Câmara do Japão
Português
検索: OK
(350)

会議所&関連ニュース

検索期間を指定してください: OK
ウルグアイ政府の観光産業振興政策 2018/04/02

ウルグアイのベンジャミン・リベロッフ(Benjamín Liberof)観光省副大臣が来伯、同国の観光産業振興策についてブラジル在住の日本人、日系人をターゲットに精力的に意見交換を行っている。

2日夜、SP市内のウルグアイ人が経営するレストランに日本および日系のマスコミ報道関係者を招待、サンパウロ市内から空路2時間の距離に位置、メルコスール(南米共同市場)の臍として機能するモンテビデオ空港およびプンタデルレステ観光地を紹介、参加者からブレーン・ストーミング(BS)を通じ忌憚のないアイデアなど懇談を行った。

この懇談会にはベンジャミン副大臣以外に在サンパウロ・ウルグアイ総領事館のFlavia Pisano総領事、Melissa Rosano首席領事、観光省広報局担当官のMaríella Volppe 等が出席した。(フラヴィア総領事やメリッサ首席領事は昨年、当所の7月昼食会に同国の経済財務省のパブロ(Pablo Ferreri)事務次官と伴に参加)

昨年、平田事務局長はベンジャミン氏が観光省の副大臣として、会議所訪問を受けた事があり、今回も日伯間において不可欠となっている観光ビザのフリー化について意見交換を行った。日本からのブラジルへの観光客の延長線上にウルグアイ観光がある事も強調、相乗効果が期待できる筋書き案が背景にある。

ブラジル周辺7か国(ウルグアイ、パラグアイ、アルゼンチン、チリ、ペルー、コロンビア、ヴェネズエラ)に限らず、韓国・ブラジル間がビザフリーなのに対し、日伯外交関係樹立120年余、さらに移民110周年を経た今なお、日伯間においてはビザがフリーに至ってない現実を直視、「人、物、金」が動く日メルコスールEPA(経済連携)協定の中に、やがて組み込まれるであろうビザ問題を採り上げ、ウルグアイ政府の支援・協力をお願いした。

Fotos: Fernanda Bertin



2018/12/06 » 古河電気工業株式会社社長レセプションに平田事務局長が参加
2018/12/06 » 平成30年秋の叙勲伝達・祝賀式典に出席
2018/12/05 » 天皇誕生日祝賀会
2018/12/04 » ノウハウが凝縮された「ブラジル通関入門 – 輸入取引」セミナー開催
2018/12/04 » 課税・通関WGが会合を開催
2018/11/30 » 大前経団連企画部会長と意見交換を実施
2018/11/29 » アスー港見学会開催
2018/11/27 » メディカル分科会開催
2018/11/27 » 60人以上が参加して企業経営・地場企業推進委員会主催の日本語セミナー開催
2018/11/26 » 第6回中南米知財セミナー開催
2018/11/24 » 第50回カマラゴルフ会開催
2018/11/23 » メディカル分科会が、ANVISAとINMETRO合同の技術会議に参加
2018/11/23 » 西森ルイス連邦下院議員をゲストに11月の懇親昼食会開催
2018/11/22 » ブラジル投資セミナーに70人が参加して開催
2018/11/22 » 11月の労働問題研究会に45人が参加して開催
2018/11/21 » 省エネルギーパートナーシップ-EMAK第9回会合が開催
2018/11/12 » 企業による駐在員・家族の安全対策について会合開催
2018/11/10 » メディカル分科会は第2回日系病院連携協議会に参加
2018/11/08 » 60人が参加して11月の法律委員会開催
2018/11/07 » メルコ域内の輸出基地、変貌するパラグアイの今

バックナンバー »