Câmara do Japão
Português
検索: OK
(350)

会議所&関連ニュース

検索期間を指定してください: OK
第3回中南米知財セミナーに20人が参加して開催 2017/05/10

日本貿易振興機構(JETRO)サンパウロ事務所(大久保敦所長)主催の第3回中南米知財セミナーは、2017年5月10日午後4時から5時30分まで20人が参加して開催、進行役はJETROサンパウロ事務所の岡本正紀 知的財産権部長が務め、初めに岡本正紀部長は最近のブラジルの知財について、4月1日から開始された特許審査ハイウエイ(Patent  Prosecution Highway)試行プログラム、医薬品特許出願に対するブラジル産業財産庁(INPI)と国家衛生監督庁(ANVISA)による重複特許審査解消、ブラジル産業財産庁(INPI)の2017年度行動計画公表などについて説明した。

また岡本正紀 知的財産権部長は、「真贋判定セミナーについて」では、ブラジルにおける模造品被害の状況、模造物品、中南米における国別模造品の販売状況、対策、アクション、サンパウロ市における今後の真贋判定セミナーの開催時期、場所、対象取締機関、参加費、参加条件、参加方法などについて説明した。

二宮正人法律事務所のレアンドロ・モレイラ弁護士は、流暢な日本語で「ブラジル商標制度について」と題して、ブラジル商標制度の概要では、第122条並びに第123条における商標の説明、また商標の定義では異なる出所を有するものを識別そるために用いられるもの。ブラジル商標制度の概要では、パリ条約やTRIOS協定、ニース協定の違い、45種類の国際分類制度、ブラジル商標制度の分類、ブラジルにおける商標登録取得の重要性、メリット、独占権、侵害に対する差し止め請求権、商標ライセンス取得、ブラジルにおける商標登録手続きの全般情報、登録出願に関するフローチャート、ブラジルにおける商標登録費用などについて説明。質疑応答では、商標の希釈化防止の観点から見た問題点、機能名称やスローガンの商標、登録商標に基づいた差し止め請求、商標模造商品販売に対する取締などについて的確なアドバイスを行った。

Pdf真贋判定セミナーについて JETROサンパウロ事務所の岡本正紀 知的財産権部長

Pdfブラジル商標制度について 二宮正人法律事務所のレアンドロ・モレイラ弁護士

Leandro Moreira e Masaki Okamoto

Fotos: Rubens Ito / CCIJB



2018/04/18 » 関口ひとみサンパウロ首席領事がマナウス総領事に栄転、後任に楠首席領事が着任
2018/04/12 » 35人が参加して4月の法律委員会開催
2018/04/11 » 労働WG会合を開催
2018/04/09 » 日メルコスールEPA準備タスクフォース第3回会合実施
2018/04/07 » セアラ州経済特区見学会
2018/04/02 » ウルグアイ政府の観光産業振興政策
2018/03/28 » 在伯大使とのEPAに関する意見交換会へ出席
2018/03/22 » 3月の労働問題研究会開催
2018/03/22 » 会議所サイトへのソーシャルメディア活用で意見交換
2018/03/16 » 2018年3月の懇親昼食会に150人以上が参加して開催
2018/03/16 » 第68回定期総会開催
2018/03/16 » 日メルコEPA準備タスクフォース 第1回会合開催
2018/03/15 » 3月の法律委員会は55人が参加して開催
2018/03/14 » 中南米の最新情報満載の中南米ビジネスセミナー開催
2018/03/13 » 労働WG会合を開催
2018/03/07 » 第1回中南米IPG会合開催
2018/03/05 » 筑波大学の大根田修国際室長との意見交換会に平田事務局長が参加
2018/03/01 » 200人以上が参加して2018年上期の業種別部会長シンポジウム開催
2018/02/28 » 「グローバルコンプライアンス&インフラ」セミナー開催
2018/02/28 » 「自動車裾野産業協力・日伯ネットワーキングイベント開催

バックナンバー »