万ヘクタールの土地売買が実施され、その41%はアフリカでの案件となっている。

アフリカの農耕地売買は、農業生産が進んでいないために非常に土地価格が安いエチオピア並びにスーダン、ジンバブエ、コンゴ共和国、マダガスカルなどの10カ国が大半を占めている。

モザンビークでは3,600万ヘクタールが耕作可能であり、海外投資家はバイオ燃料並びに米の栽培、植林などの大型プロジェクトを計画しているが、モザンビークの2/3の農民は2へクタ-ルの農地を所有しているにすぎない。(2012年6月21日付けヴァロール紙)


 



2019/02/13 » ブラジル国内の製紙・パルプ業界の再編が加速
2019/02/11 » 2018年の輸出の50%は7国際コモディティ商品に依存
2019/01/31 » 2018年のブラジルパルプ生産は2,100万トン突破か
2019/01/15 » Suzano Papel 社によるブラジル製紙業界トップFibria社吸収合併成立
2018/12/17 » 外国人名義の土地所有面積はリオ州に匹敵
2018/12/13 » 世界の食肉貿易に占めるブラジルのシェアが低下
2018/12/12 » 好適な気候で2019年の穀物生産量が記録を更新へ
2018/11/29 » 昨年のブラジルの農畜産物輸出は米中貿易摩擦開始で拡大
2018/10/15 » 2018/2019年の大豆輸出は7,500万トン予想
2018/08/20 » 今後50年間のカリウムの自給自足可能か
2018/08/10 » 米中貿易戦争は大豆派生品輸出で漁夫の利
2018/08/08 » 2027/28年度の穀物生産は3億トン突破予想
2018/07/27 » 過去11年間でフロンティア農業は4.0%増加
2018/06/04 » トラック運転手の国道封鎖による抗議デモはパルプ価格引上げか
2018/05/24 » 「Shoyo作戦」と命名された違法森林伐採でトレーディング5社が罰金
2018/05/23 » 短繊維パルプが今年3回目の値上げか
2018/05/15 » ブラジル国内での淡水魚養殖が急増
2018/05/14 » インドネシア資本APRIL社はパルプメーカーLwarcel社買収交渉
2018/05/02 » ブラジルの今年の砂糖生産はインドに追い抜かれる可能性
2018/04/18 » 今年初め第1四半期の大豆輸出は北部港湾拡大

バックナンバー »