Câmara do Japão
Português
検索: OK
(350)

会議所&関連ニュース

検索期間を指定してください: OK
コロンビア投資誘致セミナーに30人が参加して開催 2014/10/31

コロンビア貿易投資促進機構(ProExport Colombia)によるコロンビア投資誘致セミナーは、2014年10月31日午前8時30分から11時までルネッサンスホテルに30人が参加して開催された。

初めにパトリシア・カルデナス在ブラジルコロンビア大使は、「コロンビア、投資チャンスの国」と題して、人口は4,700万人でスペイン語圏ではメキシコに次いで2位で多くの国と国境を接しており、政治ではフアン・マヌエル・サントス・カルデロン大統領が再選され、コロンビア革命軍(FARC)との和平交渉を推進しており、また教育レベルの引上げや社会格差の減少をさらに加速させる。

2013年のGDP伸び率は4.7%で世界金融危機発生後の2009年のGDP伸び率はプラスを維持、一人当たりのGDPは1万800ドル、中間層は25%迄増加してきており、2025年の中間層は47%を予想、過去10年間の貿易は5倍となり、貿易相手国上位は米国、中国、メキシコ、ブラジル、対内直接投資上位は米国、英国、メキシコ、チリ、2002年の自由貿易協定締結国は5カ国であったが、今では45カ国に拡大、日本と経済連携協定(EPA)で交渉中、ブラジルとの貿易収支赤字は減少してきており、対日貿易では日本から完成品を中心に13億ドルを輸入、日本への輸出はコーヒーが全体の60%を占め、石炭や切り花、バナナ、マンガンなどとなっている。

メキシコ,コロンビア,ペルー及びチリで構成される2億1,400万人を擁する太平洋同盟に加盟しており、太平洋同盟とメルコスールとの自由貿易交渉は11月1日にコロンビアのカタルへナ市で開催され、日本と経済連携協定(EPA)の締結後は貿易の拡大や投資の拡大が期待できると説明した。

コロンビア貿易投資促進機構のアレハンドロ・ペレス・ロドリゲス取締役は、「コロンビアへの投資」と題して、輸出では付加価値の高い製品の輸出拡大で失業率の低下を目標にしており、コロンビアはラテンアメリカ地域の対内直接投資対象国ではメキシコを抑えてトップ、投資誘致をするために数多くあるフリーゾーンは税制優遇インセンティブがあると説明した。

1日当たりのコロンビアの石油・天然ガス生産は100万バレル、2018年には114万バレルまで増産が予想、電力エネルギー部門の機械・装置向け投資は大きなチャンスであり、インフラ分野では輸送インフラセクターは240億ドルの投資が予想、建設セクター並びに自動車セクター、医薬品セクター、化学品セクターにも大きな投資のチャンスがあると説明した。

講演者の一人である三菱商事の白木清司常務執行役員・中南米統括は2011年からブラジルに駐在、同社は中南米進出して60年以上になり、基本戦略としてトレーディング面の強化、投資拡大並びに人材育成、南米ではブラジルに次いでコロンビアに投資を予定、治安が非常に改善しており、投資ファクターとして人口が多く、若年層の比率が高く、非常に親日的な国であると説明した。

コロンビアはコーヒーのモノカルチャー構造であったが、最近は石油・天然ガスへの産業に代わってきており、三菱商事ではブラジルに次ぐ重点国とみており、またサントス大統領のリーダーシップと優秀な側近が多くて太平洋同盟のリーダーになる可能性があり、日本・コロンビア経済合委員会は毎年開催されて経済連携協定(EPA)の進展向けて話し合われており、また親日家が多く、質の高い労働力も多く、投資家保護では世界6位で中小企業の進出には条件が整っていると説明、最後に紙飛行機の滞空時間のギネス記録27秒9をだした日本折り紙ヒコーキ協会の会長を務める戸田 拓夫さんからもらった紙飛行機を飛ばして参加者を笑いの渦に巻き込んだ。

またコロンビア三菱商事の伊藤雅哉社長は、「注目を集めるポテンシャルの国コロンビア」と題して、ボゴタ市には高層ビルが乱立しており、国際空港は非常にきれいで市内にはゴミがほとんどなくて清潔であり、人口は韓国やミャンマー並みで5,000万人弱、中間層の増加に従って消費マーケットが拡大してきていると説明した。

コロンビア三菱商事は1959年に設立、従業員は34人でコーヒーの輸出並びにエレベーター、バイオエタノールを取り扱っており、コロンビアは政治経済が安定しており、鉱物資源や農畜産の生産が増加、人的資源が豊富で投資環境が整ってきており、中間層増加による消費の拡大、為替の安定、安定したGDP伸び率、労働生産性人口の増加、コロンビア人は手先が器用でまじめで几帳面、読み書きの能力も高く、ポテンシャルの大きな国であり、コロンビア革命軍(FARC)との和平交渉推進で治安向け費用を教育に充てれば更にポテンシャルの向上につながると説明した。

講演中のパトリシア・カルデナス在ブラジルコロンビア大使

講演中のコロンビア貿易投資促進機構のアレハンドロ・ペレス・ロドリゲス取締役

講演中の三菱商事の白木清司常務執行役員・中南米統括

講演中のコロンビア三菱商事の伊藤雅哉社長

 



2017/06/24 » JCI Brasil-Japão(ブラジル日本青年会議所)が35周年(2017/06/24)
2017/06/23 » 6月の懇親昼食会でEmbrapaのLadislauエグゼクティブディレクターが講演
2017/06/22 » 労働問題研究会-労働改革法案などのテーマについて講演
2017/06/21 » 日本語による第3回労働法改正案勉強会開催
2017/06/18 » 移民109周年(2017/06/18)
2017/06/14 » 2017年上期税制変更に関するセミナーに110人が参加して開催
2017/06/13 » 産業競争力強化・中小企業支援WG会合開催
2017/06/12 » インフラWGではインフラ投資における為替リスク関するに勉強会を開催
2017/06/12 » ブラジル全国工業連合(CNI)との意見交換会
2017/06/09 » 課税WGは今年の課税WG活動計画について会合
2017/06/09 » 6月の日伯法律委員会に52人が参加して開催
2017/06/07 » 今年2回目の労働法改正勉強会開催
2017/06/02 » 日伯経済合同委員会準備会合開催
2017/06/01 » 安全対策チーム、総領事館と「安全対策セミナー」について打ち合わせ
2017/05/30 » 日系主要5団体会議開催
2017/05/24 » 食品部会は第3回日伯農業・食料対話セミナーについて会合
2017/05/20 » 食品部会主催のMNグループ社工場見学会
2017/05/19 » 5月の懇親昼食会に150人が参加して開催
2017/05/18 » インフラWGの会合を開催
2017/05/18 » 5月の労働法研究会では労働法改革関連について勉強

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

 

【会議所 トピックス】

投資パートナーシップ・プログラム(PPI)説明会(2017年3月6日)資料

Pdf投資パートナーシップ・プログラム(PPI)資料

 

ブラジルインフラ入門&PPIセミナー(2017年2月2日)

PdfFator弁護士事務所のジルセル佐藤弁護士 「ブラジル・インフラビジネス入門&PPI概略」

Pdfジェトロサンパウロ事務所の禮田英一取締役 「ブラジル・インフラビジネスでの海外インフラ機構(JOIN)活用」

ブラジルeSocialシステム説明会のプレゼン資料掲載中(2016年12月7日午後2時から マクソウドホテル)

Pdf「eSocial制度‐目的と課題、現状と今後の計画」

Pdf「eSocial-Objetivo e desafios,situação atial e cronograma do projeto」

Pdf「労働関係における企業の課題とeSociaの果たす役割」

Pdf「O Desafio Empresarial no Cenário Trabalhista e o Papel no eSocial」

 

2016年下期業種別部会長シンポジューム

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(日本語)

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(ポル語)

現代ブラジル事典      絶賛発売中!!

政策対話委員会活動の進捗報告(2015年12月10日 官民合同会議)

120周年記念セミナー「日伯医療連携の未来~最新技術が拓く健康社会」

「外交関係樹立120周年記念日伯経済セミナー」に300人が参加して開催

2015年下期の業種別部会長シンポジウムテープおこし記事掲載

第43回技能五輪国際大会開催のご案内

ブラジル投資ガイダンス(最新版・英語)

●梅田大使RS公式訪問

●2015年上期の業種別部会長シンポジウムのテープおこし記事掲載

●インタビュー記事【破綻宣告】 2015/03/18

●ブラジルPPP/コンセッション制度の概要と最新情報についての研究会に80人が参加して開催

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー