Câmara do Japão
Português
検索: OK
(570)

バックナンバー

検索期間を指定してください: OK
サンパウロ−リオ間に弾丸列車運行か 2007/06/11

 以前に何回も話題になっては消えたが、サンパウロ−リオ間の弾丸列車運行計画が、継続する航空危機で表面化してきており、特にジルマ・ローセフ官房長官が計画に興味を示している。

 弾丸列車の定員は855人で、サンパウロ市のルース駅とリオ市のブラジル中央駅を1時間25分で結び、価格は60ドル相当の118レアルで、投資総額は90億ドルが見込まれている。

 総延長距離403キロメートルの工事入札にはイタリア、日本並びに韓国企業が参加すると見込まれており、国立再生可能天然資源・環境院(Ibama)の環境ライセンス獲得の見通しもついており、入札は年内までに実施されて、工事開始は2008年が計画されているが、90年代に開始されたグルメ列車の再開が昨年話題になっていた。(10日付けエスタード紙)



2008/01/18 » 昨年の税収は6,020億レアルで記録更新
2008/01/04 » 外貨準備高は1,814億ドルに達した
2008/01/04 » 5年間で99.5%のレアル高
2007/12/28 » 国際経済不安よりも国内インフレを懸念
2007/12/28 » サンパウロ証券取引所の出来高は1兆レアル突破
2007/12/28 » 企業などは小切手税から開放される
2007/12/27 » クレジット総額はGDP比36%まで増加
2007/12/27 » ブラジルの製鉄会社が国際化を果敢に進める
2007/12/26 » イタウー銀行はBBVA銀行のプライベートバンキング買収
2007/12/26 » BRICsのIPOは39%を占める
2007/12/26 » 11月は海外投資金の流出が流入を上回った
2007/12/21 » 11月の失業率は8.2%まで低下
2007/12/21 » 今年の企業M&Aは677件
2007/12/20 » 2008年の経常収支は35億ドルの赤字予想
2007/12/20 » サンパウロ市のGDPのブラジルの12.26%を占める
2007/12/19 » 11月の社会保障院の赤字は減少
2007/12/19 » 購買力平価でブラジルは世界6位
2007/12/14 » CPMF延長停止で金融市場が荒れた
2007/12/14 » 通貨政策委員会議事録ではSelic金利を維持
2007/12/14 » 食料品業界は設備投資に追われる

バックナンバー »