Câmara do Japão
Português
検索: OK
(350)

会議所&関連ニュース

検索期間を指定してください: OK
何故アルゼンチンは投資先として有望か 2017/07/10

昨年7月、JETROが変革するアルゼンチンに大型インフラミッションを派遣してから丁度1年が経つ。また同年11月に安倍総理が訪亜、日・亜経済フォーラムを開催、マクリ政権誕生以降、特にアルゼンチンが注目を集めている。昨年11月、石毛博行JETRO理事長は亜国に於けるビジネス機能強化のためJETRO事務所の再開を宣言、既にJETROブエノスアイレスには紀井寿雄所長が就任している。

今回、JETROはサンパウロ・ブエノスアイレス サービス産業海外進出支援ミッションを7月10日から13日の期間に派遣した。スペイン語、ポル語も堪能な紀井所長が今回の現地でのミッション受け入れの立役者を担った。

同ブエノスミッションには日本から4社が参加、7月12日のブエノスアイレスミッションにはチリ―から日本企業1社、当所会員の日本企業5社に加え、亜国JETROからの特別要請に応えるため又メルコスル共同体を念頭に、会議所から平田藤義事務局長が参加した。
7月12日15時、アルゼンチン投資庁の会議室で結団式を行い、そのまま投資セミナーが行われた。投資庁のRodolfo G. Villalba 副総裁が「何故アルゼンチンは投資先として有望か」と題しアルゼンチン情勢について講演、アルゼンチンのフランチャイズおよびブランド協会メンバーのNelson Perez Alonso氏が同国のフランチャイズ業界について、又Green Eat社の取締役が同社の事業をNTT DATA Everis社のMarcelo Weinbinder CEOがEverisのアルゼンチンでの取り組みについて紹介を行った。(アルゼンチンの岩盤的なブロクラシーを同社で開発中のソフトが解消する日も間近い。)

13日午前中はアルゼンチンで売上1位、2位を争うスーパーマーケットCOTO、ショピングモールAbasto Shoppingを視察後、ミッションの一行を温かく迎えた福嶌教輝在アルゼンチン日本国特命全権大使と市内のレストランで昼食懇談会を行った。
同大使によるアルゼンチンPRを聞いたら誰でも進出してみたい気持ちになる。前向きに弾む話に余韻を残した後に、中南米のE-Commerce市場で売上80億ドル(純利益10億ドル)を誇るMercado Libre社(世界ランクでは日本の楽天を上回る規模)を視察。
中華街を自由見学した後、市内のArgentine Experienceレストランで夕食・解団式を行い、ブエノスミッションは無事成功裏に終了した。

Rodolfo G. Villalba 副総裁によるセミナー概要:
アルゼンチン政府は連邦、州レベルで多岐の分野に及ぶ2,600億ドルの投資機会を設定、金融、エンジニアリング、開発、運営等々での民間部門からの参加を歓迎している。最大規模の投資機会はエネルギーと工業、交通およびインフラ部門である。
交通分野の計画は歴史的に最も意欲的なもので950億ドルに及ぶ。道路、貨物・旅客鉄道、港湾、空港への投資プロジェクトを提案。市内の地域高速鉄道等の都市交通プロジェクトも含んでいる。
合計900億ドルを超えるエネルギーと鉱業の投資機会には広大なバカ・ムエルタ・シェールオイルおよびシェールガス田も含まれ、豊富な未採掘地域があり、さらに火力、水力、再生可能エネルギーの入札も用意されている。
600億ドル超のインフラ投資機会には水道・公衆衛生事業、灌漑システム、保健・教育施設が含まれている。
投資機会は丁度1年前(インフラミッション当時)に比べれば約3倍増に膨れ上がっている。アルゼンチンが如何に人気を集めているのかが一目瞭然だと自信満々にPR。
詳細は下記サイトを参照:

アルゼンチン投資・貿易促進庁のプレゼン資料
http://www.investandtrade.org.ar/docs/pdf/Brochure_Agencia_Digital.pdf

Pdf アルゼンチンOUTLOOK2017 ECOLATINA 社プレゼン資料

 



