Câmara do Japão
Português
検索: OK
(350)

会議所&関連ニュース

検索期間を指定してください: OK
6月の懇親昼食会に160人以上が参加して開催 2016/06/17

6月の懇親昼食会は、2016年6月17日正午から午後2時過ぎまでブッフェ・コロニアルに160人以上が参加して開催、進行役は平田藤義事務局長が務め、初めに特別ゲストのブラジル国家輸出加工区審議会(CZPE)のタイゼ・ペレイラ・ペソア・ヅトラ(Thaise Pereira Pessoa Dutra)事務局次長、サンパウロ州フェルナンドポリス市のジョゼ・カルロス・ザンボン(José Carlos Zambon)ZPE統括社長、サンパウロ州フェルナンドポリス市のアナ・マリア・マトーゾ・ビン市長、梅田邦夫 在ブラジル日本国特命全権大使/商工会議所名誉会頭、中前 隆博 在サンパウロ日本国首席領事、開発商工省(MDIC)国家輸出加工区審議会(CZPE)のレオナルド・ラベロ・デ・サンターナ コーディネーターが紹介された。

村田会頭は会頭挨拶での会議所活動として、全伯会議所連携強化委員会(富島 寛委員長、ブラジル住友商事)は副委員長である寺本将人氏(ブラジル住友商事)を代表に、 6月8日、9日にマナウスを訪問、アマゾナス日系商工会議所との意見交換会や懇親会、モトホンダダアマゾニア社の工場見学を実施、次回は、南伯日本商工会議所メンバーと6月28日にポルトアレグレ市内で昼食会、モンテネグロ市のフジクラ社工場見学や意見交換会を予定、また6月24日(金)17時から異業種交流委員会による講演会開催、講演者はサントリーホールディングス株式会社の荻野 正二 サントリーサンバーズ ・アドバイザーで、「私のバレー人生~逆境を乗り越えて~」 と題して、バレーボールを始めてから逆境を乗り越えて2度のオリンピック出場を果たすまでの経験、エピソードなどの講演を予定、梅田大使が7月1日にゴイアス州を公式訪問、会議所企業の会員が梅田大使と一緒に州知事及び州幹部を訪問予定、7月12日~14日にかけてジェトロサンパウロ、商工会議所の相互啓発委員会、総務企画委員会共催でアルゼンチン・インフラミッションを予定、アルゼンチン政府からのインフラ投資計画プレゼンテーションを中心としたセミナー、アルゼンチン政府要人や同国インフラ関連企業とのネットワーキング、インフラ関連施設の訪問。現在350冊くらいの予約がある『現代ブラジル事典 2016年版』が入荷。1冊170レアル、最低でも700冊の売り上げを予定しているため会員企業の協力を要請した。

坂間カロリーナ監事会議長は2016年第1四半期監査報告として、2016年6月2日正午から午後1時30分まで監事会からカロリーナ・サカマ監事会議長 (PwC)、横路 史生監事(大和証券)、ウーゴ・アマノ監事(BDO Brazil)、財務委員会から深井 泰雄委員長(ブラジルみずほ銀行)、 大渕 彰規副委員長(丸紅ブラジル) 、廣瀬 量哉副委員長(ブラジルみずほ銀行)、事務局からは平田 藤義事務局長、日下野成次総務担当、エレーナ ウエダ会計担当が参加、監事会は「2016年の第1四半期の会議所の業務の遂行と会計処理は適正であった」と承認した。

