Câmara do Japão
Português
検索: OK
(570)

バックナンバー

検索期間を指定してください: OK
クレジット総額はGDP比36%まで増加 2007/12/27

政策誘導金利の低下、好調な国内景気や過熱したクリスマス商戦の消費に支えられて、年末のクレジット残高はGDP比36%に相当する1兆レアルに達して、1995年のレアルプラン以来の記録を更新すると予想されている。

11月のクレジット残高は9,090億レアルであったが、12月初めの11日間ですでに3%も上昇、年末までには1兆レアルのクレジット残高が予想されている。

今年のクレジット部門の伸びは、個人向けクレジットが前年同期比を31.3%上回って牽引、特に住宅ローンは70.3%、金利の安い年金・恩給口座天引き型ローン残高は、32.8%増加の639億レアルとそれぞれ大幅に増加している。

また11月の自動車購入ローン残高は、前年同月比25.3%増加の795億レアル、クレジットカードのクレジット残高は31.2%増加の176億レアル、昨年末の一般消費者向け金利は52.1%であったが、11月は44.8%まで低下して、レアルプラン以降では最低金利となっている。(27日付けエスタード紙)



2008/01/18 » 昨年の税収は6,020億レアルで記録更新
2008/01/04 » 外貨準備高は1,814億ドルに達した
2008/01/04 » 5年間で99.5%のレアル高
2007/12/28 » 国際経済不安よりも国内インフレを懸念
2007/12/28 » サンパウロ証券取引所の出来高は1兆レアル突破
2007/12/28 » 企業などは小切手税から開放される
2007/12/27 » クレジット総額はGDP比36%まで増加
2007/12/27 » ブラジルの製鉄会社が国際化を果敢に進める
2007/12/26 » イタウー銀行はBBVA銀行のプライベートバンキング買収
2007/12/26 » BRICsのIPOは39%を占める
2007/12/26 » 11月は海外投資金の流出が流入を上回った
2007/12/21 » 11月の失業率は8.2%まで低下
2007/12/21 » 今年の企業M&Aは677件
2007/12/20 » 2008年の経常収支は35億ドルの赤字予想
2007/12/20 » サンパウロ市のGDPのブラジルの12.26%を占める
2007/12/19 » 11月の社会保障院の赤字は減少
2007/12/19 » 購買力平価でブラジルは世界6位
2007/12/14 » CPMF延長停止で金融市場が荒れた
2007/12/14 » 通貨政策委員会議事録ではSelic金利を維持
2007/12/14 » 食料品業界は設備投資に追われる

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

【会議所 トピックス】
 

Pdf2019/2020年度 理事・監事 選挙結果(10月19日)

 

【サービス貿易に関するアンケート調査】

こちらから回答へご協力をお願い致します。

 

中南米ビジネスセミナー資料(10月9日)

Pdf「コロンビア最新経済・ビジネス概況」

Pdf「チリ最新経済・ビジネス概況」

Pdf「アルゼンチン最新経済・ビジネス概況」

Pdf「メキシコ最新経済・ビジネス概況」

Pdf「ペルー最新経済・ビジネス概況」

 

Pdfブラジル個人情報保護法  (日伯法律委員会 ( 藏掛忠明委員長)主催の「ブラジル個人情報保護法の概要セミナー」2018年9月11日)

Pdf『ブラジル労働改正法』セミナー (企業経営・地場企業推進委員会(鈴木ワグネル委員長)主催の2018年9月4日)

Pdf新移民法セミナー発表資料掲載(7月31日)

 

「ブラジル労働法のポイント」
(表紙クリックで内容表示)

 

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー