Câmara do Japão
Português
検索: OK
(350)

会議所&関連ニュース

検索期間を指定してください: OK
(You Tube)ブラジルの基本衛生法案と衛生の普遍化セミナー開催 2020/07/23

ブラジルKPMG社は、2020年7月23日午後4時から5時30分までオンラインセミナー「KPMGコネクト:ブラジルの新しい基本衛生法案(法的枠組み)と衛生の普遍化」と題して開催した。

初めにKPMG South America政府関係担当のMauricio Endoリーダーは、「ブラジルにおける上下水道などの基本衛生事業の普遍化の投資」と題して、2033年迄の投資総額7,530億レアル、投資の内訳として、新規投資総額4,980億レアル、浄水事業向けは3,400億レアル、下水事業向け投資は1,010億レアル、現行並びに新規事業向けメンテナンス向け2,550億レアル。ブラジルの浄水設備は人口の84%、下水設備52%、漏水は38%。基本衛生法案の承認までの経緯を説明した。

ブラジルKPMG社電力・公益事業担当のフランチュリ・ジョダス リードパートナーが進行役を担当。初めに地域開発省基礎衛生局のペドロ・マラニョン長官は、6月24日に国会で承認された基本衛生法案PL 4.162/2019の概要、インフレ整備部門で最も投資の遅れている上下水道などの基本衛生部門の早急な投資の必要性などを説明。続いて経済省インフラ整備局のジオゴ・ファリア局長は、6月末に国会で承認された基本衛生法案に対して、2033年迄に計画通りに投資が実施されればブラジルの公衆衛生レベルは早急に向上すると楽観的な見方を示した。

また社会経済開発銀行(BNDES)インフレ・PPP・コンセッション担当のファビオ・アブラハン取締役は、社会経済開発銀行(BNDES)はブラジルの大型インフラ整備事業に豊富な経験を擁しており、準備は整っているが、この基本衛生法案はブラジル国民の基本的な衛生状況向上に不可欠な事業と説明した。

セミナー概要・関連資料 https://home.kpmg/br/pt/home/insights/2020/06/quanto-custa-universalizar-o-saneamento-no-brasil.html

 



2021/01/15 » 村田会頭、担当委員長等と個別面談協議(2021年1月15日)
2021/01/08 » (YOU TUBE)日系団体オンライン新年会開催
2021/01/06 » (Teams) 渉外広報委員会開催
2021/01/05 » (JAM)国際人事交流におけるCOVID-19のインパクト
2020/12/17 » (ZOOM)運輸サービス部会 開催
2020/12/17 » (GoogleMeet)農林水産アタッシェと3回目の意見交換
2020/12/16 » (Zoom) 村田会頭とのポルトガル語によるweb懇親会開催
2020/12/14 » (Teams) ブラジル令和2年度官民合同会議開催
2020/12/09 » (Zoom)Gaia Silva Gaede AdvogadosのWEBセミナー開催
2020/12/09 » (Zoom)「第7回アフターコロナに向けた取組に関する報告会(意見交換会)」開催
2020/12/03 » (Teams) 「第6回フォーラム」開催
2020/12/01 » (Zoom) Pinheiro Neto Advogados 並びに PwC共催Webセミナー開催
2020/12/01 » 平田事務局長、令和2年度外務大臣表彰
2020/11/26 » (Teams) 第5回フォーラム開催
2020/11/20 » (Zoom) 臨時理事会で村田会頭が次期会頭に選出・承認された 
2020/11/18 » (ZOOM)「第6回アフターコロナに向けた取組に関する報告会(意見交換会)」
2020/11/16 » (Teams) 第5回フォーラムに向けた自動車部会開催
2020/11/12 » (Zoom) 日本語での村田会頭とのweb懇親会開催
2020/11/11 » (ZOOM)第5回アフターコロナに向けた取組に関する報告会(意見交換会)
2020/11/09 » (Teams) Safe Harbor OECD ガイドライン準拠への移転価格税制WEBセミナー

バックナンバー »