Câmara do Japão
Português
検索: OK
(350)

会議所&関連ニュース

検索期間を指定してください: OK
ブラジル・リチウムセミナーに大きな関心を寄せる38人が参加して開催 2011/07/07

企画戦略委員会(澤田吉啓委員長)主催のブラジル・リチウムセミナーが2011年7月7日午後2時から5時まで大きな関心を寄せる38人が参加して開催、テーマは「ブラジルにおけるリチウム戦略」について、鉱山動力省、開発商工省や電気自動車開発会社などから講師6人が参加して、熱心にブラジルのリチウム開発、戦略やポテンシャルについて聞き入っていた。

澤田吉啓委員長が進行役を務め、初めに商工開発省投資部門のエドアルド・セリーノ・ジェネラルコ-ジネーターが鉱山動力省と提携して「投資向け国家情報ネットワーク(RENAI)」を構築中で、リチウムバッテリー、電気自動車や最先端テクノロジーでは世界トップの日本にとってリチウム供給先確保が死活問題であるために、ブラジルは日本企業にとって大きなビジネスチャンスとなり、また参加者の要望などを制度改善に反映させたいと挨拶、またRENAIの設立の目的として情報提供、外資投資奨励やプロモーション、ウエブサイトでは投資のデーターベースの提供や国際セミナープロモーションなどについて説明した。

鉱山動力省鉱物産局のジョアン・セザール・ピニェイロ局長は「ブラジルにおけるリチウム生産工業」について、世界のリチウム埋蔵量は1060万トン、ボリビアのウユニ塩湖湖畔は、世界の51%に相当する540万トン、チリはアントファガスタ州東部にあるアタカマ塩湖で28%、現在の生産量では世界1位、中国は10%、ブラジルは僅かに0.57%であるが、国内の需要がほとんどないために、正確な埋蔵量は未確認となっている。

ブラジルでのリチウム生産はミナス州のアラスアイ鉱山並びにイチンガ鉱山、セアラー州のキシェラモビン鉱山やソロノポーレ鉱山で生産を行っており、リチウム鉱には色々な成分の有用な鉱物が含まれているために、色々な用途があって全て活用できると説明、各鉱山の含有量の多い鉱物について説明、またリチウム鉱の用途として躁うつ病向け医薬品,還元剤、研磨剤、バッテリー、自動車、セルラーやパソコンなど多種多様で最先端テクノロジーには欠かせない重要な戦略物資でもあると説明した。

サンタ・カタリーナ・エストレーモ・スール大学のアジルソン・オリベイラ氏は「リチウム技術開発ネットワークのプラットフォーム」について、世界のエネルギー源の動向、持続的成長するためのコンパス、リチウムの用途、ミナス並びにセアラー州でのリチウム生産、将来の南部地域でのリチウム製品の製造、日本企業のネットワーク参加を呼び掛けた。

鉱物テクノロジーセンター(CETEM)のシルヴィア・フランサ女史は「EVマーケットのリチウム電池生産技術とチャレンジ」についてブラジルのリチウム工業の歴史、工業政策や生産の推移、国内でのリチウム鉱の開発の必要性、ブラジルのポテンシャルとして世界3位のセラミック生産並びに消費は2位、ガラス生産は世界の3%、自動車販売4位、電気自動車の開発などについて説明した。

セアラー州のGFコンサルティング社のグロリア・フレイタス取締役は同社のミッション、リチウムバッテリー生産や電気自動車の事業化、輸出入規制や不整備な政策などについて説明した。

4GVE社のフェルナンド・カストロテンアルヴェス共営者は「電気自動車試作品のブラジル技術蓄積」について2020年の国内の自動車生産に占める電気自動車生産の比率、先住民の言語で"電気ウナギ"を意味する「Paraquêプロジェクト」について説明した。

「投資向け国家情報ネットワーク(RENAI)」商工開発省投資部門のエドアルド・セリーノ・ジェネラルコ-ジネーター

ブラジルにおけるリチウム生産工業」鉱山動力省鉱物産局のジョアン・セザール・ピニェイロ局長

「リチウム技術開発ネットワークのプラットフォーム」サンタ・カタリーナ・エストレーモ・スール大学のアジルソン・オリベイラ氏

「EVマーケットのリチウム電池生産技術とチャレンジ」鉱物テクノロジーセンター(CETEM)のシルヴィア・フランサ女史

「電気自動車試作品のブラジル技術蓄積」4GVE社のフェルナンド・カストロテンアルヴェス共営者

参加者は熱心に講演に聞き入っていた(fotos Rubens Ito/CCIBJ)

