Câmara do Japão
Português
検索: OK
(350)

会議所&関連ニュース

検索期間を指定してください: OK
南米(ペルー・ベネズエラ)セミナーに56人が参加して開催 2012/03/02

ジェトロ・サンパウロ事務所(澤田吉啓所長)並びにコンサルタント部会(都築慎一部会長)、企画戦略委員会(澤田吉啓委員長)共催の南米(ペルー・ベネズエラ)セミナーが、2012年3月2日午後2時から4時過ぎまで、会場一杯の56人が参加して開催、ジェトロ・リマ(ペルー)の石田達也所長、 ジェトロ・カラカス(ベネズエラ)の森下卓哉所長がそれぞれ講演を行った。

初めに、昨年に続いて2年連続の講演となる石田達也所長は、南米セミナーのペルー編として、欧州危機並びにウマラ政権の評価、内需の拡大の3つのキーワードでこれまでの1年間を振り返り、今後の展望を説明すると前置き。欧州危機はペルー経済への影響が少なく、今年のGDP伸び率は昨年の6.9%から減少するが、好調な内需で5.5%が見込まれる。

リマのインターネット普及率は30.3%、リマ以外では、16.4%と今後の普及が見込まれており、一般消費者向けクレジットは、GDP比3.0%とチリのGDP比19%と比較して非常に小さい。また屋根のない家から屋根付きの家やアパートの購入が拡大してきており、住宅向けクレジットも必要で伸びているために、バブルではないと説明した。石田達也所長は、今年のペルーの展望をツイッター流で説明すると、「欧州危機の影響は限定的で、ウマラ政権発足後も政策の方向性に変化は見られず、内需の拡大により2012年に5.5%程度の成長率が見込まれる」と述べた。

ウマラ大統領の名前であるオジャンタは、ケチュワ語で、「インカの兵士」を意味する。ウマラ政権の大統領選挙時の公約として、経済成長と貧困撲滅をスローガンにして当選したが、選挙時には、ウマラ政権に対する4つの不安があった。そのひとつである鉱業税制に関しては、大統領就任後に、業界と水面下で相談してうまく調整。貧困対策に関しては、条件を制限してガルシア前政権よりうまく実行。憲法改正に関しては、国内の大きな問題解決を優先するために、実施する意向はない。貿易・投資に関しては、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉への積極的な参加、今年3月1日の日本とのEPA協定の発効や5月のウマラ大統領の訪日などが予定されており、産業界ではウマワ政権を高く評価している。

1990年に政治的には無名の農業経済学者アルベルト・フジモリが新党「カンビオ(変革)90」を基盤に立候補し、フジモリ現象と呼ばれるほど急激に支持者を増やして、伝統的な白人支配層の推薦する著名作家バルガス・リョサを破り、初の日系人大統領となった。中産階級や貧しい先住民のための政治を掲げて、教育や経済危機の克服に力を入れ、極端だったインフレを克服し、極左ゲリラ鎮圧にも成功したため、ペルーでは、「1990年」と言う言葉がよく話しに登場するが、これはフジモリ大統領の代名詞であると付けくわえた。

また石田所長は以下エピソードを紹介した。「小さな初めて物語がビジネスにつながる」として、アディダス主催で、初めてマラソン大会を開催、初めの年は600人が参加、次の年は800人、昨年は、1100人と少しずつランナーが増えてきている。日本では売っていないような低価格の靴やスポーツ用品の販売が増加してきている。ペルーの自動車所有は、金持ちクラスだけであるにも関わらず、初めてアパートを購入する中間層は、自動車を所有していないが、将来的に所有すると見込んで、駐車場付きのアパートを購入している。初めて電気のある家に住む。初めて水道のある家に住む。初めてシャンプーを使う。しかし小袋入りのシャンプーが安く感じられるのでよく売れる。また過去5年間では、トイレットペーパーの販売が3倍増加した。また初めて銀行に口座を持ったなど初めての購入などで一般消費が伸びて、内需が旺盛なために、今年のGDPは5.5%と着実に上昇すると結んだ。

ジェトロ・カラカス(ベネズエラ)の森下卓哉所長は、「ベネズエラの2012年政治経済見通し」をテーマに、今年の大統領選挙や州知事選のスケジュールは、チャベス大統領の病状次第で変わる可能性があり、現状に疲弊している国民は変化を期待していると述べた。大統領選における野党連合候補の予備選挙で、有効票の64%を獲得して圧勝した39歳のエンリケ・カプリレス・ラドンスキ・ミランダ州知事は、第4共和政時代への逆戻りを想起させない若い人物 と評価されていると説明した。

カプリレス候補は大統領候補として、政治的思想や社会階級に関係なく、全ての国民の社会統合を目指す「君も進歩のバスに乗ろうよ」をスローガンにしており、一方、チャベス現大統領は、「21世紀型社会主義」をスローガンにしている。カプリレス候補は、為替管理制度に関して、徐々に解体、最終的には完全廃止、投資では民間企業による投資促進を掲げているが、一方のチャベス大統領は、為替管理制度に関して、現政権の経済・金融政策における根柢の制度であるために継続、また投資では、農地や企業の接収・国有化の強化を掲げている。

