Câmara do Japão
Português
検索: OK
(350)

会議所&関連ニュース

検索期間を指定してください: OK
茂木経産大臣がピメンテル開発商工省大臣を訪問 2013/05/02

フェルナンド・ピメンテル開発商工省大臣が、2日、ブラジリアで、日本の茂木敏充経済産業大臣と、日本の14団体と実業家68人からなる随員と会見した。

ピメンテル大臣は茂木大臣に対して、インフラ分野を中心としたブラジル向け投資が好機にあること、さらに、業界と外資にとってブラジルは「避難港」の1つであることなどを伝えた。「ブラジルは高インフレ時代に打ち勝ち、現在、成長を遂げつつも経済が安定しており、かつ、低金利で、コストも下がりつつあるなど、世界有数の規模の消費者を持つ市場の1つだ」とピメンテル大臣は強調、開発・産業・貿易省(MDIC)が各州政府と共同で策定した投資機会に関する目録を手渡した。

今回の会談でピメンテル大臣は、インフラと石油・ガス、造船に大きな可能性があるとコメント。「ブラジルは現在、港湾と空港、高速道路、鉄道などに対し、物流コストの削減、ひいては生産コストを削減するという観点から、大規模な民営化計画を推進している」と指摘し、日本の研究機関による外国投資に関する調査で中期的にはブラジルが6番目に有望な市場と指摘されたことを強調した。

ピメンテル大臣は、川崎重工がエンセアーダ・ド・ポアラグアスー造船株式会社に資本参加していることやアイ・エイチ・アイ マリンユナイテッド(IHIMU)(※)とアトランチコスル造船所(EAS)の技術支援契約締結など、既に交流が進む造船業での協力関係には大きな可能性があると指摘した。その他の業種については、同大臣は、とりわけ年内に石油開発鉱区利権の入札が予定されるプレソルト(岩塩層下)の開発を中心に、石油・ガス業界に日本が参加することが有望との見方を示した。

同大臣は、ペトロブラスに限定しても2013年から2017年にかけてブラジル国内の探査と生産に2,360億ドルを投資する予定で、こちらも造船業界への投資にとってはチャンスになると指摘した。その上で、ピメンテル大臣は、デジタルテレビ規格では、日本とブラジルが協力して南米の大部分の国で日本方式の採用にこぎつけるなど大成功を収めたことを例にとり、半導体産業とディスプレー産業の発展に対する投資を日本側に求めた。

一方、日本の茂木敏充経産大臣は、今回の会見で日本側は、対ブラジル投資に関する信用を強くしたと応じた。その例として同大臣は、本田技研工業や三菱重工のような日本の大企業のトップが今回の会見に参加していることに言及。「両国は長年にわたり良好な関係を構築してきたことは、ブラジル国内に日本国外で最大規模の日本人コミュニティーが存在することを見れば明白」とし、およそ15万人の日本人がブラジル国内で暮らし、また日系ブラジル人に至ってはおよそ150万人を数えるとコメントした。

さらに茂木大臣は、外国人投資家にとってインフラ分野と天然資源分野が対ブラジル投資の大きな魅力になっていることにも言及。「現在、日本の対外投資を国別に見ると、ブラジルは10位。ブラジルがこのランキングでさらに上位に食い込んでいくために、ブラジル経済が安定していることが大きな役割を果たす」とコメントした。

投資機会に関する目録

2日に茂木大臣に手渡されたブラジルにおける投資機会に関する目録は、ブラジル国内17州と連邦区の140件の事業を網羅しており、事業規模は総額2,000億ドルを上回る。近日中にMDICはオンラインで公表する予定で、オンライン版は既にアップデートと、連邦政府による21件の事業を新たに加えている。

目録に記載された事業は、産業別、金額別、地域別、営業種別(民間あるいは事業認可、官民パートナーシップ投資計画など)で整理されている。MDICと予算管理省(MPOG)、国家商工開発戦略局国家審議会(CONSEDIC)、各州の経済開発局の協力により編纂された。(開発商工省サイトhttp://www.mdic.gov.br/sitio/interna/noticia.php?area=1¬icia=12372より引用)

(※)ポルトガル語の原文では「三井物産が親会社のIHIMU、、、」と掲載されていたので修正した

 

左から茂木大臣、ピメンテル大臣

 

Fonte: Ascom/MDIC - Fotos: Washington Costa/MDIC



2020/03/20 » 定例理事会・第70回定期総会開催
2020/03/17 » 新型コロナウィルスについて造詣深い専門医と意見交換
2020/03/12 » 課税・通関ワーキンググループ会合開催
2020/03/11 » 3月の法律委員会開催
2020/03/11 » 渡邊関西国際大学教授との意見交換を実施
2020/03/05 » 2020年上期の業種別部会長シンポジウムに140人が参加して開催
2020/02/28 » 2020年上期業種別部会長シンポジウム案内でニッケイ新聞社訪問
2020/02/27 » 第6回イノベーション研究会をジャパンハウスで開催
2020/02/21 » インフラワーキンググループ会合開催
2020/02/21 » 2月の懇親昼食会は140人が参加して開催
2020/02/20 » 2月の労働問題研究会開催
2020/02/20 » 天皇御誕生日の祝賀会に出席
2020/02/19 » 今年2回目の運輸サービス部会開催
2020/02/18 » 令和元年度秋の叙勲祝賀会を文協で共催
2020/02/18 » 二宮監事会議長、瑞宝中綬章に輝く
2020/02/17 » ブラジル日本文化福祉協会(文協)で「SoftBank e Inteligência Artificial 」講演を開催
2020/02/17 » 魅了の「日本の味」をJETROと高崎商工会議所が提供
2020/02/14 » 自動車部会は部会長シンポジウム発表資料作成で開催
2020/02/13 » シンポ発表資料作成で食品部会開催
2020/02/13 » 9人が参加してコンサルタント部会開催

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

【会議所 トピックス】

Pdf【速報2】新型コロナウィルス感染に関するアンケート【その2】一時帰国対応について 3/26日現在

Pdf【速報 (更新)】新型コロナウィルス感染に関するアンケート調査結果 3/27日現在 120社

Pdf新型コロナウィルス対策に関連する各種法律・政令 3/24

Pdf感染対策情報(サンパウロ日伯援護協会提供)3/19

Pdf新型コロナウィルス情報(ポル語、サンタクルス病院提供)3/17

Pdfブラジル保健省フェイスブック

Pdf新型コロナウイルスに関するQ&A 保健省(ポルトガル語)

Pdfブラジル保健省ホームページ

Pdf感染発生連絡③ 3/20

Pdf感染発生連絡② 3/17

Pdf感染発生連絡① 3/11

__________

Pdfブラジル訴訟対策セミナー Fator弁護士事務所の佐藤ジルセウ弁護士

Pdf「新ペロン体制下に於けるダイナミックなアルゼンチン経済と政治」Fructus Management社パートナーのロドルフォ・ヴィジャルバ氏 CEMA大学教授(2019年11月22日 懇親昼食会)

PdfICMSクレジット累積残高のリリースの申請プロセス(Global Link Consultoria社の佐藤マリオ代表)2019年10月24日

Pdf「移転価格の観点からのブラジルOECD加盟に向けて」KPMG Brazil 移転価格グループのEdson Costaダイレクター(2019年10月9日)

Pdf経済省は新経済政策として小規模事業へのフォーカスを決定

Pdf「アルゼンチン大統領選挙直前の現地最新情勢について」ジェトロ・ブエノスアイレス事務所の紀井寿雄所長(2019年9月17日/18日)
 

Pdf「間接税の基礎」セミナー 課税・通関WGメンバーの安岡正哉氏(2019年8月29日)
 

「ブラジル労働法のポイント」
(表紙クリックで内容表示)

Pdfブラジルのポテンシャル

(麻生元総理との意見交換会)

 

→ バックナンバー

Pdfブラジル概要資料