Câmara do Japão
Português
検索: OK
(350)

会議所&関連ニュース

検索期間を指定してください: OK
コンサルタント部会主催のセミナー「有限会社法の疑問点」に会場一杯の62人が参加 2011/05/18

コンサルタント部会(都築慎一部会長)主催のセミナー「有限会社法の疑問点」が2011年5月18日午後4時から6時まで会議所の大会議室一杯になる62人が参加して開催、講師は同部会の副部会長の押切フラヴィオ弁護士が務めた。

押切弁護士は今回のセミナー開催はブラジルブームで日本からの進出企業が増加している現状を踏まえて企画、理論的な講義ではなく判例を用いた具体的な例をあげて説明すると前置きして、有限会社法は2002年の民法改正で民法に織り込まれているが、旧民法は1916年、商法は徳川時代の1850年にそれぞれ制定、ブラジルの労働法は、ゼツリオ・バルガス政権時代の1943年に、ファッシズムのムッソ リーニ時代のイタリアの労働法を真似て作成され、その後60年近くになるが何の改正もされてはいない。

しかも休暇や時間外手当などのこまごましたことまで、すべて法律で決められており、それに違反すれば企業は罰則を課され、そのためいろいろな障害になっており、ブラジルコストの大きな原因になっていると説明した。

1976年の株式会社法、出資者や役員の責任と義務では出資者の有限会社法における連帯責任範囲、法人としての権利乱用や法人と個人資産の混同の場合の民法の解釈、不当解散、民事訴訟法の強制取立ての優先権、出資者の役員へ就任、租税法の責任、出資者役員の個人の責任や連帯責任、出資者でない役員(ADMINISTRADOR)の職務の執行に、法律や定款の違反又は職権乱用の場合、民事,租税や労働債務に対する連帯責任の有無などについて判例を挙げて説明、質疑応答では判決例を示してテキパキと回答、大きな拍手が送られて有意義なセミナーは終了した。

「有限会社法の疑問点」(コンサルタント部会セミナー 押切フラヴィオ弁護士 2011年5月18日)

「有限会社法の疑問点」に関する資料

講演中の押切フラヴィオ弁護士

左からコンサルタント部会の澤田吉啓副部会長(ジェトロ)/講師で副部会長の押切フラヴィオ弁護士/都築慎一部会長

 

講演者の話に熱心に聞き入る参加者

会場一杯の62人が参加したセミナー



2018/12/10 » ダイソーブラジル大野恵介社長講演会開催
2018/12/06 » 古河電気工業株式会社社長レセプションに平田事務局長が参加
2018/12/06 » 平成30年秋の叙勲伝達・祝賀式典に出席
2018/12/05 » 天皇誕生日祝賀会
2018/12/04 » ノウハウが凝縮された「ブラジル通関入門 – 輸入取引」セミナー開催
2018/12/04 » 課税・通関WGが会合を開催
2018/12/03 » 第4回日本・ブラジル医療分野規制に関するセミナー開催
2018/11/30 » 大前経団連企画部会長と意見交換を実施
2018/11/29 » アスー港見学会開催
2018/11/27 » メディカル分科会開催
2018/11/27 » 60人以上が参加して企業経営・地場企業推進委員会主催の日本語セミナー開催
2018/11/26 » 第6回中南米知財セミナー開催
2018/11/24 » 第50回カマラゴルフ会開催
2018/11/23 » メディカル分科会が、ANVISAとINMETRO合同の技術会議に参加
2018/11/23 » 西森ルイス連邦下院議員をゲストに11月の懇親昼食会開催
2018/11/22 » ブラジル投資セミナーに70人が参加して開催
2018/11/22 » 11月の労働問題研究会に45人が参加して開催
2018/11/21 » 省エネルギーパートナーシップ-EMAK第9回会合が開催
2018/11/12 » 企業による駐在員・家族の安全対策について会合開催
2018/11/10 » メディカル分科会は第2回日系病院連携協議会に参加

バックナンバー »