3分間スピーチではHARALD社の山口 修一取締役は、伊藤忠のサポートを得て今年4月に南米不二製油株式会社と合併、業務用チョコレート生産では約70%のシェアを持っており、ブラジル製のココア100%を使用したチョコレートを販売していると説明、JCI Brasil-Japãoのジュン・マベ氏は、サンタ・クルース病院との共催による慈善イベント「PAZ É POSSÍVEL」について、文協で開催される響ファミリー公演などについて紹介、帰国挨拶では、KOBELCO MACHINERY DO BRASIL SERVIÇOS EMPRESARIAIS LTDA.の坂根英俊社長は、2013年7月に着任、石油精製・金属関連の営業活動に従事、博多生まれの後任の馬場社長を紹介、新入会員紹介では、APPROBATO & FISCHER CONTABILISTAS ASSOCIADOS LTDAのセルジオ・マシャードは、企業のミッションや会社の業務を紹介、長年にわたって商工会議所の監事を務めた藤井敏晴氏は同社のジャパンデスクを担当していると説明、D.A. & ASSOCIADOS PUBLICIDADE E MULTICOMUNICÃO LTDA.のダニエル・ムロ氏、山内賢氏はビデオで業種内容を紹介、博報堂とタイアップして日本語対応による日系企業への貢献を約束、Global Link Consultoria Ltda.のマリオ・サト氏は、自社業務内容について紹介した。

梅田邦夫 在ブラジル日本国特命全権大使/商工会議所名誉会頭は、「ブラジル政治・経済の現状及び日伯関係」と題して、ブラジルの政治は全く理解できないが、司法がしっかりしており、中国やロシアなどの新興国では汚職問題で苦労しているが、ブラジルでは汚職に対する国民の意識に変化が表れてきており、権力者不処罰(impunity)の終焉と政治文化の変化の兆し、コンプライアンス重視社会への移行が期待できると説明した。

また保護貿易政策から対外的開放・産業競争力ある経済への転換、複雑な税制、労働者過保護、肥大化した社会保障等の構造改革の必要性などの経済に対する意識の変革が表れてきているように思えると説明、ジウマ・ロウセフ大統領罷免、テ-メル暫定政権の特徴、メイレレス財務大臣並びにセーラ外務大臣などの実力派閣僚を登用、テメル政権の基本方針として国民の信用回復、救国政権、汚職対策、リオ・オリパラ、経済・社会政策関係では投資,インフラ,医療・保健・教育,社会プログラム継続,労働法・年金制度改革,インフレ抑制重視、ロウセフ政権下の32省庁から25省庁に削減、インフラ入札を早速開始並びにロウセフ政権の財政赤字目標を大きく下方修正、テメル暫定政権の1か月間で実施されたこととして、積極的外遊等によるテメル暫定政権の正統性アピール、外務省予算強化、開放的で柔軟な対外通商政策に向けた地ならし、汚職事件捜査(ラヴァ・ジャット)の進展として捜査は,PT(ルーラ前大統領,ロウセフ大統領)にとどまらず,PMDB(カリェイロス上院議長,サルネイ元大統領等),PSDB(ネーヴェス上院議員等),PP(マラニャン下院第一副議長等)に及び政界への影響は予測困難と説明、またジカ熱等感染症の流行  、2016年リオ・オリンピック・パラリンピック大会の準備状況や日本政府の対応、日伯スポーツ交流、日伯関係の現状 について説明、自由・民主主義・法の支配など,基本的価値観を共有する世界有数の親日国 、食糧・資源の供給国,ビジネスチャンスに満ちた市場と投資分野 、重要な戦略的パートナー 、大使館の当面の主要業務として、暫定政府要人との関係構築、リオ・オリンピック・パラリンピック関連業務、日本企業支援、日系社会との連携強化、2016年の主要スケジュールについて説明した。

サンパウロ州フェルナンドポリス市のジョゼ・カルロス・ザンボンZPE統括社長は、ビデオでフェルナンドポリス市の地理的位置、道路並びに鉄道、水 上交通アクセス、優遇税制、教育、保健、鉱工業、農畜産などについて説明、ブラジル国家輸出加工区審議会(CZPE)のタイゼ・ペレイラ・ペソア・ヅトラ 局長は、ブラジル国家輸出加工区は難しい重要な案件であり、全ての企業の問題解決には結びつかないが、困難からの脱出の可能性があり、実際に皆さんに経済 ミッションを組んで視察に来てほしいと説明、輸出加工区のコンセプトと特徴、目標、フレームワーク、現状の法規制と法改正の要望事項、主な税制ベネフィッ ト、海外の輸出特区の事例、ブラジル全土には25ZPEが認可されており、19ZPEがすでに開始、セアラー州並びにアクレ州、ピアウイ州の試験プロジェ クト例などを挙げて説明、村田会頭からジョゼ・カルロス・ザンボンZPE統括社長並びにタイゼ・ペレイラ・ペソア・ヅトラ次長に記念プレートが贈呈され た。

