Câmara do Japão
Português
検索: OK
(350)

会議所&関連ニュース

検索期間を指定してください: OK
アメリカ会議所でミゲル・ジョージ商工大臣が講演 2009/04/13

4月13日、アメリカ商工会議所において2009年の自動車工業界の展望と題しミゲル商工大臣が基調講演を行った。同大臣は講演の最初、ブラジルは他の先進国に比べ自動車保有台数が7.3人に1台の割合(米国1.2人、日本1.7人、ドイツ1.9人)と極めて低く、これから成長性が見込める有望な市場と位置づけた。

25の自動車メーカーが犇き主要州における49工場で生産を展開、その規模は米国、中国、日本、ロシア、ドイツに次ぐ世界第6位の生産国であると強調。 2007年度の統計を引用、組立て部門12万3百人、部品21万7千人、デーラーなど間接分野を含む全体では130万人の雇用を維持、自動車業界のGDPに占める割合は5.4%、鉱工業の分野だけをとれば22.1%に及ぶ基幹 産業として成長、その重要性を説いた。

金融危機によるクレジット収縮に対し連邦政府主導の拙速な対応策(特定車種のIPI減免、諸種の クレジット流動性緩和措置など)が功を奏し、今年の第1四半期は前年同期に比べ世界が大幅な販売減に陥っている最中、(米国:▲25.8%、中 国:▲2.4%、日本:▲19.1%、ロシア:▲17.4%、ドイツ:▲7.9%)ブラジルのみ+3.7%を記録した事を誇りとした。超近代的な工場建設 に7億ドル規模の投資を計画、整地を始めている一部の企業もある事を示唆、展望は明るいと言及した。

この後、ブラジル・南米フォード社 長のマルコス氏、フォルクスワーゲン銀行社長のデシオ氏、GMブラジル副社長(元ANFAVEA会長)ジョゼ・カルロス・ピネイロ・ネト氏等も講演、質疑 応答を兼ねるパネラーにミゲル大臣も加わり、自由闊達な討論会となった。アメリカ会議所のトップ、ガブリエル・リコ氏が司会、歓迎の辞、モデレイターの一人三役をこなした。

会議所からは企画戦略委員会(当会議所のGIE委員会は今年3月の定例理事会で企画戦略委員会に統合、分科会或いはワーキング・グループの形で活動する事に決定)委員長代理の古浦泰生氏(ブラジル伊藤忠、企画副マネジャー)と平田事務局長が参加した。

同大臣に会議所定例昼食会における講演をお願いする一方、アメリカ会議所の会頭ルイス・ガブエル・リコ氏には昨年、好評を博したハピーアワー・イベントを今年も又アメリカ会議所と共催、直面する危機克服の情報交換の場としながら、お互い連携促進強化に努める事を確認した。

 

 



2019/02/21 » 2019年上期業種別部会長シンポジウム案内でニッケイ新聞社訪問
2019/02/20 » 45人が参加して2月の労働問題研究会開催
2019/02/18 » 今年2回目の運輸サービス部会開催
2019/02/15 » 自動車部会は部会長シンポジウム発表資料作成で開催
2019/02/14 » 日メルコEPA 大前経団連企画部会長との会合
2019/02/13 » 今年初めてのコンサルタント部会開催
2019/02/13 » 中山俊宏 慶應義塾大学総合政策学部教授を迎えての講演会がジャパンハウスで開催
2019/02/13 » 50人が参加して2月の法律委員会開催
2019/02/12 » 部会長シンポジウム発表資料作成で運輸サービス部会開催
2019/02/12 » メディカル分科会開催
2019/02/11 » 21人が参加して機械金属部会開催
2019/02/09 » 第51回カマラゴルフ会開催
2019/02/08 » 労働ワーキンググループ会合開催
2019/02/07 » 課税・通関WGが会合を開催
2019/02/07 » 課税・通関ワーキング主催の「個人所得税」セミナー開催
2019/02/06 » 食品部会は業種別部会長シンポジウム発表資料作成で意見交換
2019/02/06 » 11人が参加して生活産業部会開催
2019/02/05 » 今年初めての化学品部会に18人が参加して開催
2019/02/05 » 業種別部会長シンポ発表資料作成で電気電子部会開催
2019/02/04 » 15人が参加して貿易部会開催

バックナンバー »