Câmara do Japão
Português
検索: OK
(350)

会議所&関連ニュース

検索期間を指定してください: OK
外務省の林参事官来聖、EPAについて意見交換 2018/09/08

 9月8日(土)、林禎ニ大臣官房参事官(経済局兼中南米局)と日本の経済連携協定(EPA)の取組状況や日メルコスールEPA協定およびブラジルのビジネス環境等々について意見交換を実施。林参事官は様々な地域との間でEPA交渉に携わった実務経験者である。

 日本はこれまで21カ国・地域と18のEPAが発効、署名済みでEPA相手国との貿易が貿易総額に占める割合は51.6%で交渉中の34.2%を加えると85.8%に達する。しかし米国を除くTPP11の場合、51.6%から36.5%に下がり、米国の39%、EUの36.2%と比較すれば見劣りはないものの韓国の68.2%には及ばない。日本政府では『未来投資戦略2018』では今年末までにFTA比率を70%に引き上げる事を政策目標として掲げているものの、その年内実現は難しい状況下にある。

 日本の貿易総額に占める国・地域の貿易額の割合は1位の中国21.7%に続きアセアン15.2%、米国15.1%、EU11.3%の順。日本にとって残された最後のメガEPAとされるメルコスールは米国からのFTAプレッシャー如何に掛かってくるのは想像に難くなく、先般7月の経産省(METI) /ブラジル開発商工省(MDIC)主催の貿投委でも憂慮された点である。

 しかし一方で、現政権の中南米外交政策、11月末アルゼンチンで開催されるG20首脳会議のモメンタムを逸せば日本の国益を損ないかけない状況がある。日メルコスールEPA が韓国や中国に劣後した際には取り返しがつかなくなる、『今やらねばいつできる?』今こそ政治決断のリーダーシップが問われている、など非常に多岐に亘る忌憚のない議論が行われた。

  意見交換には野口泰 在サンパウロ日本国総領事、上田基仙 経済担当領事、会議所から土屋信司 日伯経済交流促進委員長、芦刈宏司 日伯経済交流促進副委員長/日メルコEPA準備タスクフォースWG、また事務局から平田藤義事務局長が参加した。



2019/01/22 » 第7回中南米知財セミナー開催
2019/01/18 » 2019年度新年会に160人が参加して開催
2019/01/17 » インフラワーキンググループ会合開催
2019/01/17 » 経済産業省柴田裕憲大臣官房審議官が来聖、土屋会頭と意見交換
2019/01/11 » 建設不動産部会と繊維部会代表が意見交換
2019/01/10 » 日メルコEPA準備タスクフォースWG会合を実施
2019/01/09 » 佐藤正久外務副大臣が来聖、会議所幹部等と意見交換
2019/01/04 » 日系主要5団体が総領事館と共催で新年祝賀会を開催
2018/12/17 » 平川広之渉外広報委員長(専任理事:ブラジル・トヨタ)の帰国壮行会
2018/12/14 » 日伯医療協力プロジェクト閉会セレモニー
2018/12/13 » 230人が参加して来年に向けての英気を養う忘年会開催
2018/12/13 » 平成30年度官民合同会議に出席
2018/12/12 » 松永会頭がバロン・デ・マウア勲章を綬章
2018/12/10 » ダイソーブラジル大野恵介社長講演会開催
2018/12/06 » 古河電気工業株式会社社長レセプションに平田事務局長が参加
2018/12/06 » 平成30年秋の叙勲伝達・祝賀式典に出席
2018/12/05 » 天皇誕生日祝賀会
2018/12/04 » ノウハウが凝縮された「ブラジル通関入門 – 輸入取引」セミナー開催
2018/12/04 » 課税・通関WGが会合を開催
2018/12/03 » 第4回日本・ブラジル医療分野規制に関するセミナー開催

バックナンバー »