講演会の様子

左からGlória Freitas (GF Consultoria), João César Pinheiro (DNPM), Sívia França (CETEM), Adilson Oliveira e Michael Peterson (UNESC) e Fernando Castro Alves (4GVE). 前列左からEduardo Celino (RENAI/MDIC) e 企画戦略委員会の澤田吉啓委員長



2019/09/19 » 58人が参加して9月の労働問題研究会開催
2019/09/18 » 異業種交流委員会の長野昌幸委員長と意見交換
2019/09/17 » 希望者殺到で2分割でアルゼンチン最新情勢セミナー開催
2019/09/11 » 53人が参加して9月の法律委員会月例会開催
2019/09/11 » 国家輸出加工区審議会(CZPE)のThaise局長 を表敬訪問
2019/09/11 » 経済省マルコス次官と会合
2019/09/10 » 第2回環境委員会開催
2019/09/06 » 労働ワーキンググループ会合開催
2019/09/05 » São Paulo Negóciosとの会合に参加
2019/08/31 » 第53回カマラゴルフ開催
2019/08/30 » 課税・通関WG会合開催
2019/08/29 » 課税・通関WG主催の「間接税の基礎」セミナー開催
2019/08/29 » 吉田中南米局長と意見交換
2019/08/27 » 渉外広報委員会開催
2019/08/26 » 「第4回日伯農業・食料対話」開催
2019/08/26 » 吉田眞人 総務省情報流通行政局長との意見交換会開催
2019/08/25 » 𠮷川農林水産省大臣と意見交換
2019/08/22 » 2019年下期の業種別部会長シンポジュームは150人が参加して盛大に開催
2019/08/22 » インフラワーキンググループ会合開催
2019/08/21 » 文協主催のソサエティ5.0講演会

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

【会議所 トピックス】

Pdf「アルゼンチン大統領選挙直前の現地最新情勢について」ジェトロ・ブエノスアイレス事務所の紀井寿雄所長(2019年9月17日/18日)
 

Pdf「間接税の基礎」セミナー 課税・通関WGメンバーの安岡正哉氏(2019年8月29日)

 

2019年下期業種別部会長シンポジウム発表資料(2019年8月22日)

Pdf  金融部会    津田 双羅
   Pdf  金融部会 フェルナンド・オノラット・バルボーザ
Pdf  貿易部会    猪股 淳
Pdf  機械金属部会    山田 佳宏
Pdf 自動車部会    下村 セルソ
Pdf コンサルタント部会     吉田 幸司

Pdf  化学品部会     村松 正美
Pdf  電機・情報通信部会    小渕 洋
Pdf  食品部会     佐々木 達哉
Pdf  運輸サービス部会     湯原 慶
Pdf  生活産業部会     今川 尚彦

電機・情報通信部会(髙田正純部会長)主催のICTセミナー(2019年8月15日)

Pdf「ゼロトラスト時代のアカウンタビリティ~サイバーリスクへの対策強化に向けて」NTTコミュニケーションズ株式会社経営企画部マネージドセキュリティサービス推進室の竹内文孝室長

Pdf「IT資産集約型からクラウド活用への現状とセキュリティ課題」パロアルトネットワークス株式会社の藤生昌也シニアビジネスデベロップメントコンサルタント

労働ワーキンググループ主催セミナー(2019年7月23日)

Pdf「転換するブラジルの社会福祉 -右派・保守、イデオロギー色の強いボルソナロ政権-」ジェトロ・アジア経済研究所の海外調査員(サンパウロ大学客員教授)の近田亮平氏

パラグアイセミナー(2019年6月7日)

Pdf「パラグアイの地理的ポテンシャル」在パラグアイ日本国大使館の石田直裕特命全権大使

Pdf「チャンスの国パラグアイ」REDEIEXのSebastian Bogaddo氏、

Pdf「パラグアイの進出方法」ジェトロ中小企業海外展開現地支援プラットフォームの石田ミゲル コーディネーター

Pdf第一回イノベーション研究会によるアンケート結果
 

Pdf「法人所得税の損金算入」セミナーPDF吉田幸司グループ長
 

Pdf労働ワーキンググループセミナー「労働組合と労使交渉」PDF資料

 

Pdf最新版 サンパウロ市役所民営化案件リスト(2019年1月)

「ブラジル労働法のポイント」
(表紙クリックで内容表示)

Pdfブラジルのポテンシャル

(麻生元総理との意見交換会)

 

→ バックナンバー

Pdfブラジル概要資料