2018/01/18 » 運輸サービス部会執行部が訪問
2018/01/17 » 元宝塚トップスター麻路さき講演会開催
2018/01/16 » 日メルコスールEPAに関する意見交換会開催
2018/01/12 » 今年初めての渉外広報委員会開催
2018/01/10 » 今年第1回労働ワーキンググループ会合に20人が参加して開催
2018/01/07 » 日系団体主催の移民110周年新年祝賀会
2017/12/19 » ブラジル新移民法セミナーに定員オーバーの70人以上が参加して開催
2017/12/14 » 平成29年度官民合同会議開催
2017/12/14 » 2017年度忘年会は史上最多の250人以上が参加して開催
2017/12/11 » 「サンパウロ州におけるICMS税務クレジット審査についての説明会」開催
2017/12/09 » 平田藤義事務局長がJICAの日本語学校生研修30周年記念式典に参加
2017/12/08 » メディカル分科会はANVISAとの政策対話会合開催
2017/12/07 » 第4 回中南米知財セミナー開催
2017/12/06 » 日本メルコスールEPAに関する意見交換会開催
2017/12/05 » ブラジルPortal ÚnicoプログラムとOEA制度説明会開催
2017/12/04 » EMBRAPAとの連携体制の構築に関する第1回会合開催
2017/12/01 » 天皇誕生日祝賀会
2017/11/23 » 運輸サービス部会主催のグアルーリョス空港視察会開催
2017/11/22 » 粟屋政策対話委員長が山田大使へAGIR活動の進捗報告
2017/11/21 » ブラジルeSocialシステムセミナーに会場一杯の190人以上が参加して開催

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

 

【会議所 トピックス】

 

12月5日「ブラジルPortal ÚnicoプログラムとOEA制度ついての説明会」プレゼン資料掲載

Pdf「Portal Unico貿易共通ポータルサイト(開発商工サービス省)」(日本語)

Pdf「Portal Único(MDIC)」(ポル語)

Pdf「OEA制度主要課題(EY)」(日本語)

Pdf「OEA Desafios Principais(EY)」(ポル語)

Pdf「OEA制度(財務省)」(日本語)

Pdf「OEA (Receita Federal)」(ポル語)

 

「ブラジルeSocialシステム セミナー」(2017年11月21日開催ハードコピー用プレゼンテーション資料)

PdfE-ソーシャル変更点及びソリューション

PdfeSocial課題と留意点

 

ブラジル労働法改正セミナー ~日本企業の視点~(2017年11月8日)の発表資料掲載

Pdfタイトル「概観 労働の近代化」 講師 CNI労働関係本部 デジレ G, ティモ

PdfVisão geral da MODERNIZAÇÃO TRABALHISTA

 

初めての日本語による2017年上期税制変更セミナーは大評判裏に終了

●投資パートナーシップ・プログラム(PPI)説明会(2017年3月6日)資料

Pdf投資パートナーシップ・プログラム(PPI)資料

 

●ブラジルインフラ入門&PPIセミナー(2017年2月2日)

PdfFator弁護士事務所のジルセル佐藤弁護士 「ブラジル・インフラビジネス入門&PPI概略」

Pdfジェトロサンパウロ事務所の禮田英一取締役 「ブラジル・インフラビジネスでの海外インフラ機構(JOIN)活用」

●ブラジルeSocialシステム説明会のプレゼン資料掲載中(2016年12月7日午後2時から マクソウドホテル)

Pdf「eSocial制度‐目的と課題、現状と今後の計画」

Pdf「eSocial-Objetivo e desafios,situação atial e cronograma do projeto」

Pdf「労働関係における企業の課題とeSociaの果たす役割」

Pdf「O Desafio Empresarial no Cenário Trabalhista e o Papel no eSocial」

 

2016年下期業種別部会長シンポジューム

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(日本語)

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(ポル語)

現代ブラジル事典      絶賛発売中!!

政策対話委員会活動の進捗報告(2015年12月10日 官民合同会議)

120周年記念セミナー「日伯医療連携の未来~最新技術が拓く健康社会」

「外交関係樹立120周年記念日伯経済セミナー」に300人が参加して開催

2015年下期の業種別部会長シンポジウムテープおこし記事掲載

第43回技能五輪国際大会開催のご案内

ブラジル投資ガイダンス(最新版・英語)

●梅田大使RS公式訪問

●2015年上期の業種別部会長シンポジウムのテープおこし記事掲載

●インタビュー記事【破綻宣告】 2015/03/18

●ブラジルPPP/コンセッション制度の概要と最新情報についての研究会に80人が参加して開催

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー