Câmara do Japão
Português
検索: OK
(350)

会議所&関連ニュース

検索期間を指定してください: OK
第120回EncomexがFiespで開催 2007/09/03

ブラジル製品輸出促進で意見の交換を行なう第120回Encomexが、9月3日午前8時から午後 5時までサンパウロ州工業連盟(Fiesp)に会場一杯の参加者が詰めかけ、商工会議所からは田中会頭、平田事務局長が参加、ジェトロの彦田副所長はポル トガル語で日本への製品輸出について講演した。

通商産業開発省(MDIC)のアルマンド・メジアト長官は、ブラジルの今年8ヵ月間の完成品輸出は昨年同期の545億ドルから526億ドルに減少、第一次産品抽出は14%増加したが、完成品輸出が引続きトップを占めていると述べた。

MDICの統計によると、輸出の牽引は自動車及び金属関連製品で8月までに250億ドルを輸出しており、アルマンド長官は、8月の月間輸出は前年同月比 10.5%増加の151億ドルで記録を塗り替え、1日平均6億5,660万ドル、今年8ヵ月間の輸出は15.9%増加の1,024億ドルとなっている。

また長官はコモディティ価格が好調で、第一次産品輸出額は14%増加したが、輸出量も15%増加、ブラジルの世界貿易に占める割合は、僅かに1.4%にすぎないと説明した。

ブラデスコ銀行のオタビオ・バーロス取締役は、第2次世界大戦後初めて、今の世界貿易は年間14%増加するほど好調なサイクルに入っており、米国発の金融 危機はこのサイクルをとめることはできないと楽観視しているが、ブラジルの貿易額は今だにGDPの10%に達しない閉鎖的な経済であるが、メキシコ、は輸 出の80%が北米自由貿易協定(FTA)地域と偏っているが、ブラジルは新興国にも関わらず世界中との貿易でグローバル・トレーダーと位置付けされていると述べた。

 

ENCOMEX会議で講演するブラデスコ銀行のオタビオ・バーロス取締役

070903 Encomex 2

講演するMDICのアルマンド長官

 



2019/02/14 » 日メルコEPA 大前経団連企画部会長との会合
2019/02/13 » 今年初めてのコンサルタント部会開催
2019/02/13 » 中山俊宏 慶應義塾大学総合政策学部教授を迎えての講演会がジャパンハウスで開催
2019/02/13 » 50人が参加して2月の法律委員会開催
2019/02/12 » 部会長シンポジウム発表資料作成で運輸サービス部会開催
2019/02/12 » メディカル分科会開催
2019/02/11 » 21人が参加して機械金属部会開催
2019/02/09 » 第51回カマラゴルフ会開催
2019/02/08 » 労働ワーキンググループ会合開催
2019/02/07 » 課税・通関WGが会合を開催
2019/02/07 » 課税・通関ワーキング主催の「個人所得税」セミナー開催
2019/02/06 » 食品部会は業種別部会長シンポジウム発表資料作成で意見交換
2019/02/06 » 11人が参加して生活産業部会開催
2019/02/05 » 今年初めての化学品部会に18人が参加して開催
2019/02/05 » 業種別部会長シンポ発表資料作成で電気電子部会開催
2019/02/04 » 15人が参加して貿易部会開催
2019/02/04 » Rodolfo Wada がJCI-Brasil Japão 会頭に就任
2019/02/04 » 総務委員会の活動計画について打合せ
2019/02/04 » 2018年第4四半期の業務・会計監査実施
2019/02/01 » 今年初めての環境委員会開催

バックナンバー »