Câmara do Japão
Português
検索: OK
(350)

会議所&関連ニュース

検索期間を指定してください: OK
「自動車裾野産業協力・日伯ネットワーキングイベント開催 2018/02/28

ジェトロサンパウロ事務所は、ブラジル輸出投資振興局(APEX)及びブラジル自動車部品工業会(Sindipecas)の協力を得て2018年2月28日に「自動車裾野産業協力・日伯ネットワーキングイベント」をブラジル自動車部品工業会本社にて開催、商工会議所から政策対話委員会の吉田章則調査員が参加した。

ミニセミナーでは、ジェトロサンパウロの大久保所長、APEXのマルシア・デジャイン氏、Sindipecasのエリアス・ムファレッジ氏がそれぞれ挨拶を行なった。はじめに大久保所長は、ジェトロの概要やジェトロが行なっている自動車部品産業支援活動を説明、APEXやSindipecasとパートナーを組んで日本企業の貿易投資の促進を行なっていると述べた。

APEXのマルシア氏は、製造業の中でも自動車産業の比率は高く重要な産業の一つであるとした。APEXが行なっている外資誘致に関しては、GMのブラジルへの増資、そして技術革新やイノベーションの為のR&D施設への投資に関しては、FIATの研究施設などを例に挙げた。また、ブラジルは、外貨投資額において世界でも10番以内を維持し、経済も不況を乗り越え、2017年にはGDP成長率が1.1%と成長を成し遂げ、2018年も3%の成長が予想されるとした。また、ブラジル政府は、歳出上限、労働改革などの改革を実現、今後は年金改革やインフラ整備を強化、またビジネス環境を整備することが重要で、更なる改善をして投資を増やしていきたいと述べた。

Sindipecasのエリアス氏は、現在の会員について、463社、590工場拠点、外資系企業としては、アメリカ、ドイツ、イタリアについで日本は4番目にあると説明した。供給先が、ブラジル組立メーカーが60%と高いので、国内の生産台数に比例して、売上が影響するとし、2017年の部品産業は、前年比22%、そして2018年には7.3%の成長を予測しているとした。

その後、日系企業7社と地場企業10社によるビジネスマッチングが行なわれ、盛大なイベントとなった。



2018/12/06 » 古河電気工業株式会社社長レセプションに平田事務局長が参加
2018/12/06 » 平成30年秋の叙勲伝達・祝賀式典に出席
2018/12/05 » 天皇誕生日祝賀会
2018/12/04 » ノウハウが凝縮された「ブラジル通関入門 – 輸入取引」セミナー開催
2018/12/04 » 課税・通関WGが会合を開催
2018/11/30 » 大前経団連企画部会長と意見交換を実施
2018/11/29 » アスー港見学会開催
2018/11/27 » メディカル分科会開催
2018/11/27 » 60人以上が参加して企業経営・地場企業推進委員会主催の日本語セミナー開催
2018/11/26 » 第6回中南米知財セミナー開催
2018/11/24 » 第50回カマラゴルフ会開催
2018/11/23 » メディカル分科会が、ANVISAとINMETRO合同の技術会議に参加
2018/11/23 » 西森ルイス連邦下院議員をゲストに11月の懇親昼食会開催
2018/11/22 » ブラジル投資セミナーに70人が参加して開催
2018/11/22 » 11月の労働問題研究会に45人が参加して開催
2018/11/21 » 省エネルギーパートナーシップ-EMAK第9回会合が開催
2018/11/12 » 企業による駐在員・家族の安全対策について会合開催
2018/11/10 » メディカル分科会は第2回日系病院連携協議会に参加
2018/11/08 » 60人が参加して11月の法律委員会開催
2018/11/07 » メルコ域内の輸出基地、変貌するパラグアイの今

バックナンバー »