Câmara do Japão
Português
検索: OK
(350)

会議所&関連ニュース

検索期間を指定してください: OK
ゴイアス州ビジネス投資セミナーに34人が参加して開催 2012/10/19

コンサルタント部会(澤田吉啓部会長)並びにジェトロ・サンパウロ事務所(澤田吉啓所長)共催のゴイアス州ビジネス投資セミナーが2012年10月19日午後4時から5時30分まで34人が参加して開催された。

初めにゴイアス州政府商業・サービス局のダニロ・フェレイラ・ゴメス局長はゴイアス州内には南北鉄道並びに東西鉄道が貫通してロジスティック面で非常に有利であり、同州の人口は650万人、連邦直轄地のブラジリア市は400万人の人口を抱え、同州内を水源地とするパラナイーバ河並びにアラグアイア河、トカンチンス河を擁し、年間の平均気温は23度、降雨量は1,500ミリで大半が平坦地であり、大型機械化による農産物生産に適していると説明した。

ゴイアス州はブラジル3位の鉱物資源を擁しており、特に金、ニッケル、銅、石灰、リン酸鉱、エメラルド、レアアースなどが豊富にあり、すでに開発中のプロジェクトも多く、特に石灰並びにリン酸鉱は100年間以上の開発が可能などと膨大な埋蔵量を擁している。

また持続的経済成長につながるエネルギー、水資源、肥沃な土地、バイオマス分野が有望であり、水力発電並びにバイオマス発電による電力は85メガワットの発電能力があり、そのうち50メガワットは他州での消費が可能となっている。

ゴイアス州の土地利用の内訳は放牧地が全体の41.65%に相当する1,418万ヘクタール、灌漑すれば生産可能な熱帯サバンナのセラード地域が35.43%の1,206万ヘクタール、農産物生産では大豆の耕作地が8.43%の287万ヘクタール、トウモロコシが3.44%の117万ヘクタール、サトウキビが2.18%の74万ヘクタール、フェジョン豆が0.35%の12万ヘクタールとなっている。

ブラジル地理統計院(IBGE)の調査によると同州の8月の製造業の生産伸び率は前月比10.3%と大幅に増加、過去12カ月間では7.0%増加、一方ブラジルの製造業を牽引するサンパウロ州はマイナス4.8%、製造業部門では自動車、食品、医薬品が牽引、教育部門ではゴイアス連邦大学、ゴイアス州立大学、私立大学が多くあり、また州政府はBolsa Futuroプロジェクトや Sistema Sプロジェクトなどで教育に力を入れていると説明した。

続いてウエリントン・マットス・デ・リマ生産局長は、ゴイアス州政府の企業誘致に対するインセンティブと優遇税制について、同州は1970年代から始めた企業誘致は農畜産工業向けであったが、1980年代は自動車工業誘致に力をいれて現代自動車、三菱自動車、スズキ自動車の誘致に成功、2000年以降は盛んに工業団地造成で多様化してきており、他州よりも有利な投資向けクレジット、商品流通サービス税(ICMS)の減税、素晴らしいロジスティックを活用した流通業界の誘致のための優遇政策、州内並びに州間の減税、製造業部門への特別クレジット政策、雇用増加や競争力強化につながるイノベーションテクノロジー部門への減税政策などについて説明した。

講演者とゴイアス州政府関係者(Fotos: Rubens Ito / CCIJB)

34人が参加したゴイアスセミナーの様子

関係者一同が記念撮影

 


 



2018/01/12 » 今年初めての渉外広報委員会開催
2018/01/10 » 今年第1回労働ワーキンググループ会合に20人が参加して開催
2018/01/07 » 日系団体主催の移民110周年新年祝賀会
2017/12/19 » ブラジル新移民法セミナーに定員オーバーの70人以上が参加して開催
2017/12/14 » 平成29年度官民合同会議開催
2017/12/14 » 2017年度忘年会は史上最多の250人以上が参加して開催
2017/12/11 » 「サンパウロ州におけるICMS税務クレジット審査についての説明会」開催
2017/12/09 » 平田藤義事務局長がJICAの日本語学校生研修30周年記念式典に参加
2017/12/08 » メディカル分科会はANVISAとの政策対話会合開催
2017/12/07 » 第4 回中南米知財セミナー開催
2017/12/06 » 日本メルコスールEPAに関する意見交換会開催
2017/12/05 » ブラジルPortal ÚnicoプログラムとOEA制度説明会開催
2017/12/04 » EMBRAPAとの連携体制の構築に関する第1回会合開催
2017/12/01 » 天皇誕生日祝賀会
2017/11/23 » 運輸サービス部会主催のグアルーリョス空港視察会開催
2017/11/22 » 粟屋政策対話委員長が山田大使へAGIR活動の進捗報告
2017/11/21 » ブラジルeSocialシステムセミナーに会場一杯の190人以上が参加して開催
2017/11/18 » 第46回カマラゴルフ会開催
2017/11/17 » 課税ワーキンググループ会合を開催
2017/11/17 » Danilo Iglioriサンパウロ大学経済学教授を迎えて懇親昼食会開催

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

 

【会議所 トピックス】

 

12月5日「ブラジルPortal ÚnicoプログラムとOEA制度ついての説明会」プレゼン資料掲載

Pdf「Portal Unico貿易共通ポータルサイト(開発商工サービス省)」(日本語)

Pdf「Portal Único(MDIC)」(ポル語)

Pdf「OEA制度主要課題(EY)」(日本語)

Pdf「OEA Desafios Principais(EY)」(ポル語)

Pdf「OEA制度(財務省)」(日本語)

Pdf「OEA (Receita Federal)」(ポル語)

 

「ブラジルeSocialシステム セミナー」(2017年11月21日開催ハードコピー用プレゼンテーション資料)

PdfE-ソーシャル変更点及びソリューション

PdfeSocial課題と留意点

 

ブラジル労働法改正セミナー ~日本企業の視点~(2017年11月8日)の発表資料掲載

Pdfタイトル「概観 労働の近代化」 講師 CNI労働関係本部 デジレ G, ティモ

PdfVisão geral da MODERNIZAÇÃO TRABALHISTA

 

初めての日本語による2017年上期税制変更セミナーは大評判裏に終了

●投資パートナーシップ・プログラム(PPI)説明会(2017年3月6日)資料

Pdf投資パートナーシップ・プログラム(PPI)資料

 

●ブラジルインフラ入門&PPIセミナー(2017年2月2日)

PdfFator弁護士事務所のジルセル佐藤弁護士 「ブラジル・インフラビジネス入門&PPI概略」

Pdfジェトロサンパウロ事務所の禮田英一取締役 「ブラジル・インフラビジネスでの海外インフラ機構(JOIN)活用」

●ブラジルeSocialシステム説明会のプレゼン資料掲載中(2016年12月7日午後2時から マクソウドホテル)

Pdf「eSocial制度‐目的と課題、現状と今後の計画」

Pdf「eSocial-Objetivo e desafios,situação atial e cronograma do projeto」

Pdf「労働関係における企業の課題とeSociaの果たす役割」

Pdf「O Desafio Empresarial no Cenário Trabalhista e o Papel no eSocial」

 

2016年下期業種別部会長シンポジューム

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(日本語)

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(ポル語)

現代ブラジル事典      絶賛発売中!!

政策対話委員会活動の進捗報告(2015年12月10日 官民合同会議)

120周年記念セミナー「日伯医療連携の未来~最新技術が拓く健康社会」

「外交関係樹立120周年記念日伯経済セミナー」に300人が参加して開催

2015年下期の業種別部会長シンポジウムテープおこし記事掲載

第43回技能五輪国際大会開催のご案内

ブラジル投資ガイダンス(最新版・英語)

●梅田大使RS公式訪問

●2015年上期の業種別部会長シンポジウムのテープおこし記事掲載

●インタビュー記事【破綻宣告】 2015/03/18

●ブラジルPPP/コンセッション制度の概要と最新情報についての研究会に80人が参加して開催

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー