Câmara do Japão
Português
検索: OK
(350)

会議所&関連ニュース

検索期間を指定してください: OK
「南米の産業と社会情勢視察団」一行が会議所を訪問 2012/08/29

商工会議所を訪問した企業経営・技術経営研究会"辻説法師"真田幸光と行く!海外視察 2012 「南米の産業と社会情勢視察団」の一行と2012年8月29日午後3時から5時まで平田藤義事務局長が会議所活動などを紹介、また澤田吉啓ジェトロ・サンパウロセンター所長がブラジル経済産業市場動向について説明、その後で意見交換を行った。

初めに参加者がそれぞれ自己紹介を行い、平田藤義事務局長がブラジル日本会議所の沿革、会員の推移、会議所の役割、組織図、会議所の委員会並びに部会の活動や役割、公益団体としての使命と政府への提言、事務局の役割として電話やEメールに対する問合せに対する処理、増加の一途をたどる表敬訪問の対応、ホームページの充実、業種別の会議所訪問などについて説明した。

澤田吉啓ジェトロ・サンパウロセンター所長はブラジル経済産業市場動向について、ブラジルの面積、人口、天然資源などのブラジルの概略、左派が強い政治の動き、過去20年間のGDP伸び率の推移、貿易収支の推移、インフレ、最低賃金、金融政策、対内直接投資の推移並びに主な投資国、ドル/レアルのレートの推移、増加する中間層、貧困層の救済政策、保護主義、増加の一途をたどる自動車生産、アルゼンチン並びにメキシコとの貿易摩擦、日系企業の動き並びに投資傾向、巨大消費市場を抱える北東地域への進出などについて説明した。

参加者リスト
視察団
笠原 庄司氏 (燕商工会議所/専務理事)、木村 哲也氏 (大津技研/専務) 、相馬 文宣氏 (日本パーカーライジング広島工場/社長)、武田 昭俊氏 (タケダ/会長) 、 垂水 有三氏 (高研/社長)、丹羽 耕太郎 (名古屋木材/社長)、沼野 克旨氏 (東明フィルム加工/社長)、早川 元章氏 (ハヤカワカンパニー/社長)、平澤 純一 (ネクサス/社長)、藤澤 明詔氏 (熊本皮ふ科形成外科/理事長・医師)、藤澤 侑子氏 (主婦)、松井 正之氏 (日松汽船/社長)、山下 義隆氏 (サンワハイテック/取締役)、真田 幸光氏 (愛知淑徳大学/ビジネス学部長)、岩野 泰祐氏 (JTB九州 熊本イベント・コンベンションセンター/所長)、太田美和子氏 (JTBビジネスサポート九州/ツアーコンダクター)、山田 道崇氏 (愛知淑徳大学生)
会議所
澤田吉啓 専任理事/総務委員長(ジェトロ・サンパウロセンター所長)、江上知剛 専任理事/相互啓発委員長(双日ブラジル会社社長)、平田藤義 事務局長
オブザーバー
日下野良武氏 (ジャーナリスト・熊本学園大学 招聘教授)

「南米の産業と社会情勢視察団」の一行との意見交換会の様子(Fotos: Rubens Ito / CCIJB)

左から日下野良武氏/江上知剛 専任理事/澤田吉啓 専任理事/平田藤義 事務局長

「南米の産業と社会情勢視察団」の参加者

「南米の産業と社会情勢視察団」の参加者

「南米の産業と社会情勢視察団」の参加者

「南米の産業と社会情勢視察団」の参加者

 



2018/12/06 » 古河電気工業株式会社社長レセプションに平田事務局長が参加
2018/12/06 » 平成30年秋の叙勲伝達・祝賀式典に出席
2018/12/05 » 天皇誕生日祝賀会
2018/12/04 » ノウハウが凝縮された「ブラジル通関入門 – 輸入取引」セミナー開催
2018/12/04 » 課税・通関WGが会合を開催
2018/11/30 » 大前経団連企画部会長と意見交換を実施
2018/11/29 » アスー港見学会開催
2018/11/27 » メディカル分科会開催
2018/11/27 » 60人以上が参加して企業経営・地場企業推進委員会主催の日本語セミナー開催
2018/11/26 » 第6回中南米知財セミナー開催
2018/11/24 » 第50回カマラゴルフ会開催
2018/11/23 » メディカル分科会が、ANVISAとINMETRO合同の技術会議に参加
2018/11/23 » 西森ルイス連邦下院議員をゲストに11月の懇親昼食会開催
2018/11/22 » ブラジル投資セミナーに70人が参加して開催
2018/11/22 » 11月の労働問題研究会に45人が参加して開催
2018/11/21 » 省エネルギーパートナーシップ-EMAK第9回会合が開催
2018/11/12 » 企業による駐在員・家族の安全対策について会合開催
2018/11/10 » メディカル分科会は第2回日系病院連携協議会に参加
2018/11/08 » 60人が参加して11月の法律委員会開催
2018/11/07 » メルコ域内の輸出基地、変貌するパラグアイの今

バックナンバー »