輸出総額に占める石油関連輸出は、チャベス大統領就任前の1998年は66.8%、現在は95.2%と26.4ポイント増加して、原油価格・輸出量の変動に影響をより受けやすい経済構造になっている。 カプリレス候補が大統領に当選すれば、石油部門のシナリオは、PDVSAの本業への専念、非政治化 、接収・国有化の中止、民間企業の参加促進 、石油依存度の低減、外交カードとしての石油の利用の中止などを実施して、石油産業の回復を図る。

チャベス大統領が再選されれば、国が過半数以上のプロジェクトを握るために開発の遅延 、PDVSAの非本来業務への従事、社会開発プロジェクトへの供出継続、中国、ベラルーシなどの"友好国"との共同プロジェクトの推進や外交カードとしての利用など、大幅な生産量増加は見込めない。

原油価格の高止まりにも関わらず、 外貨準備が増えない原因の1つとして、適正水準を超えた部分は、国家開発基金(FONDEN)へ移転させていることがある。 「物価統制」では2003年2月より基礎食料品、一部の医薬品・トイレタリー製品などに適用しているために、生産コストが販売統制価格を上回る場合も多く、悪循環に陥っている。物価統制の対象品目の価格調整が遅れて、モノ不足は悪化傾向にあり、国産品の方が値上がり が激しいので、「物価統制はインフレを 抑えるため」という当初の 目的を全く果たしていない。

自動車部門では、2008年1月から導入された「新自動車政策(輸入ライセンス制導入等)」により、輸入が激減 、またノックダウン部品の輸入許可の発行遅れや外貨の発行遅れ、電力不足、労働争議などにより、国内での製造にも影響 を与えており、国内組み立て会社7社の生産能力合計は、年25万4,000台に対し、2011年の生産台数は、10万2,000台と生産能力の半分以下の需要はあるにもかかわらず、政府の政策により供給が減少している。新車の供給が追い付かないため、 中古車が日本ではあり得ない価格まで高騰して、新車より中古車の方が高い"逆転現象"も発生している。

カプリレス候補が大統領に当選すれば、製造業部門は、接収・国有化中止や投資の保護、投資環境の改善で投資の拡大 、国内生産の奨励よる輸入依存度の低減 、為替管理の段階的な廃止による外貨問題の減少などで製造業の復興となる。 チャベス大統領が再選されれば、為替管理の継続、接収・国有化継続、民間企業のさらなる締め付け
による製造業の衰退、労働者のさらなる過保護で企業にとって、負担増加で製造業にとっては、さらに厳しい状況に 陥ると説明した。

今年は大統領選挙の年であるために、政府支出は、実質で20%増加すると予想されており、インフレ指数を上回る最低サラリーや公務員サラリーの調整、補助金やミッションの強化などが予想されているが、チャベス大統領の評価は、ミッション以外はマイナス評価となっている。チャベス大統領の病状が悪化すれば、メディアに頼らざるを得ない選挙キャンペーンやカリスマ性の十分な発揮が困難となるが、特に熱烈な支持者が多い低所得者層に対しては、同情票効果になると説明した。

南米セミナーのペルー編 ジェトロ・リマ(ペルー)の石田達也所長

ベネズエラの2012年政治経済見通し ジェトロ・カラカス(ベネズエラ)の森下卓哉所長

左からジェトロサンパウロセンターの原宏次長/ジェトロ・リマ(ペルー)の石田達也所長/都築慎一コンサルタント部会長/ジェトロ・カラカス(ベネズエラ)の森下卓哉所長/ジェトロサンパウロセンターの紀井 寿雄調査担当ディレクター(Foto: Rubens Ito/CCIJB)

56人が参加して開催されたセミナーの様子



2018/08/14 » 24人が参加して部会長シンポジウム発表資料作成で自動車部会開催
2018/08/13 » 2018年下期業種別部会長シンポジウム案内で邦字新聞社2社訪問
2018/08/09 » 8月の法律委員会月例会に57人が参加して開催
2018/08/09 » 19人が参加して運輸サービス部会開催
2018/08/08 » 14人が参加して部会長シンポ発表資料作成で電気電子部会開催
2018/08/08 » 日メルコスールEPA準備タスクフォースWG会合を実施
2018/08/07 » 8人が参加して環境委員会開催
2018/08/07 » 2018年第2四半期の業務・会計監査実施
2018/08/03 » 部会長シンポジウム発表資料作成でコンサルタント部会開催
2018/08/02 » 10人が参加して建設不動産部会開催
2018/08/02 » FIESP国際通商部(DEREX)のZanotto理事と意見交換
2018/08/01 » 業種別部会長シンポジウム発表資料作成で貿易部会開催
2018/07/31 » 日系主要5団体会合に安田副会頭が出席
2018/07/31 » 日系主要5団体会合に安田副会頭が出席
2018/07/31 » 新移民法セミナーに55人が参加して開催
2018/07/31 » 労働ワーキンググループ会合開催
2018/07/27 » 2021年版現代ブラジル事典出版構想会議
2018/07/27 » 今年2回目の金融部会開催
2018/07/26 » 化学品部会で日メルコスールEPAに関する意見交換を実施
2018/07/26 » ラテンアメリカ協会、日本ブラジル中央協会を訪問

バックナンバー »