Pdf梅田邦夫 在ブラジル日本国特命全権大使/商工会議所名誉会頭 「ブラジル政治・経済の現状及び日伯関係」

Pdfタイゼ・ペレイラ・ペソア・ヅトラ ブラジル国家輸出加工区審議会(CZPE)局長 「ZONAS DE PROCESSAMENTO DE EXPORTAÇÃO – ZPE : Situação Atual do Regime & Propostas de Modificação do Marco Legal」 (ポルトガル語)

Pdf タイゼ・ペレイラ・ペソア・ヅトラ ブラジル国家輸出加工区審議会(CZPE)局長 「ZONAS DE PROCESSAMENTO DE EXPORTAÇÃO - ZPE: Situação Atual do Regime & Propostas de Modificação do Marco Legal ブラジルZPE制度の現状と法的根拠の改正案について(日本語)

Pdf ZPE改定案 (2013年5957号法案に関する修正案) 日本語訳

主な関連記事:http://jp.camaradojapao.org.br/news/atividades-da-camara/?materia=15679

http://jp.camaradojapao.org.br/news/atividades-da-camara/?materia=15144

動機及び経緯:Pdf ZPEの改善提言が国会上程に至るまでの経緯

講演中のブラジル国家輸出加工区審議会(CZPE)のタイゼ・ペレイラ・ペソア・ヅトラ局長

講演中のサンパウロ州フェルナンドポリス市のジョゼ・カルロス・ザンボンZPE統括社長

講演中の梅田邦夫 在ブラジル日本国特命全権大使/商工会議所名誉会頭

会頭挨拶で会議所活動を説明する村田俊典会頭

左から梅田邦夫 在ブラジル日本国特命全権大使/村田俊典会頭/ブラジル国家輸出加工区審議会(CZPE)のタイゼ・ペレイラ・ペソア・ヅトラ局長

 

Fotos: Rubens Ito / CCIJB



2018/07/13 » 政策対話委員会開催
2018/07/05 » 2018年上期の税制変更セミナーに110人以上が参加して開催
2018/07/04 » インダストリー4.0推進にHub i4.0を設立
2018/07/03 » 日メルコスールEPA準備タスクフォース第6 回会合を開催
2018/06/29 » 運輸サービス部会主催セミナーで意見交換会開催
2018/06/28 » パラグアイビジネスミッションに関する意見交換会開催
2018/06/22 » SENAIのLamego国際シニアマネージャーをゲストに迎えて6月の懇親昼食会開催
2018/06/21 » 6月の労働問題研究会は48人が参加して開催
2018/06/20 » 第2回インフラ協力会合作業小部会に政策対話委員会・インフラWGが出席、AGIR提言を行なう
2018/06/19 » ブラジル・レバノン商工会議所がレバノン総領事の歓迎会を開催
2018/06/18 » ブラジル日本移民110周年
2018/06/15 » メディカル分科会会合を開催
2018/06/14 » FIESPにて日メルコスールEPA準備タスクフォース第5回会合開催
2018/06/14 » 6月の日伯法律委員会は50人が参加して開催
2018/06/13 » 「安全対策セミナー」についての打ち合わせ
2018/06/13 » ブラジル日本移民史料館40周年記念プロジェクト説明会
2018/06/12 » 労働WG会合開催
2018/06/11 » ブラジルみずほ銀行開設5周年記念セミナー
2018/06/08 » サッカー元日本代表・呂比須ワグナー氏トークショーに55人が参加して開催
2018/06/07 » インフラワーキンググループ会合開催

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

【会議所 トピックス】

 

「ブラジル労働法のポイント」
(表紙クリックで内容表示)

 

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー