Câmara do Japão
Português
検索: OK
(350)

会議所&関連ニュース

検索期間を指定してください: OK
4月の労働問題研究会に33人が参加して開催 2012/04/19

企業経営委員会(上野秀雄委員長)の労働問題研究会が2012年4月19日午後4時から6時まで33人が参加して開催、司会は平瀬ワシントン副委員長が担当した。

初めにSouza, Cescon, Barrieu&Flesch Advogados弁護士事務所労働法部門のマリア・ベアトリース・ジアス弁護士が「雇用契約の事前協議に関する労働裁判所の見解」について、主に雇用契約事前協議の有効性に対する労働裁判所の見解について特にクレジット、保護サービス、警察機関、法的機関の協議について説明した。

ジアス弁護士は従業員の採用に関する面接では、次の質問は避けなければならないと指摘した。
志願者の年齢を尋ねる質問
婚姻状態、子供、扶養者、家族に関する質問
妊娠やチャイルドケアに関する質問
身長、体重、そのほか体型的なことに関する質問
医療歴や健康状態に関する質問
性志向、宗教、国籍に関する質問
雇用機会に関する政策は多くは差別禁止規制の遵守を義務付けおり、違反すれば、訴訟や罰金など厳しい懲罰を受けるが、職務遂行に必要な能力や経験に関する質問は問題ない。


また従業員採用の方法として以下を説明。
一般的な面接
運転免許の取得でも利用されている心理テスト
企業の治安保持の職種以外は禁止されている呼吸・脈拍・血圧など複数の生理現象の、電気的または物理的なシグナルとして同時に計測・記録する装置を使ったポリグラフテスト
医者や患者と直接コンタクトのある看護婦などの職種に対するエイズ検査並びに薬物検査は認められているが、一般のサラリーマンには聞取り検査を適用

続いてKanamaru Advogados弁護士事務所のナターリア・ゴンサルベス・カルバーリョ弁護士は、「企業内における個人情報保護(従業員のインターネット、Eメール使用)」について、2002年5月にGE社は勤務時間中にインターネットへのアクセス時間が異常に多い従業員33人を解雇したことをきっかけに、個人情報の保護について色々な議論されてきていると説明した。

コンピュータ経済協会の調査によると、2003年に米国企業の従業員による勤務時間中のインターネットへの過剰アクセスで53億ドルが失われたと算出、ネットワークス・アンリミテッド社は、従業員数が120人規模の企業では従業員による1年間にスポーツ関連サイトのアクセス時間は2400時間と算出しており、企業側では過剰アクセス防止に頭を痛めている。

会社のパソコン、インターネットは、業務のために用意された会社の資産であり
従業員はこれらを業務以外の目的で使用することは原則的にできないが、勤務時間中の私的なメールの送受信や業務には関係のないWebサイトを見ることを制限することは個人情報保護、プライバシー侵害の問題が絡んでくるから非常に困難であると説明した。

個人情報の保護に関する法律についての経済産業分野を対象とするガイドラインとして
①モニタリングの目的、すなわち取得する個人情報の利用目的をあらかじめ特定し、社
内規程に定めるとともに、従業者に明示すること
②モニタリングの実施に関する責任者とその権限を定めること
③モニタリングを実施する場合には、あらかじめモニタリングの実施について定めた社
内規程を策定するものとし、事前に社内に徹底すること
④モニタリングの実施状況については、適正に行われているか監督、または確認を行う
ことから、次の点に留意してチェックを実施すればよい。
・チェック目的が合理的であること
あくまでも私的利用の監視を目的に行わなければならない。
個人のプライベート情報の収集などにモニタリング結果を利用していけない。
・責任者とその権限を定めること。
・就業規則に明記し、事前に社内に周知徹底することなど注意点を説明した。

左からKanamaru Advogados弁護士事務所のナターリア・ゴンサルベス・カルバーリョ弁護士/Souza, Cescon, Barrieu&Flesch Advogados弁護士事務所労働法部門のマリア・ベアトリース・ジアス弁護士/平瀬ワシントン副委員長(Fotos: Rubens Ito / CCIJB)

33人が参加したセミナーの様子


 



2020/07/09 » オンライン5団体会議に村田会頭と安田副会頭が参加
2020/07/08 » 野口総領事が帰国前にWebで懇談
2020/07/08 » 第7回ブラジル等における新型コロナ対応状況(報告会)
2020/07/07 » Med Line社がオフィスワーク復帰について説明会開催
2020/07/01 » 第6回「ブラジル等における新型コロナ対応状況(報告会)」開催
2020/06/29 » 法律13,988/2020の税制に関するWEBセミナー
2020/06/29 » 企画戦略委員会についてのウェブ会議開催
2020/06/26 » 第5回新型コロナ対応状況説明会の後編オフ報告会開催
2020/06/26 » 日系5団体会議に村田会頭が出席
2020/06/25 » 医療法人MED lINE社代表の佐藤ネルソン産業医一行が訪問
2020/06/24 » 第5回「ブラジル等における新型コロナ対応状況(報告会)」開催
2020/06/19 » 税制に関する新情報WEBセミナー
2020/06/17 » 第4回「ブラジル等における新型コロナ対応状況(報告会)」開催
2020/06/10 » 第3回「ブラジル等における新型コロナ対応状況(報告会)」開催
2020/06/09 » WEBセミナー COVID-19パンデミック危機時の税制機会と最新の政府措置
2020/06/09 » WEBセミナー グループ企業内の移転価格税制の再評価
2020/06/03 » KPMG主催のCOVID-19ブラジル政府対応策WEBセミナー開催
2020/06/03 » 第2回「ブラジル等における新型コロナ対応状況(報告会)」開催
2020/05/27 » ブラジル等における新型コロナ対応状況(報告会)開催
2020/05/26 » 経済回復に向けた支援策をWebセミナーで語るマルセロ次官

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

【会議所 トピックス】

Pdf第7回ブラジル等における新型コロナ対応状況(報告会)『雇用維持のための救済措置の状況と今後について』(Fator法律事務所の佐藤ジルセウ弁護士 2020年7月8日)

Pdf『チリにおける新型コロナウイルスの影響』ジェトロ・サンチアゴ事務所の佐藤 竣平所長 2020年7月1日

 

新型コロナウイルス感染拡大に伴う企業活動や危機管理に関するアンケート結果【速報】(2020年6月)

________

Pdf『2020年度第1四半期決算発表からみる新型コロナウイルスのブラジル企業への影響』(コンサルタント部会の吉田幸司部会長 2020年6月24日)

Pdf4回「ブラジル等における新型コロナ対応状況(報告会)」(ジェトロサンパウロ事務所の大久保敦所長 2020年6月17日)

Pdf第3回「ブラジル等における新型コロナ対応状況(報告会)」ジェトロリマ事務所の設楽 隆裕所長(2020年6月10日)

 

Pdf「アルゼンチンにおける新型コロナウイルスの影響」ジェトロブエノスアイレス事務所の紀井寿雄所長 2020年6月3日

Pdfブラジル等における新型コロナ対応状況(ジェトロサンパウロ事務所 大久保敦所長 2020年5月27日)

Pdf雇用維持のための救済措置解説セミナー発表資料 (佐藤ジルセウ弁護士 2020年4月27日)

 

  会員企業の新型コロナSDGs (CSR) 他、関連取り組み状況

 

Pdf【速報2】新型コロナウィルス感染に関するアンケート【その2】一時帰国対応について 3/31日現在

Pdf【速報 (更新)】新型コロナウィルス感染に関するアンケート調査結果 4/3日現在 128社

Pdf新型コロナウィルス対策に関連する各種法律・政令 3/24

Pdf感染対策情報(サンパウロ日伯援護協会提供)3/19

Pdf新型コロナウィルス情報(ポル語、サンタクルス病院提供)3/17

Pdfブラジル保健省フェイスブック

Pdf新型コロナウイルスに関するQ&A 保健省(ポルトガル語)

Pdfブラジル保健省ホームページ

Pdf感染発生連絡③ 3/20

Pdf感染発生連絡② 3/17

Pdf感染発生連絡① 3/11

 

______

「ブラジル労働法のポイント」
(表紙クリックで内容表示)

Pdfブラジルのポテンシャル

(麻生元総理との意見交換会)

 

→ バックナンバー

Pdfブラジル概要資料